• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 北朝鮮密輸船の日本寄港、石炭禁輸の国連決議後に百回超 産地偽装に日本を利用した恐れ ネット「急いで対策を講じてほしい」「船舶に対して厳しい検査をするべき」

北朝鮮密輸船の日本寄港、石炭禁輸の国連決議後に百回超 産地偽装に日本を利用した恐れ ネット「急いで対策を講じてほしい」「船舶に対して厳しい検査をするべき」

 2017年8月の国連安全保障理事会決議で全面的に禁じた北朝鮮産の石炭輸入に関与したとして、韓国政府が18年8月以降に入港禁止にした複数の船舶が、措置後少なくとも計26回日本各地に寄港していたことが20日分かった。韓国の入港禁止前を含めると、石炭禁輸の国連決議後の日本寄港は100回を超した。前後にロシアや中国を訪れており、産地をこれらの国など北朝鮮以外に見せかけ制裁を逃れる不正取引に、日本の港湾が使われた恐れがある。

民間会社の船舶追跡データや海上保安庁の情報を共同通信が集計した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-00000093-kyodonews-int

ネットの反応

・偽装を見破るのは容易ではないかもしれないが、外交上の弱みを見せると敵対国に様々な形で利用されうる。特に半島の国には、絶対に利用されたくないので、急いで対策を講じてほしいと思う。

・陸路も海路も完全封鎖は困難よなあ…。中露も見放した状態になれば、また状況も違うのだろうが。
日本の港に寄港が容易、っていうのはなんでだろう。他国行きの船と偽装しているのだろうけど。
きちんと対策してほしい。

・船舶に対して厳しい検査をするべきだと思う。

・これは偽装がうまいとかそう話ではなく、日本の側もしっかりやらなくてはいけない
足元を見られていたのは事実

・国防のあまさを露呈した。

・日本はそれを把握していたのに見ぬふりして黙認してたの?

・薬物や宝石や金銀も入ってきている可能性があるね。
臨検して没収しなきゃ。

・関係者全員の素性を洗い出し、船籍や関連会社・仲介人等の情報を規制リストに載せるべきでしょう。
日本の港湾は利用されただけでしょうが、ここは強硬な対応を示しておいた方が良いと思います。

・事件が報じられたことで、周知の事実となったことに大きな意義を感じる。

・実際のところ、日本海に面する漁港を含む港の監視はまだまだ甘い。
理由は監視船・監視艇の不足に加えて人材不足がある。
一時は日本の漁船に偽装し、監視の目を逃れて入港することもあった。
機材人員の不足はすぐには解決できないので、先ず自衛隊に海上警備行動を発令することから始める必要がある。

・細かい漁港まで取り締まる事は今の体制では難しいンだろうな…。
派出所や駐在さんでは、真夜中迄警戒出来ないだろうし。
規模の大きな港だけでも取り締まり強化していかないと、ならず者達の仲間になってしまう。

・日本は、何でも甘い、甘い、甘い。特に外交上のことになると大甘だと思う。日本はまわりが全て海なので、本来は特に厳重に取り締まりを強化するとか、予算を投入して何重にもガ-ドしなければならないのに、いつも他人事で平和な国だと思う。日本の国のまわりは、鍵のかかってない、入り口があちこちあるようなものだと思う。

・詳しい事はわからないけど、もし、マンパワーが足りないのであれば、北朝鮮の事もだけど、この先色んな事も予想されるから人員の増強も視野に入れて対策をして欲しい。
日本は島国だから、水際対策はしっかりとお願いしたいです。

・総連、民団が裏で暗躍しているケースも少なからずあると思う。やはりZNは両地域に叩き出し、その後は復活しないようにしないと

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧