• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 外務省 ホームページで、旭日旗を韓国語で説明へ「軍国主義の象徴だとの指摘は当たらない」五輪対応 ネット「韓国語だけではなく、他国言語でも説明して」「彼の国では理論的に理解せずに感情第一ですから」

外務省 ホームページで、旭日旗を韓国語で説明へ「軍国主義の象徴だとの指摘は当たらない」五輪対応 ネット「韓国語だけではなく、他国言語でも説明して」「彼の国では理論的に理解せずに感情第一ですから」

 外務省は来年の東京五輪・パラリンピックをにらみ、旭日旗に関する政府説明の韓国語版を同省のホームページに載せる方針を固めた。外務省幹部が26日、明らかにした。旭日旗の競技場持ち込みに反対する韓国に対し「軍国主義の象徴だとの指摘は当たらない」との立場を明確に伝える狙いがある。政府説明は、旭日旗が旧日本軍の軍旗だった経緯に触れていない。

旭日旗の扱いを巡り政府は、競技場持ち込みを認める東京五輪・パラリンピック組織委員会の方針を追認する構え。だが旭日旗を「平和の祭典」の五輪で使用するのはふさわしくないとの声は、韓国のほか、日本国内リベラル層からも上がる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00000096-kyodonews-pol

ネットの反応

・あまり遅いけれど、やらないよりは良い。ただ、韓国語だけではなく、他国言語でも説明して世界中に理解を得て欲しい。

・やってもムダだろうね。彼の国では理論的に理解せずに感情第一ですから。
それよりも、何かある度、国際社会に向けて反論をしたりロビー活動に費用を使う方が良い。後は、学校でしっかりとした事を教える事が大事ですね。

・こんなことでいちいち対応しなくてはならないとは。
そう言えば韓国は、北朝鮮や中国を巻き込んで、使用禁止を訴えると言っていたが、どうなったんですかね?
他国がのっからない所に、答えがあると思います。
外務省の皆様、韓国のせいで無意味な仕事が増えて大変ですね。お疲れ様です。

・そっちより、他国にキッチリ説明しといたほうが良いんじゃないの?

・積極的に日本から発信することはとても重要。積極的に動く日本←これだけでも、これまでとは違うんだ。悪いものは悪い。違うものは違う。受け入れられないことは受け入れない。 と意思表示する日本。曖昧に済ませようとしてきたこれまでの日本ではもうない。 と示すことになる。韓国のいいようにはもうなってはいけない。

・記事内に出てくる日本国内リベラル層とやらが一番の曲者。事実を見ようともせずにお花畑的な理想しか言わない。旭日旗は何ら問題ない。しっかりと説明することが重要。
合わせてハッキング対策もお願いします。恐らく攻撃してくると思う。

・間違った教育を正すために必要だと思うが、韓国人が正しく理解でできないと思う。やらないよりはやった方がいいと思うが・・・

・自分の都合の良いように解釈する輩には、向こうの言葉で伝えるのは必要なことだ。募集工問題も日韓請求権協定から丁寧に解説すべきだ。
ただし、翻訳でニュアンス違いが生じないよう、気をつけて欲しい。

・作るなら、2010年のG20ソウルサミットでの旭日模様の旗を確実に含めて欲しい。

連中自身が旭日旗使っていたという事実を突きつけなければ意味がない。
「昔から使っているから」という事のみでは説得力が弱いと思う。

・サッカー選手が猿まねをして……
というところからきっちり説明すべきだと思いますが?
それに説明すべき相手は韓国ではなく国際社会です。
今になってようやく外務省がおざなりなパフォーマンスをしたとしか思えません。

・韓国以上に諸外国へ説明して貰いたいですね。ホームページももちろんですけれど、相手が見るのを待つだけではなく、もっと積極的に発信して貰いたいですね。
兎に角日本はいつも後手後手ですが、先手を打って貰いたいのですが。

・こーいうのには予算をつけるべきだね。
そもそもディスカウントジャパンに対峙する部署がないのがイケない。いまさら外務省に作るのではなく、内閣府で海外エージェントを雇っい、いま頑張っている笹川財団と組んで戦ってほしい。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧