河野防衛大臣の「私は雨男」発言にマスコミが一斉にとびかかり、国民を非難へ誘導。そんな中、唯一産経だけが…

河野太郎防衛大臣が都内でのパーティーで、自衛隊をねぎらう際に「私はよく地元で雨男と言われました。私が防衛大臣になってからすでに台風が三つ」と述べたことにより、マスコミが一斉にとびかかりました。

報道ステーション

朝日新聞

  河野太郎防衛相は28日、東京都内で開いた政治資金パーティーで、「私はよく地元で雨男と言われました。私が防衛大臣になってからすでに台風が三つ」と述べた。会場の参加者からは笑いが起こった。台風19号などで東日本を中心に多数の死者が出ており、不謹慎との声が上がりそうだhttps://www.asahi.com/articles/ASMBX7FPNMBXUTFK01G.html

毎日新聞

私が防衛相になってから既に台風は三つ」と発言した。災害派遣された自衛隊員らの苦労をねぎらう話の導入としての発言で、会場からは笑いも起こった。ただ相次いだ台風や大雨で多数の死者が出ただけに、発言は軽率だとの批判を浴びる可能性があるhttps://mainichi.jp/articles/20191028/k00/00m/010/351000c

TBS

災害派遣にあたる自衛隊員をねぎらう話の中で飛び出した発言ですが、台風被害による行方不明者の捜索が続く中だけに、批判の声が上がりそうですhttps://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3815966.html

共同通信

ただ相次いだ台風や大雨で多数の死者が出ただけに、発言は軽率だとの批判を浴びる可能性があるhttps://this.kiji.is/561527561605252193?c=39546741839462401

日経

発言は軽率だとの批判を浴びる可能性がある。(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51514840Z21C19A0PP8000/

産経新聞

河野太郎防衛相は28日、都内で開いた自身の政治資金パーティーで、甚大な被害をもたらした台風19号などの対応に当たる自衛隊員に対し「尊敬され、感謝され、彼らも誇りを持って『私は自衛隊の一員だ』といえるような防衛省・自衛隊を作っていきたい」と述べた。

河野氏は「私は地元で雨男といわれ、防衛相になってすでに台風が3つ(来た)」と語った上で「そのたびに自衛隊員が出てくれている」と説明。「あらゆるところで自衛隊に頑張ってもらっている。隊員の処遇改善をきちんとやらなければならない」とした。

https://www.sankei.com/politics/news/191028/plt1910280060-n1.html

あきらかに、メディアが、批判を作り上げているように感じられますね。

各社切り取りによる批判への誘導を行う中、産経のみがご覧のように発言の事実だけを報じています。

ネット上では、新聞各社の報道につられ「災害を笑いのネタにしている言語道断」などっといった意見も見られますが、果たしてそうでしょうか?

確かに会場には笑いが起きていましたが、河野大臣の表情は笑いを誘う為のものには、私には見えませんでした。

むしろ、「雨男の自分が大臣になったばかりに、自衛隊(国民)には、大変な思いをさせている。こんなに頑張っている隊員の為にしっかりと処遇改善をしてあげなければいけない」と、いう決意のように感じられます。そして、産経新聞の記事では、それが読み取れます。

さて皆さんはどうお感じになったでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧