小沢一郎氏 次期衆院選に向け「今年中に新党だ。統一会派を一つの党にするのが目標だ。そうすれば、いつ選挙があっても勝つ」

 国民民主党の小沢一郎衆院議員は29日のインターネット番組で、立憲民主党などと結成した衆参両院の会派について、次期衆院選に向け年内に新党結成へ発展させたいとの意欲を示した。「今年中に新党だ。統一会派を一つの党にするのが目標だ。そうすれば、いつ選挙があっても勝つ」と述べた。

現在の政治情勢について「国民は安倍政権にものすごく不満を持っている。政権交代を望んでいる。野党がばらばらでなく一つの党になれば絶対に勝つ」と強調した。

一方で「仮に一つの大きな党になれなければ、野党にもう望みはない」とも語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00000189-kyodonews-pol

ネットの反応

・歳を取っても元気なのは良い事だけど、今まで大きな勢力を作っても長続きした試しないじゃん。ちょっと自分の思い通りにならなくても我慢して次の機会を伺う事が出来ないものね。この人って。選挙戦術だけじゃなくて、そういうのも角栄氏から学ぶべきだったねですが、まあ自民を出てからも3度与党の立場に立ったのだから、只者ではないのは認めます。しかし、所詮は政治屋であって政治家では断じてないのですが、もう4度目は無いでしょう。鳩山氏も小沢氏ももう出る幕は無いです。

・「国民は安倍政権にものすごく不満を持っている。政権交代を望んでいる。野党がばらばらでなく一つの党になれば絶対に勝つ」

不満はある人はいるだろうけど、果たして政権交代を望んでる人はどれくらいいるんでしょうかね?
最近の野党見てても、大臣の発言の言葉狩りみたいなことばっかりで、1つの党云々以前の問題だと思いますが。。。

・現政権に不満を持つのが事実だとしても、交代させたい野党がいなければ無理な話。現に、政権交代させてみて特に成果が無かった旧民主党政権が良い例。それも嫌だという反対票や、政治なんてどうでもいいという無関心からの無投票の結果として、結局自民党政権に戻っている。
それに小沢は政界の壊し屋の異名を持つ。結局ごちゃごちゃになって、政治も進まず自分達の生活が豊かになる兆しも感じられないのなら、大半の人はまとまるか分からない新党よりも、とりあえずの現状維持を望むのではないだろうか?
というか、小沢が絡むとろくな事が起きないから、もう政治家引退して政界から居なくなってほしい。

・不満の度合いで言えば、小沢の方が大きいでしょう。
不満は成長の糧なので、どの政権であっても不満はなくならない。
仮に不満が無くなったら、成長は止まる。

小沢に不満が少なければ、とっくに政権とれてますよ。

もう終わっていますので、引退して下さい。

・小沢が、現在国会議員でいる事が不満である。
色んな党を作っては壊し、作っては壊しで、いつまでもあなたの時代、出番ではない。
昔の自民党幹事長時代の力があると勘違いしてる。
年金もいっぱいあるし、もう隠居していたらよい。

・「国民は安倍政権にものすごく不満を持っている。政権交代を望んでいる。野党がばらばらでなく一つの党になれば絶対に勝つ」→いや、全く政権交代なんて望んでない。自民党がベストとは思わないが旧民主党が一つにまとまって政権取り返す方が悪夢だし国民の誰も望んでない。安部さんの在任期間中、私は「行動が伴った努力をして結果を出した」ので経済的に非常に潤ったのでこういう公平な社会を築いてくれた安部さんには何の不満もないね。

ま、努力不足で経済的に潤えない愚民なんてどうでもいいしね。

・思慮が足りなく、頼りなく、政治の本質的な問題と関係のない与党のあらを探すスキルだけは卓越していて、脱皮をするかのごとく
コロコロと党名を変える 野党に不満だよ。

・対抗軸は必要だとは思うが旧民主党の再結成ならば不要。
誰も期待しないのだから政権交代などあり得ない。

・※※次期衆院選に向け年内に新党結成へ発展させたいとの意欲を示した。

『できるだけ早期に』とか『論議を重ねて、』ではなく『年内に』ということが、肝心なところだね。

要するに、政治理念の合意よりも、1月1日が基準日となる政党助成金が目当てでしょうな。
そして、また、適当な時期で解党して、交付金は懐にガッポシ!

消費税逃れの為に、3年ごとに、会社を潰したり、起業したりすることと同じ。

・野党が党勢拡大できない原因は山ほどある堕ろうけど、これも一つの原因かなと。
小沢政局に頼りすぎ。権謀術数に優れた野党政治家が出てこないとずーっと野党は野党だろうな。
それと、傍論だけど、与党から野党への政権交代よりも自民党内での政権交代を望む声の方が多い印象。いやそもそも政権交代なんて望んじゃいないってのが一番多そう。

・問題は新党のトップに誰がなるか、だよね。昔の名前で出ていますではダメだよね。だから頑張っても所詮みたいな感じになる。後は、年金など社会保障制度のビジョン、税に対するビジョン、国防に関するビジョン、外交問題に対するビジョンなど党としての政策がキチンとまとまって説明出来なければ何も始まらない。単なるライバル意識だけではどうにもならない。国民民主と立憲民主を一緒にしても先行きは暗い。新しい優秀な人材を集めて一から始める気持ちでないと。それには時間が足りないけど、礎ぐらいならいけるのでは。小沢は表に立つより黒子に徹するべき。

・自民党どうこうではなく、自民党以外に任せた結果、日本の政治はめちゃくちゃになった。
多少の問題が出ても政権交代までいくのは少なくとも10年はないと思う。
そうなった一因の一つにこの人はいた。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧