• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 沖縄の世界遺産 首里城で火災 正殿、北殿、南殿が全焼 消火活動中 けが人はなし

沖縄の世界遺産 首里城で火災 正殿、北殿、南殿が全焼 消火活動中 けが人はなし

 沖縄県警によると、31日午前2時50分ごろ、那覇市の首里城で「正殿で火災が起きている。黒煙が上がっている」と消防から110番通報があった。消防車10台以上が出て消火活動に当たっている。けが人がいるという情報はないという。

那覇署によると、首里城の正殿、北殿、南殿が全焼。正殿前にある御庭(うなー)に入る入り口の「奉神門(ほうしんもん)」や、南殿に隣接する「書院」にも燃え広がっている。いずれも木造の建造物。火の勢いがおさまらないことから、署は首里城近くに住む周辺住民に対し、近くの公民館へ避難するよう誘導を始めた。

火災に気づいたのは、首里城の警備員。警備システムのセンサーで熱反応があり、確認したところすでに正殿から火の手が上がっていたという。

正殿には31日未明まで、開催中の「首里城祭」の関係者が作業をしていたという。出火当時は帰宅しており、出火原因との関係はわかっていないが、署は首里城公園の関係者やイベントの関係者に事情を聴いている。

首里城周辺では、時折「ボーン」という爆発音のような音がしたり、火の粉が舞い上がったりしており、建物が崩れていく様子も見られ、周辺住民は不安そうに見守っている。那覇市の屋比久太海さん(18)は午前3時ごろ、近くの公園にいるとき、首里城の煙に気づいた。「まさか火事じゃないよね」と思ったが、燃え広がったという。近く首里城を見学に行く予定があったという。燃える城を見て、「(もう)骨組みだけですよ。ショック」と話していた。

首里城に隣接し、正殿などが見える龍潭(りゅうたん)池の周りには近所の人や報道陣が殺到した。炎を上げる首里城を見ていた近くの宮里トヨ子さん(84)は「私たちにとって首里城は神様みたいな存在。涙で言葉が出ない」と声を震わせた。

首里城は450年間にわたり、琉球王国(1429~1879)の政治と文化の中心だったが、1945年に第2次世界大戦の沖縄戦で焼失。58年に守礼門が復元され、92年に正殿などの復元が完成した。2000年、首里城跡が「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録された。

首里城の正殿は強い日差しや風雨で劣化が進み、昨年12月、2年3カ月かけて漆の塗り直し作業が完了したばかりだった。全面塗り直しは、92年の開園以来初めてのこと。

https://www.asahi.com/articles/ASMB01BRBMBZTIPE03N.html

ネットの反応

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-00000001-ryu-oki

・正殿が燃えてますね、、、。
悲しい。

・ここまで燃えてしまうともうダメだろうな。
延焼を食い止めるだけでも大変でしょう、消防の方には頑張ってください。
もちろん怪我などをしないよう、無理は禁物です。

・被害が拡がらないことを祈ります。

・こんな時間に出火なんて、事件性を感じずにはいられないな
文化財の破壊は人類が刻んできた歴史に対する冒涜だよ

・大変なことになった。時間帯的に放火の可能性がある。速やかに事件捜査をお願いしたい。

・画像を見るとかなりひどいことが想像できますね

漏電なのか放火なのか・・

とても貴重な建物、被害が少しでも最小限であることを
祈ります

・城が、城が燃えている…。

こんなに火に包まれては周りの建物に延焼しないよう願うしかありません。
また、怪我人などいなければ良いのですが。

出火の原因が気になります。放火だけはやめてもらいたいです。

・何があった?

放火かタバコの不始末か?
電気配線のショートか??

早急に鎮火されるのを祈ってます。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧