• HOME
  • 記事一覧
  • 海外ニュース
  • チリ、APEC首脳会議の開催を断念-反政府デモで混乱のため COP25も取りやめ 大統領「苦渋の決断だ」

チリ、APEC首脳会議の開催を断念-反政府デモで混乱のため COP25も取りやめ 大統領「苦渋の決断だ」

(ブルームバーグ): チリのピニェラ大統領は、11月に予定しているアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の開催を断念すると発表した。反政府デモや暴動が続いていることが理由。

12月開催予定の第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)も取りやめ。大統領は30日、「苦渋の決断だ」と述べた。

今回のデモは、地下鉄の運賃引き上げに対する抗議活動がきっかけ。医療や教育、年金などの改革を求める大規模なデモに拡大した。デモは一部で暴徒化し、死者も出ている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-48264121-bloom_st-bus_all

ネットの反応

・政府はメンツ丸つぶれだな。
それでも、開催を強行して更なる混乱を招くよりはマシ⋯という判断が働いたのだろうか。

・日本の情報収集力、再点検してほしい。プーチンが日露首脳会談を断ってきた理由がここにあったとなるとこれは早急に情報ネットワーク見直しを。

・このニュースの前のロシアがAPECを参加しないと情報
日本側はこれはロシア側の拒否と思ったが
こういう背景があるのなら、あらかじめロシア側には伝えていたのか。
香港もレバノンそうだしチリにしても民衆の不満が溜まっている。
これは高い失業率とインフレや社会不安治安の悪化。
昔ゲームでシムシティというゲームがあり楽しめた。
あのゲームは社会の縮図を表している。
国民のことを考えないで進み過ぎると不満がたまる。
それは全ての国民に対して平等は難しいし貧富の差はある。
今回はAPECそして環境会議が開催を断念
とくにチリや隣国アルゼンチンはインフレ率が高いと言われる。
こんな国際会議で多くの費用を使われるのなら、国民に還元しろ。
そういう市民というか国民は多くいるのが如実にあられた。
ブラジルアルゼンチンとかでも開催がされるのかな
こういう国際会議もそろそろ役割を終えたというか形骸化している。

・やめる「決断」ができる人こそ、真のリーダーだと思う。

・ちょっと国際会議がありすぎるような気がするね。本当に重要なものだけを残せばいいと思う。

・TPPを主催する日本にAPEC本部をおいて日本で常時開催にしたらいいと思う。米中が離反しているから時期的にはちょうどいい。

・最近は世界各地でデモが横行していますが、それが明るい希望に繋がるものなら良いが、世の中を乱すものなら歓迎出来ません。APAC が中止になるなんて前代未聞です。そしてそれは由々しき事態です。この先世界はどうなって行くのか不安は尽きませんが、それが一夜の嵐で終り、翌朝は青空の見える晴天になる事を願います。

・パタゴニアはとても素晴らしい自然を、楽しむことが出来ます。
チリは中南米で比較的、治安が安定している数少ない国の一つだったのですが残念です。

・自ら面子を潰して断念する勇気!日本も開催国で存ながら思うように実施出来ない五輪も岐路が在ったと思う、結局実施するが~吉と出るか凶とでするか?

・チリに限らず最近反政府デモが多いように感じます。
1番の要因は経済なのでしょうね。
次の要因は横暴な政府のやり方ののでしょう。
いづれも最悪の状況を回避して貰いたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧