• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 大阪空港でまた保安検査ミス 全日空、乗客がカッター所持 ネット「来年はオリンピック。多数の人が来ます」「従来のセキュリティチェックなど廃止すべき」

大阪空港でまた保安検査ミス 全日空、乗客がカッター所持 ネット「来年はオリンピック。多数の人が来ます」「従来のセキュリティチェックなど廃止すべき」

 大阪(伊丹)空港の全日空の保安検査場で今月17日、乗客の手荷物の中のカッターナイフを係員が見落としていたことが30日、関係者や同社への取材で分かった。同空港では9月に係員が乗客の刃物を見逃すミスがあり、国土交通省が国内の全航空会社と空港管理者に検査の手順を再確認するよう指示したばかりだった。

全日空などによると、17日午前8時55分ごろ、新潟行きの便に搭乗する乗客が保安検査後の出発エリアで「かばんに誤ってカッターナイフを持ってきてしまった」と同社職員に申し出て発覚した。刃の長さは6.5センチで、職員が受け取り、処分した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191030-00000147-kyodonews-soci

ネットの反応

・保安検査はAIにやらせる方がよっぽどマシだね。

・厳重な保安検査は何のためにやっているのか分からないような検査会社は替えるべきです。
問題は違えど航空の安全を考えてみると、パイロットにアルコールが検出されたけど、そのパイロットは飛んでいない、言い方を変えれば未然に安全を担保出来た航空会社に厳しい行政処分が課せられたのに対し、ハイジャックや重大なテロに発展する可能性もあった、この手ぬるい重大な不安全要素を容認・見過ごした保安検査会社の責任はより重大だと思います。

・民間企業に委託するのではなく、米国のように厳しい国家試験と訓練をパスし、国に認定されたプロでないと見落としはなくならないでしょう。しょせん素人ですから。

・同じ警備会社だよね?
ANAさん…私が言うことではないけど…
委託先変えた方が良いのでは?

・応を本気で考えないと、大変なことになるよ。
これ、通過させちゃった人は処分を考えるべき。
こんなに近々で起こるなんて、いい加減にやってる証拠だろ。
来年はオリンピックだし、近隣諸国の事情や諸々考えると、ハイジャックとか色々とかあってからでは取り返しのつかないことになる。

・2度目となると、やはり空港そのものの業務改善が必要なのだと感じてしまいます。諸々を取引企業に任せきりなのかもしれませんが、相互理解に至るには、信頼に足る従業員教育と厚い待遇が不可欠なのでしょう。

前回の問題が発覚した時には、利用者には災難だったものの、起きたのが今で良かったと思いました。
もしもこれが来年のオリンピック真っ最中だったなら、テロ行為に通じてしまったかもしれない。。
甘い警備だと露見してしまった以上は、細心の注意をもって臨まないといけません。
遅すぎるということはないでしょう。
そしてこれは、当該の空港に限ったことでもない。
どちらにも徹底した対応をお願いしたいです。

・海外旅行で外国の検査員は日本の空港保安検査は甘いのでしっかり乗り継ぎの場合は手荷物検査すると聞いたことがある。日本はもっと航空保安に力を入れるべき。下請け任せでは解決しない。

・もし悪意の有る人だったらハイジャック等の事件になる可能性も有る、て事を考えてるのかね?

・直接の原因は「手荷物検査 透視画像」を検査している人のスキルの差と想像します。

カッターの刃(6.5×1cmくらい?)を見逃したみたいですね。あまり具体的な話はここではしない方が良いと思いますので、これくらいで。

来年はオリンピック。多数の人が来ます。初めての海外旅行や初日本へ。それに紛れて目的が違う?人も・・・。

今回の件では、公表を控えて無かったように済ますこと(隠滅)をしなかったことだけは評価します

当面は画像検査2人体制でしょう。これが現実的と思います

・現状の設備での保安検査には限界があると思います。
外国の空港にあるのは金属探知機ではなくCTスキャンのようなものでポケットにハンカチがあっても出してくれと言われると聞いたことがあります。日本に導入することは難しいのでしょうか。

手荷物も1人に付き1つまでの持ち込みなど制限を設ければ見逃しもなくなりそうですし、検査場の待ち時間も短くなりそうです。

本気でテロ対策をしようと思うのならば荷物を持って入れないようにすれば手っ取り早いと思いますけど。いくら機械が高性能でも人の目に限界はあると思います。

現実問題かなり難しいですね。
見逃しがあるので荷物持ち込めませんじゃ納得できないですね。
警察が保安検査をすればいいんじゃないんですか

・武器を持ち込もうと思ったらいくらでも方法はある。ハイジャックをしようという人なら、いくらでも方法を考えるのではないか。現在のセキュリティチェックは、善良な人が不便を被っているだけだと思う。このようなセキュリティチェックがはたして意味があるのかどうか疑問だ。今回持ち込まれたカッターナイフでも、今回の人のように善良な人が持てば単なる道具だし、悪意ある人が持てば凶器になる。どんなものでもそうだと思う。重要なことは、悪意ある人物をセキュリティゾーンに入れないことだと思う。悪意ある人物をAIを使って見つけ出す方法を考案して、従来のセキュリティチェックなど廃止すべきだと思う。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧