• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 全国の遊休農地9・8万ヘクタール活用進まず解消頭打ち 農家の高齢化や担い手不足などが背景

全国の遊休農地9・8万ヘクタール活用進まず解消頭打ち 農家の高齢化や担い手不足などが背景

 全国の遊休農地(2018年)が9万7814ヘクタールに上ることが、農水省のまとめで分かった。前年に比べて700ヘクタール減少したが、最近3年間は10万ヘクタール前後で推移。農家の高齢化や担い手不足などを背景に農地が有効に利用されていない実態が改めて浮き彫りになった。

18年まとめ
各市町村の農業委員会が農地法に基づき毎年1回、農地の利用状況を調査。その結果を同省が集計した。

最近3年間のうち、16年は前年から3万680ヘクタール減り、10万4155ヘクタールにまで縮小した。ただ、17年は9万8519ヘクタール、18年は9万7814ヘクタールとほぼ横ばいだ。

遊休農地9万7814ヘクタールのうち、耕作されておらず、今後も耕作されないと見込まれる農地は、全国で9万1524ヘクタール。前年から930ヘクタール減った。減少した面積は再生利用されたか、非農地に転換したことなどが考えられるという。

残り6290ヘクタールは、周辺の地域の農地に比べて著しく利用度が低い農地。前年より226ヘクタール増えた。農家の高齢化などに伴い、十分に活用できない農地が増えているとみられる。

都道府県別に見て、遊休農地が最も多いのは福島の7397ヘクタール。次いで茨城6582ヘクタール、千葉6313ヘクタール、鹿児島5536ヘクタール、長野4741ヘクタールと続く。逆に最も少なかったのは富山の155ヘクタールだった。

農地法では、遊休農地の解消に向けた措置を定めている。農業委員会が遊休農地の所有者に耕作や貸し付けの意向を調査。その意向通りに対応しない場合は、農地中間管理機構(農地集積バンク)との協議を勧告する。それでも放置している場合は、都道府県知事の裁定で同機構が農地中間管理権を取得する仕組みになっている。

勧告を受けた農地には課税が強化され、固定資産税が1・8倍になる。同省によると、勧告を受けている遊休農地は19年1月時点で481件、計93ヘクタール。うち18年に新たに勧告を受けた遊休農地は102件、32ヘクタール。これまでに裁定に至ったケースはない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00010000-agrinews-ind

ネットの反応

・有休農地はここ数年でずいぶん減っているように見えるけど、宅地とかの非農地に転換したのがほとんどで農業に再利用されたのなんてほぼないよね?一度転用してしまったら農地に戻ることは100パーセントないよね?
非農地に転用した土地には過去に税金投入された土地もかなりあるのでは?なんか臭いもの(有休農地)には蓋をしたくて、色々と制度こねくりまわしてるけど日本の農業の復活には程遠いことしてるように見えてしまいます。

・農家から言わせてもらえれば、農地まで遠い、農道が狭いや灌漑設備がない、作る作物によっては土壌があわない、雑草が多い等で利益幅が少なくなるから利用が難しくなります。
地方では、森林を切り開きソーラー発電にしたりしていますがそんな事より遊休農地はソーラーか広葉樹するのが無難です。
日本は針葉樹ばかりで災害に弱すぎです。

・若手が後を継がないケースが多く、農業法人などの大規模化にも限界がある。現在食料が不足してはいないから、問題と意識されていないでしょうが、やはり自給率を上げる取り組みは必要だと思う。しかし問題は、収入が割に合わない場合が多く、どうしても効率的に稼ぎが良い方に向かう思考が働いてしまう事。やり甲斐は充分にあるのですがね。

・休耕地というが、オーナーが細切れに存在したり、一区画が小さかったり、借りにくい制度があったり。農家にしてみたら、跡継ぎがいても食べていくのが難しいような田舎に土地があっても、そのつぎは?となる。
物流コストを考えれば、都会の近郊が有利。
特価ブランドを作っても、高ければ取引が限定され、収益は上がりにくい。努力はしているがそれに見合う収入は得にくい。
なんと言っても消費は一般のひとが主であるし、消費者からしたら、少しでも安い方がいいのは現実。
農作業は自動化の方向にはあるが、設備投資もそれなりにかかるし、ひとでは足りていない。
子供があとを次がないひとが多い、これがすべてを表しているだろう。
将来はどうかわからないが、昔農業が環境を含めそのままなら、農業の維持は困難。
高齢化も深刻。もう時間はありません。

・なぜこうなるかは現場を見れば分かります。
安全保障は武器国防だけではなく国内生産も重要。
今でこそカネさえ出せば食糧は輸入できますが一度有事があればこの国はあっと言う間に干からびます。
ミサイルどころか食いもので倒せるかもなんです。
近年では平成のコメ騒動がありました。
わずか1年でしたがこの国の脆弱さをさらけ出した出来事であり、その影響は今も続いていると思います。
国民レベルではあり溢れる食材と大量廃棄を目の当たり。
出来事を知らない世代も増えているでしょう。

遊休農地もですが、
開発の手に渡る優良農地の存在も気になります。
私有地の農地を農業倉庫にしようとしても根なな規制があるのに広大な近郊農地が住宅や何とかモールになったり。
専門知識をもつ企業にかかれば何て事ないんでしょう。

・何で遊休農地が多いかっていうと、農家の高齢化が大きな原因だと思う。

農地バンクだって、農振地域しか管理してくれないし、農振地域以外は宅地化するか、農家の高齢化、継承者不足で荒れ地になるよね。

山間部の農地だって、元気な農家さんが頑張って管理してる。

だれが機械も入らない農地を使いたいよ?

軽トラでさえ近づけない畑をだれが管理するよ?

問題だ、問題だ、って言うなら、それなりの予算を付けて農地整備を進めて、作物作りやすいような手助けをしてくれ。

・都市でサラリーマンをしている私の実家には農地が1500坪あります。
高齢の親では全てを耕作地にする事はできず、一部で野菜を生産し市場に出していますが、多くの土地はお金を払って他の農家さんや畜産農家さんに作物を作って頂いています。
稲作では利益は出ない、付加価値のある作物は手間がかかるので、安い値で引き受けくれた周りの方は大概は手間のかからない畜産向けのトウモロコシを栽培しています。しかし国内での畜産業の衰退と飼料価値の低下で、今後も引き受け手が続いて行くとは考えられません。

農地を荒地にしてしまっては隣の農地に迷惑をかけるので、年金を始めたくさん身銭を切って、更に税金を払って人様に頼って耕作地として維持しているわけですが、近い将来、親がいなくなった時、私にはそれを続ける余裕はありません。田舎過ぎて、その土地は買い手もなく売れませんし。
最終的には、相続放棄して荒地にするしかないのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧