• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 首里城再建に沖縄勤務経験の米軍関係者が募金活動 ネット「アメリカ軍兵士に 罵声を浴びせる皆さんへ このような方々もいることを 知って頂きたい」

首里城再建に沖縄勤務経験の米軍関係者が募金活動 ネット「アメリカ軍兵士に 罵声を浴びせる皆さんへ このような方々もいることを 知って頂きたい」

首里城再建に支援の輪を! 沖縄勤務経験の米軍関係者が募金

那覇市の首里城の主な建物が全焼した火災は、海外でも衝撃を持って受け止められていて、アメリカでは、沖縄に勤務した経験のあるアメリカ軍の関係者が、首里城の再建に向けた募金活動を行っています。

アメリカの首都ワシントン近郊で首里城の再建に向けて募金を呼びかけているのは、アメリカ海兵隊の将校の妻、マリ・グレゴリーさんです。

グレゴリーさんは、夫の勤務に伴いことし夏までの3年間、沖縄で暮らしましたが、家族で訪れたことのある首里城が焼けた大規模な火災に衝撃を受け、インターネット上に寄付金を募るサイトを開設しました。

沖縄に勤務した経験のあるアメリカ兵やその家族たちとともに協力を呼びかけていて、この1日半の間に2700ドル余り(日本円で29万円余り)が集まっています。

またサイトには、募金した人達からのメッセージも寄せられていて、「沖縄の人々はいつも私の家族に敬意を持って接し、沖縄の文化を共有してくれた」などと書き込まれています。

グレゴリーさんは「多くの軍関係者がいかに悲しみ、うちひしがれているかをネット上に書き込んでいます。沖縄に暮らす軍関係者は沖縄を自分の家と同じように感じています」と話していて、首里城の再建に向けた支援の輪を広げたいとしています。

沖縄駐留米軍 写真の投稿を呼びかけ

一方、沖縄に駐留するアメリカ軍は、ツイッター上に「Shuri Memories」というハッシュタグとともに、焼失する前の首里城の写真を投稿するよう兵士やその家族に呼びかけています。

呼びかけに応じた1人、海兵隊のボディッチ大佐は、母親が沖縄出身の日本人で、24年前に母親と2人で撮影した写真と、火災が起きる4日前に自分の子どもたちと一緒に撮影した写真をそれぞれ投稿しました。

ボディッチ大佐は「今はテキサス州で暮らす母親に電話で首里城の焼失を伝えると母親は泣いていた。首里城がいかに沖縄の人にとって重要か改めて認識した」などと話しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191102/k10012161761000.html

ネットの反応

アメリカ兵士 マリンアウト、ゲラーリと罵声浴びせる皆さんへ このような方々もいること 知って頂きたい。 もしかすると、皆さん罵声浴びせかけた方かも しれないのですよ。

・やっぱ自立を重視する米国人さんだねぇ。直ぐに税金にたかろうとする沖縄パヨクと違いますね。

・ただ、今回元通りに戻すという話かどうかもまだあやふやで、出来上がったもので、以前のままじゃないとか、あれこれあってもなあ・・・?😓復元の青写真が出来るまでは自粛しといた方が・・・?😓前回復元した際にも、使用した木材の種類が違ったとか、色々あったらしい・・・?😓

・米軍関係者が基地に準じる重要拠点として首里城を警備したらいいんじゃね?
火災にならない・放火されないためのノウハウなんて腐るほどあるだろうし。

・沖縄で嫌われた人達が支援するとは・・・

・グレゴリーさんの活動といい
沖縄在米軍の呼びかけといい
有り難いことです。
ただ、募金を託す先をよく見極めてほしいな🙏

・先程、7時のニュースでも報じていました。
そして、てどこんさんと同じ事を思いました。
思想信条の自由はありますが、こういう活動をして下さる方をどう思うのか、是非知りたいですね。

・NHKがこれを取り上げていたのが驚きでした。 民放はやらないだろうな~(^^;)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧