• HOME
  • 記事一覧
  • 海外ニュース
  • 米国ポンペオ国務長官 中国当局によるウイグル族への人権弾圧をやめるよう声明「恣意的に拘束された全ての人々を解放するよう改めて要求する」

米国ポンペオ国務長官 中国当局によるウイグル族への人権弾圧をやめるよう声明「恣意的に拘束された全ての人々を解放するよう改めて要求する」

【ワシントン=黒瀬悦成】ポンペオ米国務長官は5日、中国共産党政府によるイスラム教少数民族ウイグル族への人権弾圧に関し声明を発表した。

ポンペオ氏は、中国当局によるウイグル族活動家の親族や、自治区の収容施設での体験談を発表した出所者に対する嫌がらせや投獄、恣意(しい)的な拘束が相次いでいるとする複数の報告があるとして、「深く苦悩している」と表明した。

ポンペオ氏は、こうした迫害が「国務省高官との面会直後に起きた事例が複数回ある」と指摘。また「中国共産党による弾圧政策の犠牲となった勇敢な人々やその家族に対し、心からの弔意を表する」とした。

その上で、「米国は中国政府に対し、中国国外に住するウイグル族に対する全ての迫害をやめ、恣意的に拘束された全ての人々を解放するよう改めて要求する」と訴えた。

一方、中国の人権状況を監視している「中国問題に関する議会・行政府委員会」(CECC)は5日、税関・国境警備局(CBP)に書簡を送り、自治区で拘束されているウイグル族を強制的に働かせて製造された中国製の衣料品の米国への輸入を禁じるよう要請した。

書簡によると、問題の衣料品は米国内のスポーツ用品大手アディダスやアパレル大手H&M、エスプリなどの店舗や通販サイトで販売されているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00000511-san-n_ame

ネットの反応

・中国共産政府のやってることは、異民族浄化政策であり、現代版ホロコーストです。
国際社会は此を無関心に見て見ぬ振りしたりすべきではないです。
国連は国連加盟国による拠出金の多さ・少なさに左右されるべきでなく、中立性を保ちつつ、こういう問題にはキチンと対応すべき国際機関として機能するべきです。

それが出来なず拠出金の多い中国の顔色を伺って、マトモな介入出来ない弱腰機関なら解体した方が良いと思う。

・現在進行形のアウシュビッツが日本の隣国にある。
習近平を国賓で招いてる場合じゃない。

・ユニクロが入っていなくて良かったね。アディダスは対策に追われそうだ。どこからリスクが飛んでくるか、わからない時代だね。

・中国がイスラム系過激派のテロの標的にならないのは何故でしょうね。

・米国はもっと早く発言できたはず。
何年も前にウイグルの人々が漢民族に狩りのように
ライフルで撃たれる動画をyoutubuで見たことがある。
このタイミングでの発言は米中戦争の一環だろう。
イスラム教徒のテロの矛先を中国に向け、
協力関係にあるイランと分断させたい思惑を感じる。

・中国は何処に向かうのか️、
今のやり方をすれば紛争の引き金に成る
タイムリミットは近付いている。

・チベットもね

・日本はなぜポンペオ米国務長官に同調しないの?

・日頃、人権を声高に叫ぶ欧州や日本のメディア&コメンテーターの批判めいた声が小さい気がしますが?

・とうとうアメリカの政権中枢までウィグルの問題は存在するって言っちゃまったよ。

・巧妙なホロコースト。
なぜ、ISは、何も言わないのか不思議や。
ウィグルはイスラムなんやで。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧