首里城正殿前にて(中国の)属国化を象徴する儀式が行われていた?

さんききゅうこう【三跪九叩】
三度、跪ひざまずいてから、九回、頭を地面につけるという礼のしかた。中国清朝の皇帝に対する拝礼方式。「三跪九叩頭さんききゅうこうとう」ともいう。

ネットの反応

・琉球王が三跪九叩って、、、沖縄の人は誰も反対しないのですか?

・こんなことしてたら、chinaに「もとは沖縄はchinaのものだった」という口実を与えるだけだと思います。日本国の最前線の県である自覚はないのでしょうか・・・

・この儀式の主催はどこがやっているんでしょうか?

・首里城で行われていて儀式は、これだけではないでしょう?
何で屈辱的な儀式を再現したがるんでしょうか?こうした屈辱的な儀式の再現を止めて琉球王国の伝統的なものの儀式を再現するべきです。琉球プライドを未来へ!!

・沖縄の人達はこれを見て何も思わないのかが不思議です。

・属国化を象徴する儀式を嬉々としてやり、それを楽しそうに報じる神経が理解できません。
やるべきとはさらさら思いませんが、日韓併合条約の調印式の再現をやると言ったら口を極めて罵るでしょうに。

・沖縄県民のこの感覚は、
残念ながら本土の人間には理解できない。
この感覚がわからないから、沖縄県民との感情の
ズレが発生するのかもしれない。
でもかなりの左翼でなければ、
本土の人間には理解できないと思う。

・少なくとも、中国人使者ではなくて、清国使者というべきですね。その時代は、漢民族は満洲人に隷属してたんですから。それにしても、こんな儀礼を沖縄県人はやりたいのかね?
信じられない気持ち。

・こんな儀式を中国人が見たら、間違ったメッセージを送ってしまうことになりますね。龍柱にしろ、沖縄県民の誇りを傷つける行為ですね‼️

・まさに植民地を象徴するイベント
しかも中国の植民地

必要ない

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧