• HOME
  • 記事一覧
  • 政治ニュース , 野党
  • スクープ!福山幹事長、「手ぬぐい代」の説明で嘘をついていた疑惑!そして、カレンダー配布疑惑も!「同窓会」「非政治的団体」「英会話レッスン」に政治資金を支出!

スクープ!福山幹事長、「手ぬぐい代」の説明で嘘をついていた疑惑!そして、カレンダー配布疑惑も!「同窓会」「非政治的団体」「英会話レッスン」に政治資金を支出!

人には厳しく、自分には甘々の疑惑のデパートの民主党の福山幹事長だが、昨年、政治資金で購入した「高級手ぬぐい代」を有権者に配ったのではなく、外国要人に配ったと説明していた。

しかし、福山幹事長の政治資金収支報告書をチェックしていたところ、彼は「土産代」を「外国要人用」と「その他」にわけており、「手ぬぐい代」には外国要人用との記載がなかったのである。

つまり、福山幹事長は嘘をついている可能性がある。

しかも、公職選挙法違反のカレンダーの有権者への無償提供を行っていたのではないかという疑惑が急浮上した。

また、新たに「手ぬぐい」や「同窓会」「非政治的団体」「英会話レッスン」に政治資金を支出していたこともわかった。

新たに浮上する「高級手ぬぐい」疑惑!そして、暴かれる福山幹事長の嘘!!!

昨年報道されているが、福山幹事長は26万円以上も手ぬぐいを購入し、これを有権者に配った疑惑が報じられている。

今回、すでに報じられた2010、2011年以外にも、福山幹事長が手ぬぐいを購入していた疑惑が浮上した。2012年の福山幹事長が代表の団体の政治資金報告書を確認したところ、以下のように2010、2011年と同様の高級手ぬぐい店「永楽屋」から土産代として支出している。

そして、上記報告書を見ていれば、福山幹事長の嘘も明白になる。

福山幹事長は「手ぬぐい代」を「海外要人からの土産の返礼や海外訪問時の土産として使用した」と説明している。しかし、上記報告書では「土産代」を(外国要人用)とそれ以外で区別しているが、「手ぬぐい代」には、それが一切ない。

明らかに説明と実態が矛盾している。福山幹事長は、この(外国要人用)がついていない、土産を誰に渡したのか、名簿付きで説明するべきだ。まさか有権者に配って買収などしていないとは思うが。

福山幹事長の不審なカレンダー購入

福山幹事長は代表を務める政党支部から、2011年11月に、カレンダー代と称して、約7万8千円を支出している。

少なくとも1000部以上は、作成可能な金額と言ってよい。

問題なのは、この膨大なカレンダーを販売した形跡が、この年の政治資金収支報告書からは見つけられないということだ。どこにもカレンダーの売り上げは記載されていない。そうなると、当然、必然的にカレンダーを無償もしくは格安で有権者に配布したという疑惑が浮上する。

いったい、福山幹事長は1年間で1000部以上のカレンダーを、どこでどのように使用したのか?

・有権者に無償供与の場合→公職選挙法違反

・販売していた場合→売り上げが政治資金収支報告書に見当たらないので、収入隠し

いずれの場合も罪に問われる可能性がある。闇に消えた福山幹事長の1000部以上のポスターの行方を、早急に福山幹事長と立憲民主党は説明する必要がある。特に、与党のカレンダー疑惑を執拗に追及していた野党議員には、福山幹事長を追及する義務がある。

同窓会に政治資金を支出!

福山幹事長は同窓会にも支出している。彼の選挙区である京都にある同志社大学の同窓会に参加し、会費と参加費を政治資金から支出している。

いったいどこが政治活動なのか説明いただきたい。これはあのセコい安住議員と一緒だ。まあ、「悪夢の民主党」のメンバーであるから当然か。

非政治的団体に政治資金で参加費を払う怪

また、福山幹事長はすでに一部のメディアで小さく報道されているが、ライオンズクラブなどの複数の政治的活動を規約で禁じる社会奉仕団体に政治資金で参加している。

立憲民主党の福山哲郎幹事長が社会奉仕団体「ライオンズクラブ」の会費を政治資金から支出していたことが19日、分かった。同クラブは会則で「政治的その他の野心のためにも、会員であることを利用してはならない」と定めている。

福山氏の資金管理団体「フォーラム共生社会21」の2015~17年の政治資金収支報告書によると、組織活動費として「京都鴨川ライオンズクラブ」に3年間で約27万円を支出していた。同じく政治活動を前提としない奉仕団体「京都めいぷるワイズメンズクラブ」にも約22万円を支払っていた。

福山氏の事務所は取材に対し、両団体を通じて政治活動をしたことはないと説明。「多様な意見を吸収することを目的に参加しており、会費を支出することは問題がない」との認識を示した。

引用元 政治資金で奉仕団体会費=立憲・福山幹事長

これは珍説だ!福山幹事長は、「政治的その他の野心のためにも、会員であることを利用してはならない」団体に、「多様な意見を吸収することを目的」で参加していると主張するが、要するにこれは政治目的だ。

もし政治目的でないというのならば、なぜ、政治資金から参加費をねん出したのかとなる。

英会話レッスンにも政治資金を支出!

福山幹事長の不思議な支出は他にもある。都内在住の外国人に「英会話レッスン」と称して、2010年2月18日に、2万円を英会話レッスンに支出している。

いったい英会話レッスンのどこが政治活動なのか、ご説明いただきたい。


福山幹事長におかれては、自分たちの過去の発言を忘れたとは言わせない。

「疑惑はますます深まった!」

「疑われた方が身の潔白を証明すべき」

証拠がないにも関わらず、数々の疑惑や妄想を安倍総理にぶつけ、安倍総理が無罪を証明しろと迫ってきた。今度はご自身の疑惑について証明する番だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧