• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 【首里城火災】正殿の分電盤からつながる延長コードに「溶融痕」30カ所 延長コードは今年2月以降(沖縄県管理になってから)に足元を照らす(LED)ため設置

【首里城火災】正殿の分電盤からつながる延長コードに「溶融痕」30カ所 延長コードは今年2月以降(沖縄県管理になってから)に足元を照らす(LED)ため設置

■首里城火災 コード溶けた痕30カ所 正殿北東の電気設備 火災直前に白い発光体の映像も

那覇市首里当蔵町の首里城正殿など主要7棟が焼失した火災で、那覇市消防局は7日、市銘苅の同消防局で記者会見した。電気系統設備が最も集中している正殿北東の部屋が出火場所とみており、その部屋の分電盤の床下配線と、分電盤側面のコンセントに取り付けられていた延長コードが見つかった。その両方に、溶融痕があったことを明らかにした。今後、消防研究センター(東京都)で出火原因との関連を鑑定する。一方、延長コードは今年2月から正殿内に取り付けられていたことも関係者への取材で分かった。

市消防によると、木造の正殿は燃え方が激しく、火の巡り方の検証が困難という。北東の部屋で火災原因の特定につながる唯一の痕跡は床下の配線と延長コードの2点だけだった。

溶融痕は周辺の火災熱によって配線の断面が溶けて球形上の塊ができるものだが、機器が出火した際にできる短絡痕である可能性もあるとした上で、山城達予防課長は「出火原因を特定する物は出てきていない。今の状況から特定は非常に困難だ」と調査の長期化も予想されると説明した。

市消防によると、床下配線には1カ所の熔融痕が確認された。火災前は3~4メートルの1本のコードだったとみられる延長コードは、焼けて数センチごとの細切れの状態で見つかった。30カ所以上の熔融痕が確認された。

当時、正殿内の照明などへ配電するブレーカーは落ちていたが、延長コード側のブレーカーは通電していた。延長コードには二つの発光ダイオード(LED)ライトが接続されていた。 関係者によると、延長コードは国から県に管理が移行した今年2月以降に設置。同月に正殿裏手に位置する御内原エリアが開園し、正殿内の順路が変更されたため、足元を照らすための措置だったという。

また、火災発生当時の様子を正殿外の2台の防犯カメラがとらえていたことも判明した。1台は正殿の北東側にある「女官居室」周辺に設置され、火災直前に白い発光体が映っていた。もう1台は正殿裏側の「世誇殿」周辺のカメラで、出火直後に正殿から炎が吹き上がる様子が映っていたという。

11/8(金) 9:44 琉球新報
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000006-ryu-oki


https://030b46df30379e0bf930783bea7c8649.cdnext.stream.ne.jp/archives/002/201911/83c3fe51c05307c858bfc61a5fe0ec58.png
———-
■首里城火災 配線接触で火花か 消防会見 溶けたコード詳細分析へ

首里城正殿など主要7棟を焼失した火事から1週間がたち、火災時の城郭内の様子が徐々に明らかになってきた。那覇市消防局は7日午後に開いた会見で、正殿北東にあった「分電盤」からつながる延長コードに「溶融痕」という焼けて溶けた痕が30カ所以上見つかったと発表した。火災原因につながるショートを起こした痕跡を示す「短絡痕」だった可能性もあり、同局が火災原因との因果関係を慎重に調べている。

延長コードは正殿の北東側から発見された。市消防局の山城達予防課長は「常時電源が通っている状態だった」としており、正殿内に設置されていたLEDの照明器具の電源として利用されていたという。

市消防局によると、延長コードは正殿北側にある分電盤側面のコンセントにつながっており、このコンセントは分電盤から電気が供給されるようになっていた。コードには30カ所以上の焼けて溶けた溶融痕と呼ばれる痕跡があった。

首里城を管理・運営する沖縄美ら島財団や県などが行ったこれまでの会見では、このコードの存在について明らかにしていなかったが、山城予防課長は溶融痕について「配線同士が接触してスパークした結果生じる短絡痕だった可能性がある」と指摘。「火災原因の特定につながっていくと思う」として、今後詳しい分析を進めると明言した。

日本防火技術者協会の鈴木弘昭理事によると、溶融痕は火災熱によって生じるのに対し、短絡痕はショートを起こして発火した痕跡であるため、火災原因になり得るという。

鈴木理事は、短絡痕が原因となる火災のメカニズムについて「コードの内部の電線を損傷する『半断線』を起こすと、損傷部分では電気抵抗が大きくなるため、熱が生じて電線を覆う被覆材が溶ける。そのために隣り合う配線同士が接触し、ショートして発火の危険性が高まる」と話した。

2019年11月8日 08:20 琉球新報
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1022000.html

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1573277743/

17: 名無しさん@1周年 2019/11/09(土) 14:41:35.11 ID:sxmKyJ/Q0
>>1
あれだけ燃えてたら
溶融痕もくそも溶けて当然だよね
むしろ銅線しか残ってないと思うんだが?
なぜそんな痕が残ってるの?
不思議だわ

 

20: 名無しさん@1周年 2019/11/09(土) 14:44:01.92 ID:bGnTeL600
>>17

その銅線の溶け具合の話だよ
野外でファイアー!してもそうそう金属が溶ける温度にはならんからどの金属がどれくらい溶けてるかで状況を推測する
今回は大規模に派手に燃えたから銅の融点越えちゃったかもねっていう話

 

23: 名無しさん@1周年 2019/11/09(土) 14:45:19.67 ID:2JxmSyEN0
>>1
これイベント屋が設置したんじゃなくて、首里城の施設管理担当が「ちょい足元が暗いね」って事で設置しただけでしょ。

 

71: 名無しさん@1周年 2019/11/09(土) 15:04:17.20 ID:/CJVS4wT0

>>1
>市消防によると、木造の正殿は燃え方が激しく、火の巡り方の検証が困難という。
>北東の部屋で火災原因の特定につながる唯一の痕跡は床下の配線と延長コードの2点だけだった。

ここが最重要

 

102: 名無しさん@1周年 2019/11/09(土) 15:17:29.47 ID:IlXB+Dpr0
>>1
3,4mの延長コードで30箇所の破断ということはひとつ10cm程度
おそらくコイル状にぐるぐる巻きにした1箇所からの損壊
つまりお手製の発火装置だね

 

4: 名無しさん@1周年 2019/11/09(土) 14:36:47.74 ID:wMz8kb7h0
良かった
放火はなかった

 

6: 名無しさん@1周年 2019/11/09(土) 14:36:58.89 ID:CV6532LF0
沖縄県側の都合で有耶無耶になりそうだな

 

8: 名無しさん@1周年 2019/11/09(土) 14:38:23.48 ID:bGnTeL600

>「常時電源が通っている状態だった」

このニュアンスがな
ブレイカーが入ってない迂回配線状態だったと言っているんなら
ショートでブレーカーが落ちずに放電状態が継続されてとんでもないことになる

 

115: 名無しさん@1周年 2019/11/09(土) 15:23:40.87 ID:1OOP3ZTn0

>>8
そこ気になる

「こっちなら落ちませんよ」で、いろんなものをつなぎそう

 

121: 名無しさん@1周年 2019/11/09(土) 15:26:57.78 ID:LvBR3FOO0
>>115
イベント準備で夜間まで作業するなら、自動的に切れる奴には繋げられないしな。

 

10: 名無しさん@1周年 2019/11/09(土) 14:39:20.88 ID:4Xejxspp0
なんだタコ足か

 

21: 名無しさん@1周年 2019/11/09(土) 14:44:13.18 ID:cgsvs6380
首里城の防火管理者ってどこのどなた?
そろそろ会見しても良いのでは?

 

24: 名無しさん@1周年 2019/11/09(土) 14:45:24.76 ID:rJ+dFF390
ずさんすぎる
そこらへんの物置小屋の方が防火はちゃんとしてる

 

43: 名無しさん@1周年 2019/11/09(土) 14:49:59.38 ID:cgsvs6380

で、正殿で組踊りの準備をしていた人達、電気は使わなかったの?どう使ったの?

消防は延長コードには通電していたと。
でもLEDには繋がっていなかったという話。

 

44: 名無しさん@1周年 2019/11/09(土) 14:50:06.17 ID:deS6b3il0

デニー

どーすんだこれ? マジで?

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧