• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 台風19号被災地 97カ所にボランティア拠点 東日本大震災に次ぐ規模 ネット「ボランティアを当たり前と思わないで欲しい」

台風19号被災地 97カ所にボランティア拠点 東日本大震災に次ぐ規模 ネット「ボランティアを当たり前と思わないで欲しい」

 台風19号の被災地で設置されたボランティアセンター(VC)は97カ所に上り、延べ13万人以上が参加したことが12日、全国社会福祉協議会(全社協)への取材で分かった。

VCの設置箇所は2011年の東日本大震災に次ぐ規模で、全社協の担当者は「被害がいかに広範囲かが分かる」と話している。

東日本各地に爪痕を残した台風19号は、12日で上陸から1カ月を迎えた。多くのボランティアが被災地入りする一方、人手が足りない地域もあり、偏在が課題となっている。

VCは被災地の要望の把握やボランティアの受け付け、派遣先との調整を担う。地域の社会福祉協議会が設置するケースが多い。

全社協によると、東日本大震災で設置されたVCは24都府県の196カ所。台風19号では14都県97カ所に上り、10日までに延べ約13万3500人がボランティア活動に参加した。VC設置箇所は、昨年の西日本豪雨の12府県60カ所を上回った。

一方、ボランティア希望者からは「どこに行けばいいのか」「交通アクセスが分からない」との問い合わせも相次いだ。偏在解消に向け、要望が多い被災地にボランティアを運ぶバスを運行するなどの取り組みが進められている。

国土交通省によると、宮城、福島など7県の71河川、140カ所で堤防が決壊した。土砂災害は8日時点で884件が確認され、記録が残る04年以降、台風による件数としては最多だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00000067-jij-soci

ネットの反応

・ボランティアが足りないとよく報道で見かけますが、当たり前のように思わないで欲しい。
自分でガソリン、宿泊、食事を手配して、帰る頃にはふらふらで、でも次の日仕事だから運転して夜中に到着します。
本当に喜んでくれる人もいるけど、当たり前のようにあれもこれも運んでと言う人もいます。
ありがとうと言えない人もいます。
国がボランティアを推奨するなら、政治家や官僚も同じようにボランティアするべきです。

・東日本大震災と異なるのは、世界の気象変動により今後は毎年発生する可能性がある。
ボランティアも毎年様々なところでこの規模の災害が発生した際にどれだけの方々が行動を可能とするのだろう。
国は災害対策のための省庁を今すぐ設立すべきではないのか?

・台風や豪雨被害。気候変動により今までよりも災害規模が大きくなったという点もありますが、道路工事によって水路や道路をコンクリートで固めたことで地下水脈の逃げ場が無くなり水があふれだしているという点も大きいです。

太陽光発電用の大規模ソーラーパネルの設置で山を削れば地形が変わって今まで排水できていた水もできなくなって山崩れは増えるでしょう。
この災害は今後も続きます。

それだけではなく地震や噴火にも備える必要がありますね。

・写真のような場所だと
重機を運転出来る人が欲しいでしょうね
ボランティアの域を超えているかもしれませんが

・ボランティアって実はお金がかかる。
ガソリン代に食事、宿泊費と色々ある。
せめてボランティアバスが各地域から被災地へ向けて走ってくれたら、参加者も少しは増えるだろうと思うのだが。
311の時には各地域の行政がボラバス動かしていたのに、今回私の住んでいる地域は動いていない模様。
全国的にも動いている行政は少ないですよね。
今年は大丈夫だったけど、来年再来年、
どこの地域が同じようになるかも分からない今の日本で、自身の事の様に助け合える人が沢山増えてくれたら良いなと思います。

・ボランティア募集の内容の見て見ると交通費、マスク、軍手、長靴、作業着どころかスコップやシャベル等の掃除用具、その他片付け、掃除に必要な物に加えて食料も全て持参してくれと記載があった。

普通に考えてどこの誰が赤の他人のために無料どころか交通費等費用全て自分持ちで道具揃えて食費も出してきつくて疲れて汚れるよううな仕事をしたがるだろうか?

日本ではボランティアと言う名の善意を顎で使っている気がしてならない。

せめて掃除道具と食事くらいは各自治体で用意してくれればもっとボランティアに向かう人が増えると思うのだが。

これは余程の善人か暇人かその土地に恩や所縁のある人でないと普通は手伝いに行かないだろう。

・人手が足りないか・・・。何というか国も自治体もボランティアを要求し過ぎじゃない??労働には対価があって当然で、交通費や食費等々を自己負担して善意で行っているのに、ボランティアありきな復興は違うと思うんだけど。対価があれば、相応の要求や住民の方の不満等もしっかり言えるんじゃないかと思うんですよね。
無償でやっているうえに、装備等も持ち合わせがないなら購入し準備もしたうえで、不慣れだとボランティアのマナー的な部分も分からないところを、陰でグチャグチャ文句言われたんじゃたまったもんじゃないかと。
東京オリンピックも結構ボランティアありきの運営を想定してるよね。宿泊も交通費も自己負担で!って。最近、手助けしたいって気持ちを悪用しているように感じる。

善意がある方の労力を上手く生かせるかどうかは国や自治体次第なんだと思いますけどね。人手が足りないところがあるんだとしたら、それは自治体の責任かと。

・良くニュースで見る、「専門的な技術を持った人がボランティアに欲しい」と口を揃えて言ってるけど、それってもうただの仕事であって報酬が発生しないと成り立たない物になる。
何故かってそういう人達はその「専門的な技術」で生計を立てているのだから。
それをテレビや雑誌、WEBニュースでタダ働きしろって言ったってそうそう来るものではない。
働き方改革でサービス残業だのどうの言う以前の問題なのでは?
国や県が業者に頼むべき事であって、そもそもボランティアでそういう事を望む方が間違っている。
被災者の気持ちがなんだっていう人いると思うから先に言っておくと、私の実家は長野県で被災しています。

・自然災害が頻発すると予測されているのどから、いつでもどこでも対応できる支援機能を政府が確立するのがいいと思う。

そして、無償のボランティアだけを頼りにするのではなく、協力した人には何かしらの対価があってもいいと思う。個人的には、ふるさと納税や寄付金のように節税につながる施策がいいと思う。

土建業界もフル活用すれば、政治家が好きな真水も合理的に配れて、つまらない公共工事も減らせていいのでは。

・日本の災害対策だけでは日本の災害は減らないように感じます、地球規模の災害対策が求められるレベルになっているのでは無いでしょうか、誤解の無いように、日本の災害対策は速やかに対応する必要がある、千葉県知事のようなボンヤリした対応は命取りと思わなければならない、国の対応も必要の度合いにより内容を増やすなどの対応能力が求められる、兎に角、地球規模で環境がどう変化しているのかしているのか知る必要があると感じます、日本内の災害地、という防衛も必要だが、地球規模災害の中の日本内の災害、という見方は対応 早い予測 減災に繋がるのでは無いでしょうか

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧