Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中東情勢「悪化を懸念」=河野太郎外務大臣

河野太郎外相は7日、トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認め、テルアビブにある米大使館の移転を指示したことについて「今後の中東和平をめぐる状況が厳しさを増し、中東全体の情勢が悪化し得ることを懸念している」と述べ、今後の動向を注視していく考えを示した。

外務省で記者団の質問に答えた。

河野氏は、大統領がイスラエルとパレスチナの双方が共存する「2国家解決」を支持したことについて「評価している」と指摘。「エルサレムの地位などは当事者間で解決すべきだ」との発言についても「重要性に深く留意している」と述べた。

当事者間による解決に委ねるとした日本の外交方針に関しては「全く変わりはない」と強調。「日本は(テルアビブにある)大使館を移動するつもりはない」と語った。 時事通信社

 

河野太郎(こうのたろう)プロフィール

河野 太郎は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、外務大臣。 国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣、自由民主党行政改革推進本部長、自由民主党幹事長代理、法務副大臣、総務大臣政務官、衆議院決算行政監視委員長・外務委員長等を歴任した。 父は、元衆議院議長の河野洋平。 ウィキペディア

生年月日: 1963年1月10日 (54歳)

生まれ: 神奈川県 平塚市

配偶者: 河野香

両親: 河野洋平

現職: 外務大臣 2017年から

学歴: ジョージタウン大学、 慶應義塾大学

河野太郎 (@konotarogomame) | Twitter

河野太郎 – ホーム | Facebook

【主な著書】

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧