佐野SAストライキ問題、メディアが報じた従業員は別団体で赤の他人?

お盆休みの中、ストライキを行った佐野サービスエリア。大きく世間の関心をひいた佐野サービスエリアのストライキだが、11月にも短時間であるが実施されていた。

佐野サービスエリアとは直接関係のない連中が紛れ込んでいた可能性が浮上した。メディアは、関係のない連中を写しながら、「ストライキを行ったのはレストランの従業員」と言ってのけた可能性がある。

佐野サービスエリアの従業員が告発!

佐野サービスエリアで2回目のストライキが行われた11月。内部告発と思われるTwitterのアカウントの運用が開始された。

そのアカウントには、11月に行われた2回目のストライキについての不安がつづられている。

内部告発のTweetの中に、気になる内容のものがあったので紹介したい。

上記のTweetによると、報道された映像の中に、佐野サービスエリアの従業員ではない人物がいたというのだ。

これが、事実であるならば、その見ず知らずの団体の行為は、営業妨害に他ならないのではないか。

報道された映像をご覧頂きたい。

報道された映像中には確かに、横断幕を掲げている団体がいる。その横断幕には、労働組合名を明示しているものもあれば、明示していないものもある。

おそらく、内部告発は、労働組合名を明示していない横断幕を掲げている団体に向けられたものだろう。

内部告発のTweetが言っていることが正しいならば、佐野SAの従業員組合とは異なる団体が、当該ストライキに参加し、さらには、メディアがそれを、従業員のストライキと報じたことになる。

どのような団体が参加していたのか、照合してみた!

内部告発のTwitterが、照合すれば、従業員か否かはすぐにわかると言及しているので、どのような団体が参加しているのか照合を行ってみた。

赤〇で囲った人物を照合してみると、すぐに見つかった。

この写真をみて、お分かりいただけると思うが、佐野サービスエリアの労組とは、まったく関係のない人物だ。

所属している団体については、確証を得るまでには至らないが、少なくとも、ブラック企業ユニオンという団体と関係性はあるようだ。

さらに以下の2枚の画像を見てい頂きたい。

佐野サービスエリアのストライキに参加し、横断幕を持っている2人。

別のところでも発見した。

この画像は、ブラック企業ユニオンが、他の企業に対して行ったストライキの際に撮影されたものだ。

ブラック企業ユニオンという団体が、11月に実施された佐野サービスエリアでのストライキに組織として参加した可能性が非常に高まった。

このことを踏まえたうえで、もう一度、報道された映像を確認している。そこで不可思議なところがある。

それが下の場面だ。

会社側の人物が「営業妨害です」と述べているシーン。この人物は、従業員に対して言っているのではなく、従業員ではない団体に言っているのではないか。

それならば、言っていることは正に正論。「営業妨害」だ

つまり、これを報じたメディアは、従業員ではない人物を写し、それらを従業員だと誤認させる報道を行っているのではないか。

メディアは、従業員でない者が参加しているのを知っていたにも関わらず、それを隠して報じたのではなかろうか?

まさに、報道被害だ。

内部告発をしたアカウントの人物が以下のTweetをしていたことを最後に紹介したい。

このTweetが、メディアに対する全ての想いを述べている。

メディアは視聴率を稼げればいいのだろうが、そこで働いている人には生活が懸かっている。

このような偏向報道を行う連中にはメディアとしての資質があるとは到底思えない。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧