中国でまた日本人拘束 50代男性 拘束の経緯や理由について詳細は公開されず

 中国でスパイ行為を疑われ、国家安全当局に拘束される日本人が相次ぐ中、湖南省でも今年7月から50代の日本人男性が拘束されていることが、JNNの取材でわかりました。

関係者によりますと、50代の日本人男性は今年7月、湖南省・長沙の国家安全当局に拘束されたということです。拘束の経緯や理由については明らかにされていませんが、男性は介護関連の仕事に携わっていたということです。

中国では、北海道大学の教授が今年9月に一時拘束され、その後、保釈されるなど、2015年以降、少なくとも15人の日本人が「スパイ行為」を疑われ拘束されています。

そのうち、起訴された9人全員が実刑判決を言い渡されていますが、どういう行為が違法だったのか詳細は明らかにされていません。

外務省によりますと、男性とは現地の大使館の職員が面会できていて、健康状態に問題はないということです。外務省は中国政府に対し、拘束されている男性の早期の解放と容疑事実を明らかにすることなどを求めています。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20191127-00000036-jnn-int

ネットの反応

・「渡航しない」という選択肢も真剣に検討すべき

・海外での危険にもいろいろあるが中国の場合は政府が危険。
警察は頼りになるどころか張本人。

・米中摩擦もあり、ここところ大勢では、接近しつつある中国ですが、その日本に対しても対日カードを確保していたいというところではないですか。

・罪状も公にしないのは、なぜですか。これは、日本人の拉致監禁で、人質ではないですか?

・日本でスパイ防止の法律ができて外国人を拘束したら、数万、数十万のオーダーの数になりますね。

・中国に行くときは、そういうリスクがあるということを覚悟すべき。

・中国には行くだけで逮捕される危険があるようですね。
この事実を日本国外務省は海外危険情報として早く周知して欲しい。

・又スパイ容疑ですか?元国家公務員とか自衛隊とかですか、どうやって日本人の経歴を短期間で調べられるんだろう。日本じゃ職歴が分るのは年金事務所位でオンラインで他の役所じゃ調べられないでしょ。年金の個人情報が流失してませんか?それとも個人番号が漏れているのか。真剣に調査して欲しい。

・仕事以外で行く必要のあるのかな?

というか行くならかなりの覚悟が必要

・中央に不利益と見なされれば容赦しない。そういう国。
魅力ある巨大なマーケットの裏には多くのリスクもあることを自覚すべき。

・国はしっかり調査をして欲しい。
事実なら問題ないが、そうでないなら
邦人の安全を守る為に対応して欲しい。

・理由も明かさず拘束したり実刑課したり、おかしいでしょ。そんなことが国際社会でまかり通っていいのでしょうか。ここ最近の中国は より一層残念な感じが拭えない。結局未だに国家として後進であることをアピールしている。

・みな、中国で何してるんだか。起訴内容も確認できない国なんてヤバいでしょ。実態は多分人質で外交カードとして持っておきたいんだろうね。香港もあるし、日本に対する牽制だね。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧