• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 【ご冥福をお祈り申し上げます】中曽根康弘元首相の死去を受け地元議員らから悼む声が相次ぐ「教え受け継ぐ」

【ご冥福をお祈り申し上げます】中曽根康弘元首相の死去を受け地元議員らから悼む声が相次ぐ「教え受け継ぐ」

 中曽根康弘元首相の死去を受け、地元の群馬県内では29日、中曽根氏を知る地元議員らから悼む声が相次いだ。

「ロン・ヤス関係」といわれたレーガン元米大統領と中曽根元首相

県議会の休憩中だった自民党控室では、死去を知らせる第一報が入ると、どよめきが起きた。

昭和63年から平成10年まで中曽根氏の秘書を務めた岩井均県議は「時間を大切にする方で、移動中でも読書をしたり書類を見たり、英語のテープを聴いたりすることも。『僕には時間がない』と話す姿が印象的だった」と振り返った。

政治姿勢については、「常に天下国家の視点で日本の将来を語る政治家だった。『タカ派』のイメージとは裏腹に、支持者ら人の話にしっかり耳を傾ける姿勢を持ち、平成11年の県議選出馬の際は『地元を3度回れ』と激励されたことが今でも記憶に残る」と話した。

県選出の清水真人参院議員は学生だった20代の頃、中曽根氏の事務所で電話当番を任されたことをきっかけに政治の世界に入った。

それだけに「本当に大きな衝撃を受けた」とショックを隠しきれない様子で、「昭和という歴史の中で大きな役割を果たした政治家だった。いただいた教えを受け継ぎ、着実に政治活動に取り組みたい」と語った。

自民党県連の星名建市幹事長は「大きな功績があった方で、ただただ驚いている。『巨星落つ』という言葉が当てはまる。大変残念だ。心からご冥福をお祈りしたい」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00000544-san-l10

ネットの反応

・地元の70代80代の人が中曽根氏の思い出を語ってだけど今の日本で地元の議員はどんな人かどんな経歴かを語れる人はいるのだろうか

・中曽根さん若い時、風見鶏といわれたが、本当に風を読む人だと思いました。強い信念に基づいた指導者であった。その信念で101歳もの長寿を認知症にならずして全うしたのだと思います。

・戦中に海軍士官、戦後は復興に尽力。総理時代には国鉄民営化、電電公社の道筋等嫌な仕事実行。感謝、ご冥福お祈りします。

・命の限り蝉時雨…
今の政治家に最も欠けている姿勢かな
今は蝉のように短命で吠えるだけで
中身も憂いもなく金と名誉のためだけに
ただ大きい声を上げるだけ

・地元の議員に限れば中曽根をそれなりに知らなければ議員として活躍出来ないと思いますよ。
何故なら東久邇宮→吉田茂→池田隼人→田中角栄そして中曽根と言う中に日本があった時期もあるのです。少なくとも今の総理大臣より数倍も大きな理念があったと思います。

・中曽根康弘氏は海軍兵学校出身だけあって軍人らしい現実主義でありその一方戦争の悲惨さも知っている平和主義者の側面もあった。
首相就任中の不沈空母発言などが自称平和主義の人たちから好戦的と槍玉に上げられたが、現実的である平和は武装放棄では成り立たないことも軍人的視点から熟知していた。
また公営企業の民営化などの功罪成してきたという意味で政治家であり、返り血を浴びることを忌むようでは国政は舵取りできないを実践されました。

・田中支配の中、総理の椅子の至近に居ながら、行政管理庁長官という必ずしも陽が当たる職とは言い難い仕事も経験し、満を持して総理大臣になった印象でしたが、1985年2月に田中氏が倒れ、田中曽根内閣という印象から脱し、官から民への先鞭をつけた改革は、歴史に残る。赤字に喘ぐ国鉄の民営化は、一番の業績。一方で、政治の右傾化、不沈空母発言に象徴されるアメリカ第一主義、原子力の推進、貿易黒字でアメリカからの圧力に負け、内需拡大のかけ声の中、低金利によるバブル経済の膨張を制御できなかったことなど、問題も多かった。図らずも、日本の絶頂期を作りあげましたが、評価は大きくわかれるのでしょう。

・オレらが、小学生から中学に上がる頃、中曽根さんは総理大臣だった。
非常に信頼され、「大物政治家」というイメージがあった。
その一方、語り口がマイルドで、風格も「優しい人」という印象だったのを覚えている。
政治家としてもさることながら、人柄も大変素晴らしかったと思うが、
今後は、これほどの人は出て来ないと思う。

・40代のオッサンです。私の認識からすれば「総理大臣と言えば中曽根」です。これは子ども心の話ですので功罪云々ではないんですがね。教わるものを吸収するのみであった幼少期から知識の探求を始める少年期への変遷期の内閣総理大臣が中曽根さんでした。内閣総理大臣とは何なのか。中曽根とは何者なのか。今をして強烈且つ鮮明に顔が浮かぶ方でした。次を担う者として、君が代が千代八千代である事をお約束します。お疲れさまでした。

・自民党が最も輝いた三角大福中時代の主役の一人。
賄賂や汚職を嫌い保守清流を名乗った三木、日本列島改造論で日本の骨幹を造った角栄、元号法制定や財政健全化に尽力した大平、福田ドクトリンを発表し東南アジア諸国との和解を実現した福田赳夫、日米外交を深化させ冷戦時代を切り抜き諮問会議式のスムーズな政権運営を編み出した中曽根
この5人の内一人でも今の自民党にいれば安倍長期政権なんてあり得なかった。今思えば人材に恵まれ過ぎていた時代。その人材を失わせた責任は派閥打倒の美名に酔い権力一極集中を実現させた国民にあるのかもしれない…

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧