• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • ゴルバチョフ元大統領が弔意を表明「(中曽根氏は)停滞していた日本とソ連の関係を発展させようとの決意に満ちていた」

ゴルバチョフ元大統領が弔意を表明「(中曽根氏は)停滞していた日本とソ連の関係を発展させようとの決意に満ちていた」

【モスクワ共同】ゴルバチョフ元ソ連大統領は29日、中曽根康弘元首相の死去を受けて声明を発表した。中曽根氏は「停滞していた日本とソ連の関係を発展させようとの決意に満ちていた」と述べ、弔意を表明した。

ゴルバチョフ氏によると、中曽根氏とは1985年に知り合い、両氏が公職を離れた後も親交は続いた。中曽根氏は、ゴルバチョフ氏が推進した改革「ペレストロイカ」に関心を持ちソ連の政策変更を分析。「私たちの自由で率直な議論は有益で中身のあるものだった」という。

ゴルバチョフ氏は東京都日の出町の中曽根氏の山荘に招かれ「心のこもった会話をしたことを思い出す」と懐かしんだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00000205-kyodonews-int

ネットの反応

ゴルビーのような政治家が次々と出てきて、後に繋がっていれば、ロシアとの関係ももっと良いものになっていたはずなんだが。

・ゴルビー元気そうで何より。ソ連からロシアに変えたのもこの人。親しみのあるロシアの人ですね。

・それまで緊張感のあった日ソ関係をお二人は改善してれたと思います。

・ゴルビー久しぶりだな…なんかこの人はロシア人の中でも好感度高め。

・クーデターでゴルバチョフが失脚しなければ、
もっと世界はまともだったかもなぁ。。

その後のエリツィンは民主的だが急進的で中身がなさすぎたし、
ハードランディングで経済的失政を招いた。

結果論、タラレバだが、ゴルビー的ソフトランディングでいくべきだった。
世界はゴルビーを護るべきだったのかもしれない。

・私にとって中曽根政権というのは生後2年目くらいまでで、直接的に記憶に残っている方ではありませんが、タカ派でありつつも外交上手という印象があります。

御本人自ら従軍経験があり、改憲を訴え長期政権を築いた元首相が、大日本帝国憲法制定日に天に召されるというのは、何らかの因果を感じざるを得ません。

どうか、安らかに。
ご冥福をお祈りいたします。

・あれだけの難しい国際情勢の中で、元首相としてもいろいろ大変だったでしょうね。国際政治って、戦略だけではなく、こういう人間関係の機微の中で動いている面もあるんでしょうね。

・北方領土の返還もその時に解決しておくべきだったな、今安倍さんとプーチンがいくら話し合っても全く進展しないのはやはりタイミングを逃したというべきだろうな。

・未だ壮健でなによりです。当時、ソビエトと対峙した西側の主だった首脳は全て没し、最後まで残ったのがゴルバチョフ氏だと言うのはソビエトが最後の最後で勝利したのだと言えなくもない。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧