安倍総理を追及する野党側 安倍内閣の不信任決議案の提出も検討する構え

国会は最終盤を迎えている。首相主催の「桜を見る会」をめぐり野党側は、マルチ商法で行政指導を受けた「ジャパンライフ」の当時の会長が招待されていた問題などについて安倍首相を追及した。

元会長が招待された理由について安倍首相は明言を避けた一方、自身と昭恵夫人は元会長との個人的な関係は一切ないと述べた。

安倍首相「個々の招待者やその推薦元については個人に関する情報であるため、招待されたかどうかも含めて従来から回答を控えさせていただいているところであります。山口氏と一対一のような形でお会いしたことはなく、個人的な関係は一切ありません。また、私の妻は山口氏との面識はありません」

また、安倍首相は「一般論として『桜を見る会』が企業や個人の不当な活動に利用されることは決して容認できない」と述べた。

一方、共産党の田村議員は、野党側が求めている招待者名簿のデータ復元についてただした。

共産党・田村議員「やましいところがないならば総理の責任で電子データを復元させ、全ての名簿を明らかにしていただきたい」

安倍首相「内閣府が採用しているシステムは端末にデータ保存されておらず、また、サーバーのデータ破棄後、バックアップデータの保存期間を経た後は、復元は不可能であるとの報告を受けております」

安倍首相はまた、招待者は最終的に内閣府などが取りまとめていたとして「私の事務所に申し込めば必ず招待状が届くというものではない」と強調した。

国会の会期も残り1週間となり、野党側が安倍首相を直接追及できるのは今国会では2日が最後となりそうだ。野党側は、この問題で安倍首相の地元を視察するなど、追及の手を緩めていない。安倍首相が出席する予算委員会の集中審議を求めているが、与党側は応じない方針で、野党側は安倍内閣の不信任決議案の提出も検討する構えを見せている。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20191202-00000301-nnn-pol

ネットの反応

・まあ時期的に見ても内閣不信任が出たら速攻で解散総選挙になるだろうと思う。そうなれば野党連合は政権公約やマニュフェスト等を準備できるかどうかが鍵になる。

少なくても「桜を見る会」だけでは政権公約にはならない。

・日米FTAとか、対抗して野党の存在をアピールできるポイントは過去いくつもあったのにモリカケだの桜だのと…
政府与党のやり方が気に入らないのは自分も同じ気持ちだが、だからといって野党にも政権担当能力があるとも思えない
与野党ともに自分のことしか考えていないのがこの国の不幸だわ

・結局のところ国会で裁判ごっこしてるだけ。
そうやってここまでやってきてのだろう。
野党にしたって真実に辿り着かなくても安倍の支持率落とせば御の字な訳だし、もはや国会とはなんなのだろうかね。

・野党も毎回同じ轍を踏む。もう少し違う戦略を練れないものか。自分たちには政権を日本の将来を担うだけの力はないと分かっているはずである。

・可決されても、国内外の問題は山積み。

短命総理を据え置き、又選挙になるの確率は高い。

強姿勢の外交も、一変して言われるままになる可能性もある。

正に税金泥棒化してません?

・野党とマスコミはスキャンダルっぽい話に有権者が反応してた過去の経験から同じような行動を繰り返してる。ダマされた事に有権者が気付いてる事に気付いてないのか、ただの現実逃避なのか。

・政権交代するにしも党名だけ変えて中身はダメだった時代と同じだからな。政策で勝負する訳でもなく、相手のミスを待ってましたと突いて落とそうとするやり方が気に入らない。

・国会閉じられたらマスコミも落ち着いて、国民も忘れてきて、いつの間にかモリカケみたいに過去のことみたいにされちゃうから、不信任案出してでも国会を延長させたい気持ちは分かるが、瞬殺で否決されて閉会終了になりそうな気がする。

・桜を見る会に招待された方は功績が有る呼ばれる事は誉れで有り名前を国民の前で言う事は個人情報でしょうか?それでは文化勲章等の受賞者も個人情報で名前は言わない方が?

・野党はその存在理由を自民より優れた政治ができることで存在をアピールしてほしい。決して揚げ足取りに終始する人間を支持者は選んだのではないと思う。自身の政治家として存在できる理由を根本的にはき違えているといつも思います。自民もそうだが残念ながら優れた政治家だなと思える方が野党にはあまりいらっしゃらない気がする。それとも愚か者の中で埋もれてしまうのか。

・初めから審議拒否をしてすぐに審議に応じるなんて信念のないことをするから打つ手がなくなり内閣不信任案ということになるのでは?
中途半端なところでいつも妥協するから野党は信用されないと思います!
やるのであれば徹底的にやるべきだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧