• HOME
  • 記事一覧
  • 政治ニュース , 野党
  • 野党、桜追及に76人も国会議員を投入!しかし、黒岩議員も「小西君やめて!話長すぎ!」と内輪もめ!一日に593万円が人件費だけで消える、壮大な無駄遣い!

野党、桜追及に76人も国会議員を投入!しかし、黒岩議員も「小西君やめて!話長すぎ!」と内輪もめ!一日に593万円が人件費だけで消える、壮大な無駄遣い!

壮大な無駄遣いが始まった!野党は桜を見る会を追求するためと称して76名の国会議員から構成される追及チームが結成されたのだ。

76名もの国会議員の歳費と文書交通費は、1日当たり約593万円がかかる。それも5000万円のイベントを追求する為に、だ。しかも、その活動は、安倍総理の地元に押し掛けてみたり、シュレッダーを見学してみたりと意味不明な行動ばかりだったのだ。

野党、桜追及本部を設置し、国会議員を76人も配置!一日に593万円が消えていく!

11月25日、立憲民主党、国民民主党、日本共産党、社民党、れいわ新選組、その他の野党各派は、「桜を見る会」の徹底追及を図ると称し、追及本部を設置、初会合を開いた。

総勢76名の国会議員が参画し、もはや新党「桜を見る会」といっても過言ではない規模だ。

国会議員1人当たりかかるコストは、月額129万4000円の歳費と月額100万円の文書通信交通滞在費である。その他にも政党助成金や交通機関フリーパスなど様々な特権があるが、これだけで計算すると76人の国会議員の1日当たりのコストはざっくり計算すると593万円である。

5000万円の問題を追いかければ、9日間で赤字になる計算だ。

謎過ぎる人事!大丈夫ですか?黒岩先生も「小西くん、やめて!話長すぎ!」と悲鳴!

しかも、この追及本部、人事と配置が謎過ぎるのだ。

本部長は福山幹事長(立民)、本部長代行は小池共産党書記局長、副本部長は安住国対委員長(立民)、原口国対委員長(立民)、穀田国対委員長(共産)、事務局長に黒岩宇洋議員(立民)が配置された。説明責任をいろいろ果たさなければならないメンバーが並んでいることは、あいも変わらずだが驚きだ。こんな陣容で追求するとは。。。

写真で見ただけで久兵衛の寿司と決めつけた挙句、店主に否定されたのに、いまだにお詫びも訂正もしていない、黒岩議員が事務局長なのだ。

しかも、「山口・下関ルート」「ホテルルート」「『桜を見る会』調査(招待者・予算・セキュリティー)」「昭恵夫人ルート」「名簿調査(名簿作成・破棄過程)」「ネット調査」「リアルメディア調査」「法務」の8班を結成したというが、謎過ぎる分担だ。

昭恵夫人ルートと山口・下関ルートは一緒でよいのではないか?とかホテルルートがあるのに旅行会社ルートは作らなくてよいのか?だとかネット調査はまさか検索するだけの仕事ではないですよね?とツッコミどころ満載である。

各ルート班の班長も大丈夫なのか?と言いたくなる配置だ。

山口・下関ルート班 柚木道義キャップ

ホテルルート班 今井雅人キャップ

昭恵夫人ルート班 小西ひろゆきキャップ

リアルメディア調査班 杉尾秀哉キャップ

案の定、小西ひろゆき参議院議員が暴走して、久兵衛デマの黒岩議員に「話長いからもうやめて!」と悲鳴のような説教をされる始末。

やっていることは官僚いじめ、シュレッダー見物、下関への旅

しかも、この76人がやっているのは、官僚いじめ、シュレッダー見物、下関見物なのだからどうしようもない。

あの原口一博衆議院議員ですら、繰り返し注意するほど、「合同ヒアリング」と称して官僚への不毛ないじめを連日、私たちの税金で行っているのだ!!!

吊り上げる政治家も吊り上げられる官僚も我々の税金で動いているのである。

また、彼らの主要な動きと言えば、メディアを引き連れてのアポなし直撃だ。アポなしで内閣府におしかけて拒否された彼らは、翌日再訪し、念願のシュレッダーを見ることに成功した。

そして、紙を裁断する秒数を図ると満足して引き上げていった。

しかも写真を見る限り、裏紙でなく新しい紙を使われているようだ。つまり環境破壊にも協力。

いったい何の意味があるか理解不能だ。繰り返すが、彼らの活動には1日当たり593万円もかかっているのである。

593万円かけて、シュレッダーの性能を確かめたのだ。

その挙句、12月1日、野党の追及本部は、安倍総理の地元・山口県下関市を訪れ、地方議員や住民へのヒアリングをした。しかし、具体的な証拠は手に入らず、単なる旅行で終わってしまった。そんなことも事前に想像ができないというのも驚きだ。

補正予算10兆円よりも5000万円のイベントに夢中!76名も投入する愚かしさ

現在、安倍政権は予算10兆円という大型補正予算の策定を進めている。13日には補正予算案がまとまる予定だが、明らかにこちらが国民生活にとって重大事だろう。

この補正予算の総額は政府案よりも高くあるべきか、それとも低くあるべきか、そして、中身はどうあるべきかこそ、国政の主要課題だ。

しかし、野党はこの国民生活にかかわる明日の10兆円よりも、安倍塑政権に少しでも傷をつけるための半年前の5000万円が大事なのだ。

国民の生活よりも権力欲を優先するのが野党なのだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧