• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 医療支援などの活動を続ける中村哲医師が死亡 アフガン東部で銃撃 ネット「ノーベル平和賞が相応しい人だった」

医療支援などの活動を続ける中村哲医師が死亡 アフガン東部で銃撃 ネット「ノーベル平和賞が相応しい人だった」

 【シンガポール=森浩】アフガニスタン東部ナンガルハル州ジャララバードで4日、現地で医療支援などの活動を続ける日本人医師、中村哲さん(73)らが乗った車が武装勢力に襲撃された。ロイター通信などによると、中村さんは右胸に銃弾を受け、撃たれた直後は意識があったが、運ばれた病院で死亡した。

地元警察によると、同乗していたボディーガードと運転手らアフガン人5人も死亡した。銃撃現場には中村医師以外に日本人はいなかった。犯行声明は出ていないが、イスラム原理主義勢力タリバンは関与を否定している。

中村さんはアフガン支援を行う非政府組織「ペシャワール会」(福岡市)の現地代表で、長年にわたる医療支援や灌漑(かんがい)事業の指導などで、2018年にはアフガン政府から勲章を授与された。今年10月には名誉市民権も授与された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00000562-san-asia

ネットの反応

・うそでしょ・・・命に別状はないって言ってたのに・・・
この先生がアフガニスタンにもたらした功績は計り知れない。。
そんな功労者がこんな形で命を落とすなんて・・・

心からご冥福をお祈りします。

・神を信じるってなんなんだろうね。

いくら良い事をしていてもこんな形で命を消してしまう。
だから自分は無神論者なのです。

もしも神が居るならば、それは中村医師のような生きた人だと思う。

・マジか…言葉がない。本当かよ…この人こそノーベル平和賞が相応しい人だっただけに残念でならない。

今までの活動が神がかってただけに、無念過ぎる。国葬もんだわ。

・さっきまで「容態は安定」と報道されていたのに…。
医療、そして農作物の安定供給のため、アフガニスタンにあんなに尽くしておられたのに、残念でなりません。お悔やみ申し上げます。

・ジャーナリストや医療従事者の方など、危険地帯で活動をする方に敬意を表します。産経さんは中村さんの死去についてどのような論評をするのでしょうか?

・アフガンの砂漠にマルワリード水路を建設し、命を懸けてアフガニスタンの為に尽くした。
ご冥福をお祈りいたします。

・この方は政府側か反政府側かに関係なくアフガニスタンの為に尽力されていた方だ。
政治的な意図で狙うべき対象では無いだろ!

中村医師のこれまでの功績を称えると共にご冥福をお祈り致します。

・同じ危険地帯とは言っても某ジャーナリストとは目的が違う 。ご冥福をお祈りします。

・小学生と中学生の頃、中村先生についてのビデオを拝見し、アフガニスタンでの功績を知りました。
しかし、無念でなりません。
中村先生は福岡市民の誇りです。
ご冥福をお祈りします。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧