立民・枝野代表、合流協議提案へ調整 来週にも合流に向けた協議を 野党再編加速か

 立憲民主党の枝野幸男代表は、国民民主党などに来週にも合流に向けた協議を呼び掛ける方向で調整を始めた。複数の野党関係者が5日、明らかにした。次期衆院選を見据え、自民党に対抗できる野党勢力の結集を目指す。立民、国民両党幹部は非公式に協議を続けており、今後野党再編を巡る動きが加速しそうだ。

今国会は9日が会期末。関係者によると、野党が要求する会期延長が実現しなかった場合、枝野氏は速やかに国民の玉木雄一郎代表らに合流を視野に入れた協議を申し入れる考えだ。社民党にも呼び掛ける。

立民は衆参両院で国民、社民両党や野田佳彦前首相ら無所属議員と統一会派を結成している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00000009-kyodonews-pol

ネットの反応

・政権失って7年、何してたん?
政党名を変えて素知らぬふりではなく、まず反省からでしょう?
そして、何故、7年前失敗したのか?何故今なら、上手く政権運営できるのか?国民が納得できる説明をして欲しい。
それができれば、政権も獲得できる。
説明責任は自公の専売特許ではない、君ら野党こそ果たすべきだ。

・民主党の失敗から何も学んでないなという印象。結局政策がない、あっても詰められてないから、内部から瓦解していったわけで。

衆院選で議席を獲ることは重要だけど、それが本来の目的ではないはず。

・大義と言うよりは個人のその場その場の方便で離合集散を繰り返し、国民の信用を失う。
「民主党リターンズ」だの「共に民主党」あたりのレッテルを貼られ、有権者には悪夢を蘇らせるだけ。「一度任せてくれ」と大見栄切ってもたらされた大惨事を忘れるほど時間は経ってない。

・惜敗率の高い国民中堅と合流すれば、立憲の一年生議員は沈没することになるばかりか、方向性の異なる他党との合流は、
もともと分裂した原因をまた抱えることになるだけ。
同じ事を何回繰り返せば学習するのだろうね?

・よっぽど仲がいい同士が合併しても主導権争い、ポスト争いで揉めるのに、普段から議員同士の罵倒がしょっちゅうある同士でくっつくなんて愚の骨頂。
菅と玉木が同じ党になるとか。
民主党政権が崩壊する一因になったドロドロの内部抗争がまた起こって、ますます国民の支持を失うのが目に見えてる。

・思想的にはそれぞれ大して変わりはないのに、お互い意地の張り合い?
それぞれ意見があって、民主的と言えば民主的だけど。
このまま自民党にやりたい放題で良いわけないでしょう。
バレる幼稚なウソで何でも乗り切る。
もう嘘つき自民党は応援しない。
野党のままでいいから、一つの党としてもう少し議席を増やして 国民の為に頑張って欲しい。無理かあ?

・期待してただけに、ひどすぎる民主党政権で懲りました。野党には政権運営能力はないです。再編などやったところで、支持は増えないですよ。そんなことばかりしてって感じです。それより、鳩さんをなんとかしたらどうですか?ものすごい活動してますからね。あなたたちへの逆風吹きまくりですよ。

・安倍一強に対峙するには合流?悪夢の民主党、あの酷い時代に戻っていいの?と言われ続け来年2020年になろとしている。長期政権による軋み、おごり、たるみと言葉にこと欠ない最近。来年に予想される総選挙、一強に勝負するにはあのトラウマの壁を超えなければならない。前門の虎と後門の虎、れいわ新選組と向き合わなければならず、大勝負になると思う。

・一見民主党が本当に民主党になんの?
意味がわからないんだけど…
超円高放置してた頃から何か成長したのだろうか。

・一つの大きな野党として、まとまりのある党運営を行なっていただければと思います。
「選択肢のある政治」が、本来あるべき健全な姿。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧