• HOME
  • 記事一覧
  • その他 , 野党
  • 石垣のりこ「山本太郎はレイシストを呼ぶとは何事か!」→ 山本太郎「ネットではレイシストを呼ぶなという声がありました」と誤魔化す!統率力0を露呈!

石垣のりこ「山本太郎はレイシストを呼ぶとは何事か!」→ 山本太郎「ネットではレイシストを呼ぶなという声がありました」と誤魔化す!統率力0を露呈!

次期国政選挙で、野党の中心になろうとしている山本太郎氏。山本氏が、その第一歩として仕掛けたのが、消費税減税に関する勉強会の立ち上げだ。

消費税減税は、山本氏の代表的なポピュリズム策でもある。

山本氏の勉強会に警戒していた立憲民主党

勉強会の立ち上げに、警戒感をあらわにしたのが野党第一党の立憲民主党だ。立憲民主党は、党派横断的な勉強会に関して、あるお達しを出した。

逢坂誠二・政務調査会長と蓮舫・参院幹事長の連名で「研究会・勉強会等の参加に関するご要請」なる文書を若手・中堅議員らに配布。こう記されていた。

〈他党の政治家や会派を共にしない方々との勉強会や研究会等につきましては、政策の一貫性を維持するためにも党所属議員へのご案内等がございましたら、まずは政務調査会長、または参院幹事長まで確認をお願いしたいと存じます〉

引用元 立憲民主が“圧力文書” れいわ山本代表「消費税減税研究会」会合に行くな

野党第一党立憲民主党の大幹部である逢坂誠二政調会長、蓮舫参院幹事長の連名で出された通達。これによって立憲民主党が、山本氏をいかに警戒しているかわかる。

開催された勉強会は、たった22人しか集まらず

立憲民主党に警戒されながらも初会合にたどり着いた山本氏。山本氏が狙う野党の盟主にしては、参加人数が少々寂しい。

初会合には立憲民主、国民民主、れいわ各党や無所属の国会議員計22人が出席。馬淵、山本両氏が共同代表、国民の大西健介衆院議員が事務局長に就任した。

引用元 馬淵澄夫氏と山本太郎氏の消費税減税研究会に議員22人

思いのほか集まらなかった山本氏の勉強会。しかし、彼にはさらなる事態が待っていた。

山本氏への反乱!山本氏は対処できるのか?!

山本氏が立ち上げた消費税減税の勉強会。7月の参院選で、消費税廃止を訴え、れいわ新選組と共同歩調を見せた、石垣のりこ氏も当然だが勉強会メンバーに名を連ねた。

しかし、石垣氏は、11月28日に開催された会合への参加を見送った。あんなに選挙中に山本太郎氏に世話になったのに。薄情な人だ。

立憲民主党の石垣のり子参院議員が、れいわ新選組の山本太郎代表と野党統一会派に参加する馬淵澄夫元国土交通相が共催する「消費税減税研究会」の講師に嘉悦大の高橋洋一教授が招かれたことに反発し、28日に国会内で開かれた会合への出席を見合わせた。ツイッターで「レイシズムとファシズムに加担するような人物を講師に呼ぶ研究会には参加できません」と発信した。

引用元 立民・石垣氏が山本太郎氏の減税研究会を欠席 「講師がレイシズムとファシズムに加担」と反発

石垣氏が示した姿勢に、山本氏はどのような対応をするのか。野党をまとめようとする人物の試金石である。

しかし、山本太郎氏がとったのは弥縫策であった。

勉強会の終了後、山本氏はブログで以下のように語っている。

11月28日に開かれた消費税減税研究会の講師として、
高橋洋一さんにお越しいただき、大変貴重なお話を伺うことができた。

一方でこの件に関し、レイシスト、ファシストと組んだ、講師にするとは何事か、という意見がネットを中心に聞かれた。

引用元 消費税減税研究会について。

ネットを中心にというが、これを発言したのは石垣議員だ。何故、石垣氏の名前を挙げ、事実を言うのではなく、「ネット」という言葉を使用したのか?まとめ記事の「ネットの声」みたいな表現で誤魔化すのはやめていただきたい。

山本氏の対応に、石垣氏は納得するのか。むしろ、怒るのではないか?

消費税をめぐり意見が一致していた山本氏と石垣氏。

今までも山本氏は、GSOMIAや難しい問題には首を突っ込もうとはしなかった。

そして、船後氏の一件にしても、手を差し伸べることもしなかった。(参考記事

これらからわかることだが、つまり、山本氏には、問題を治め、周囲を一致結束させるだけの力がないのだ。面倒な問題には知らんぷりか蓋をして誤魔化す。このような人物が野党の中核を担おうとするなど笑止千万だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧