北朝鮮、再び東倉里で「重大実験」 トランプ政権揺さぶり

北朝鮮の国防科学院報道官は14日、北西部、東倉里(トンチャンリ)の「西海(ソヘ)衛星発射場」で13日夜に「重大な実験」を再び実施したと朝鮮中央通信を通じて発表した。成果は北朝鮮の「戦略的核戦争抑止力をさらに強化するのに適用されるだろう」と強調した。

国防科学院は7日にも同発射場で「重大な実験」を行ったと翌日に公表していた。米本土を狙った大陸間弾道ミサイル(ICBM)にも用いられる液体燃料エンジンの燃焼実験だったと分析されている。今回も関連実験だった可能性が高く、13日午後10時41~48分に行われたとしている。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、非核化などをめぐる交渉の期限として年末を指定し、トランプ米政権に方針転換を要求している。今回は「核戦争抑止力の強化」をあえて明言することで、トランプ大統領が米朝対話の功績として誇るICBM発射や核実験の凍結を取り消す可能性に一層踏み込み、譲歩を迫る狙いのようだ。

米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」は13日までに、同発射場で引き続き活動が確認されたとする、衛星画像に基づく分析結果を発表。ロケット用エンジンの垂直式燃焼実験台の周辺に全長10メートルのトラックや、クレーンとみられる物体が新たに捕捉されたとしていた。

北朝鮮が「人工衛星打ち上げ」と称した事実上の長距離弾道ミサイルの発射を計画している可能性も指摘され、日米韓当局が警戒を強めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191214-00000536-san-kr

ネットの反応

・アメリカのクリスマス休暇を考えると、あと1週間しか時間が残ってない事を考えると
もう米朝交渉は事実上終わったな

これからは年明けには核実験&連発でミサイル発射が行われるだろうね
それでも日本は遺憾砲しか発射出来ないけどね

・年末に米朝間交渉が頓挫したら新年早々にミサイル発射と思われ。

・トランプは何もしないと鷹を括っているようだが、やる時はやるんですよあの人は。イスラム国のトップはどうなりましたか。

・トランプさん。
斬首作戦のそろそろ開始時期かと思われますが、如何でしょうか?

・緊張感が高まりつつあると思うが、わが国は桜が散らないことに必死の方々がいるという状況だからね。平和だなぁ~。

・トランプが切れるのはある日突然なので、豚頭切断作戦による半島の崩壊劇が楽しみです。

・トランプがその気になれば北朝鮮なんて一瞬で消せるのにトランプを挑発するなど自滅だと思う。だいぶ調子に乗っていますが良いのでしょうか?
そろそろお灸を据えられてしまうのでは

・北朝鮮が米国に「クリスマスのプレゼント」を贈ると脅しをかけたから、
もうそろそろ重大な動きがあるのかもね。

・今思うと、非核化会議の時、アメリカも合意しなくて正解だったな。今のミサイルも、その時は既に完成されてただろう。

・ギリギリまで脅して最後は引いての繰り返し。
もうずっとこうして時間稼ぎされている。
気が付けば核もミサイルも潜水艦も技術が向上して明確な脅威になってしまった。
今更だがもっと早い段階で一気に叩いてしまうべきだったね。

・結局、北朝鮮の時間稼ぎで終わりそうですね。
韓国と言う裏切りものがいるので、経済制裁も何れだけ効果があるのか疑問ですが、後一歩にも思えます。ここは更なる制裁を北朝鮮、韓国共々に掛ける時だと思います。

・桜の追及も重要かもしれないけど、そろそろマスコミやワイドショーに任せて、国会議員は北朝鮮への対応を議論しておかないと。これこそ閉会中であっても審議すべき問題だよね、国民の生命、財産にかかわる問題なのだから。

・アメリカが北への警告含めて様々な偵察機を飛ばしていることは、いつ何時でも先制攻撃が出来る態勢を整えているのだと思う。空母は目立つからまだ派遣して無いが原潜は日本海に集結しているかも。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧