自民党・岸田政調会長「徴用工法案」に疑問呈す「今後、何を約束してもひっくり返る可能性が出てきてしまう」

 自民党の岸田政調会長は、徴用工問題の解決策として財団を設立することなどを盛り込んだ法案が韓国の国会で提出されたことについて、その実効性に疑問を呈しました。

岸田氏は、韓国の前の政権との間で慰安婦合意をまとめた際の外務大臣ですが、現在の文在寅(ムン・ジェイン)政権が合意に反する対応を取っているとの認識を示し、次のように述べました。
「慰安婦問題における財団を勝手に解散した国が、(徴用工問題で)今度新たな財団を作るという提案をする。どこまで説得力があるんだろうなと」(自民党 岸田文雄政調会長)

その上で岸田氏は、「今後、何を約束してもひっくり返る可能性が出てきてしまう」と懸念を示し、徴用工問題について、“完全かつ最終的に解決済み”とした日韓請求権協定を韓国は守らなければならないとの考えを強調しました。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20191219-00000012-jnn-pol

ネットの反応

・慰安婦財団も勝手に解散、解決済みの問題をことごとく蒸し返す国と距離を置くことが、日本の明るい未来につながると思う。

・人としての約束を守れないような相手とは、個人間でもお付き合いはできませんよね。
まして国と国の間の約束です。
それも一度や二度ではありません。
本来なら対話すらしたくないのが本音です。

・この国は自分達に都合のよい解釈をし他人に対する迷惑などを全く考えることのできない幼稚な国です。なので今回のように日本の立場をしっかりと海外に発信すればよいと思います。
今後もこの国に対し一切の妥協はしないようお願いします。

・ひっくり返す可能性ではない。
必然。
自分で提案しておいて、どんどん
自分に都合よく改変するよ。
約束も合意も条約も
何様国には意味をなさない。

・>「今後、何を約束してもひっくり返る可能性が出てきてしまう」

今更感はあるが、しっかり学習できているのは良い事だと思う。これからは、常にこれを頭の中に叩き込んで対応して欲しい

・この人はちゃんとあの財団が解散しちゃったこと疑問に持ったんだね。
詐欺財団だったよ。億単位のお金を財団メンバーで山分けしたんだな。
疑問に思っただけじゃなく、声を大にして政府に訴えてほしい。

・韓国にナメられてるのは、あなたの外相時代の対応のツケもあるのでは!?

育ちの良い坊ちゃんの印象でしかなく、毅然とした対応を取ることが出来ないタイプ。

まだ、河野外相の方が断然良かった!

・とっくの昔に終わっている話。
日本政府としては反応する必要すらないと思いますよ。

・> 「今後、何を約束してもひっくり返る可能性が出てきてしまう」

韓国にとって約束とは「相手を縛り付けるもの」という意味なのでどのような約束が結ばれようと守り続けることはあり得ない。(例外的に自分に利益がある時だけは守り続けるが、それも利益がなくなればすぐに破る。)

・今の姿勢をどの時代になっても貫いて下さい、国交が上手く行かないから一部見直すとか絶対しない様お願いします。

・今回の徴用工案も
金を受け取ったら裁判できなくなるが
受け取らなければ裁判ができるらしいし、
何より徴用被害者と言われる奴だけでなく
日本軍に関係した奴なら誰でも被害者として認められ、結局恩給と同じものになる危険性すらある。
そういう都合の良い解釈できる案などで妥協できるはずがない。

・韓国内の問題 日本人も含めた財団など有り得ない
どうせ一時的に徴用工問題を塞ぐ為のものであり、日本が優しい態度をとれば解散してまた蒸し返してくることは確実

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧