ツッコミどころ満載…立民・枝野氏が「野党連合」呼びかけ 安倍首相は解散スイッチ入った!?

立憲民主党の枝野幸男代表が、国民民主党や社民党などに野党合流を呼びかけた。この話は、どこから見ても、ツッコミどころ満載である。

まず、枝野氏は「永田町の数合わせにはくみしない」と繰り返し、他の野党との合流をきっぱり拒否していたのではなかったか。今回の呼びかけは180度の方針転換だ。

なぜ、ここに来て突然、態度を豹変(ひょうへん)させたのか。枝野氏は「強力に安倍晋三政権に対峙(たいじ)するため」などと説明しているが、そんなきれい事でないのはミエミエである。

2018年の政治資金収支報告書によれば、立憲民主党の収入は約36億円だったのに対して、国民民主党は倍近い約65億円もある。加えて、国民民主党には旧民進党時代からの蓄えもあるだろう。ズバリ言えば、枝野氏は国民民主党のカネ目当てで、合流を呼びかけたのではないか。

年の瀬が迫ったタイミングだったのも、政党助成金狙いとみて間違いない。助成金の半分は毎年1月1日を基準にして、所属議員数の割合に応じて国庫から支給される。枝野氏は年末のうちに、議員を増やしたかったのだ。

肝心の政策はどうかといえば、立憲民主党は「原発ゼロ」を唱えているが、電力関係労組を支持者に抱える国民民主党は慎重だ。安全保障や憲法改正問題でも、立憲民主党はかたくなに安倍政権の路線に反対しているが、国民民主党は一定の理解を示している。

立憲民主党と国民民主党、それに野田佳彦元首相ら無所属議員の多くは旧民主党の流れをくむ議員たちだ。彼らは安保政策などで意見を異にしたから、分裂したのではなかったか。対立が解消したわけでもないのに、また合流とは「支持した有権者を無視している」と批判されても仕方がない。

日本共産党との関係はどうするのか。共産党は安保政策や自衛隊の位置付けで意見が違いすぎて、枝野氏は合流対象と考えていないようだ。そうだとすると、立憲民主党と国民民主党、社民党が1つにまとまっても、実は、政権奪取を展望する勢力規模に届きそうにない。

例えば、前回2017年10月の衆院選・比例代表で、自民党と公明党の連立政権与党は2552万票を獲得した。これに対し、立憲民主党と、国民民主党の前身である希望の党は2075万票にすぎなかった。これに共産党の440万票を加えて、2515万票と、ようやく与党に拮抗(きっこう)するのだ。

つまり、与党から見ると、共産党を除外している限り、野党連合は「恐れるに足らない」。逆に、共産党が合流してくるようだと、大変な脅威になる。それは「桜を見る会」問題でも実証された。話が「桜」だったから、共闘できたが、安保や憲法となると、ああはいかない。私は「ぜひ、共産党に筋を通してもらいたい」と思う(笑)。

枝野氏が野党連合をブチ上げたので、安倍首相は衆院解散スイッチが入ってしまったかもしれない。立憲民主党は2月に党大会を開き、総選挙に備える方針だ。安倍首相がそこまで待っているかどうか。

敵の司令官が「2月から総攻撃をかける」と言っているなら、先手必勝と考えるのが普通だろう。私は政局がにわかに動き出した、とみる。

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/191221/pol1912210001-n1.html

ネットの反応

・こんな、何の政策もなく、新聞や週刊誌から借りたネタを使って、政権のスキャンダル追及しかしない国会議員らに、本体(議員報酬)だけで2,000万円/年、諸々の諸経費を合わせて、数千万円という給料は高すぎます。
それでいて、与党が呼びかける憲法調査会などの議論の場には出て来なかったりしてサボタージュばかりしている「国会議員」が、一体どこの国にいるのでしょうか?
こんな連中には、週刊誌記者の給料(推定数百万円)だけで十分です。
いなくても良いくらい・・。

・菅と枝野は原発を自分の手で吹っ飛ばした責任を全く感じていない。
メルトダウンは自民他の共同責任かもしれない。
しかし水素爆発は原子炉のメルトダウンが原因で吹っ飛んだわけではない。
膨大な地域を使用不能にした彼らの行いは日本どころか世界に証人がいる。
この2人だけは3人の東電の老人と一緒に豚箱で余生を送らせるべきである。

・盛り上がりたいだけの、いっけん民主党。もう少しまともだったら良かったのにね

・まともな政策協議できない左派野党は要らない!
多くの国民も飽き飽きしているいる。
もう昔みたいに夢を語って政権交代なんて絶対ありませんよ!
それより破滅へ向かって進んで下さい!
多くの国民は左派政党には期待していません!

・枝野、辻本、蓮舫、有田、菅、・・・、こういった輩は毎日、地道に働いている日本人を思い図ることはないのだろうな。
害を与えるだけで自ら益をもたらすことはない。
寄生虫のようなものか。

・今の自民にこれ以上の期待はしてないけど、野党は信頼すらしてないよ

・>枝野氏は「永田町の数合わせにはくみしない」と繰り返し、他の野党との合流をきっぱり拒否していたのではなかったか。

確かにそうですね。
だから結党当時、その潔さに感銘して票を入れた有権者もいたと思います。
それが崩れた以上、この「野党連合」ならぬ「野合」は失敗に終わると思います。
ご愁傷さまでした・・。

・何処の国でも、「民主」と名のつく政党は、政権につくと国を滅ぼします!

・信念・理念がない、昔はそれなりの・・。金を稼がないと生きていけないことを知って・・。
いずれにしても、国民が期待する国会議員としての仕事は全然してません。反対・反対で存在してることをみせてるだけ。税金の無駄遣い、そのものです。
自分の生活のため、パホーマンスで生きてる輩は排除するのが国の為です。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧