• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 【北海道 表現の自由と不自由展2019】小野寺まさる氏「東條英機元首相写真を燃やすという死者を冒涜する代物で、まだ生きている保守側に近い方々の写真も次々に焼く有様」

【北海道 表現の自由と不自由展2019】小野寺まさる氏「東條英機元首相写真を燃やすという死者を冒涜する代物で、まだ生きている保守側に近い方々の写真も次々に焼く有様」

愛知で一時中止になった「表現の不自由展・その後」の問題を考える「北海道・表現の自由と不自由展」が札幌で開かれています。
「北海道・表現の自由と不自由展」は国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」を巡る問題を考えようと有志が開催しました。
展示会では従軍慰安婦問題で議論となっていた「平和の少女像」のレプリカやアイヌ民族の文化や権利について展示しています。
また、ことし7月参院選で安倍総理の街頭演説中にヤジを飛ばした人が排除された問題に関する映像や資料も公開されました。
この展示会はきょう一日だけの開催です。

https://www.htb.co.jp/news/archives_6335.html

ネットの反応

・実在する人物の写真を燃やしてそれを公開するのは名誉棄損で訴えられる可能性があるがいいのかw

・名古屋から始まり日本各地でバカやってるんですね。 日本乗っ取り計画でしょうか? 絶対に許してはいけません。

・表現の自由ネェ…。 頭のネジが緩んだ奴の戯れ事じゃねぇか(-.-#)

・これはひどすぎる

・酷いなんてもんじゃない 日本人は死者に鞭打たない文化 これ日本人の感性じゃない

・ソウルでよくやってるデモとおんなじですね。 気に喰わない日本人の写真は焼く、破く、踏みつける。 上皇陛下も安倍総理もやられてた。 この北海道のは感覚が似ているというか、同じ民族の人たちの仕業なのかも知れませんね。

・動画見て 吐き気がします。 まだ活躍なさってる方への憎悪はヘイトクライムそのもの。 道民として この展示が許されているのが恥ずかしく、怒りや悲しみ悔しさを強く感じました。 表現の自由はどこまで許されるのでしょうか。 公費開催なのか私費開催なのかも気になります。

・なんだこれ…… 言葉を失う 精神テロリズムだろこれ

・なぜこんな酷いことが出来るのか…。理解できませんし、したくもありません

・芸術って言う名の暴力でしょう! 芸術家名乗ればなんでも可能では秩序もクソも保てなくなります!

・これも公的な資金が使われているのですか?

・こんなんまじで芸術作品ちゃうやん…

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧