日米首脳が電話会談 安倍首相「北朝鮮の挑発行動を断固批判」 北朝鮮情勢を分析、対応を擦り合わせ

安倍晋三首相は21日夜、トランプ米大統領と電話会談した。緊張が高まる北朝鮮情勢をめぐって意見交換し、日米の緊密な連携を改めて確認した。会談はトランプ氏の要請で約75分間行われた。

首相は会談後、公邸で記者団に「トランプ大統領とは最新の北朝鮮の情勢について分析し、今後の対応について、綿密なすり合わせを行った」と会談について説明した。

その上で「日本としては米朝プロセスを完全に支持する」と強調し、「北朝鮮の危険な挑発行動を断固批判するとともに、平和的な対話を通じて、北朝鮮が朝鮮半島の非核化に向けて取り組むよう強く求めていく」と述べた。

首相は会談で、23日から訪中し中国の習近平国家主席との会談や、日中韓3カ国首脳によるサミットを開催することを説明し「この地域の平和と安定に向けて中国、韓国ともしっかりと連携したい」と述べた。

関係筋によると、トランプ氏は首相に対し、23日の習氏との会談で「北朝鮮が挑発行動をやめるよう、北朝鮮に働きかけることを伝えてほしい」と述べたという。

一方、首相は、20日に官邸で行われたイランのロウハニ大統領との会談についてもトランプ氏に説明し、中東の緊張緩和と情勢の安定化に向け、引き続き緊密に連携していくことで一致した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191222-00000509-san-pol

ネットの反応

・北はもはや核もICBMも人質も棄てないと、
十分過ぎるほど意志を示した。
約束など端っから守る気はなかった。
いまだに小賢しい条件闘争を仕掛けてる北に、
カウントダウンを告げている段階。
数日中に0になるでしょう。
日本にも自衛権発動の時が来ている。

・北の非核化を求めてもまず核を放棄するはずが無い、もっと具体的で現実的な方法を打ち出さないと説得力も無いし、日米協力するのは当たり前だが、立場と状況が違うのだから日本独自の対策を考えて欲しい。

・危機に対しての軍事評論家や米国シンクタンクの意見も報じ、日本人の意識が高まる様にして欲しい。
イージスアショアの有効性や、現憲法下ではミサイル攻撃されてから反撃するしかない等現実的なな情報も知りたい。
桜を見る会は他社に任せて、産経には国民が知りたい情報を届けてもらいたい。

・以前から日本は、北朝鮮がアメリカ本土に到達するミサイルを開発なり発射した時が、レッドラインだと言われてたけど、それって当たり前の話であって何も不思議ではない。むしろ日本こそ、すでに数年前のうちに、核を落とされてもおかしくない体制を作られておいて、危機感もなく、現状の対応っていうのが、信じられないし恐ろしいですわ。その当時から日本も報復抑止力として、核武装するべきだったし、憲法9条なんて消えてるべきだったんですよ。東京に核を落とされてから後悔するのでしょうかね。

・今の状況だと、こうした態度で出るのは当然の事です。変に、憲法改正阻止している国会議員の方々は。「大丈夫大丈夫、日本は平和だから。」と、声を出してれば良いのでしょうか?危機管理を学習していない日本人も多いです。強く出る時には出て下さい。そして、1日も早く憲法改正(国際法)をお願いいたします。制裁は緩めずお願いします。

・75分か、通訳入って半分としても40分。結構長く話したね。
イランの話もしただろうけど、北朝鮮問題が大半だろう。最悪の場合の軍事的な行動をトランプさんから説明されたかもしれないね。

・北朝鮮がクリスマスプレゼントと唱うし何をやってくるのかが懸念されます。アメリカは北の出方に対して、どんな対応にも対処できる準備もしているようです。場合によっては有事へと発展するのか。何だかキナ臭い臭いがします。この年末から年始にかけて目が離せません。日本も用心だけはしておく必要があると思います。

・遂にアメリカがしびれを切らして北朝鮮を攻撃する時が来てしまうのか?
今調べたが、次の新月が12月26日。
その日に何かが起きるかもしれない。
それなのに我が国の国会は閉会中。
まぁ~こんな大事な時に『桜を見る会』で、大事な議論が為されず国内外の問題をないがしろにされた事は残念でならない。
いや、残念ではなくて情けない、呆れるばかり。

・日米は経済制裁継続すれば特に問題ないと思うが、中国もさすがにこれ以上の兵器保有を許すべきではないと思う。
中国が本気で制裁すれば一発で折れてくると思うけどなぁ。

・きれい事言っても先に日本に核を落とされたら終わり。
それを口実にアメリカは北を制裁するのかも。

日本もいつまでもアメリカ頼りじゃ話にならない。

トランプの一連の動きを見ていると日本を捨て駒に考えてても
不思議では無い。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧