• HOME
  • 記事一覧
  • メディアニュース
  • 朝日・植村隆記者 「慰安婦誤報」で韓国から表彰、賞金100万円 植村氏「光栄です」「韓国の皆さんに感謝します」 ネット「無反省」「「慰安婦問題」捏造が韓国と植村の共同作業だったと証明された」

朝日・植村隆記者 「慰安婦誤報」で韓国から表彰、賞金100万円 植村氏「光栄です」「韓国の皆さんに感謝します」 ネット「無反省」「「慰安婦問題」捏造が韓国と植村の共同作業だったと証明された」

 いまから28年前。朝日新聞の植村隆記者は元慰安婦の肉声を報じた。慰安婦報道の先駆けである。5年半前に朝日を辞め、61歳となった植村氏。慰安婦報道の功績によって韓国で表彰されちゃったというのだが、ちょっと待って。あれは誤報のはずでは……。

植村氏が受け取ったのは賞牌、つまりメダルと賞金1千万ウォン。日本円にして約93万円である。

植村氏は、よっぽど嬉しかったに違いない。なにしろ、氏は朝日を離れて国内外の大学で研究員や非常勤講師、客員教授に就いても、慰安婦誤報の批判を受け続けた。

そんななか、韓国の「李泳禧(リヨンヒ)財団」からすぐれたジャーナリストを顕彰する賞に選ばれたのである。

財団は韓国の著名な民主化運動家、故・李泳禧氏の名を冠しており、今回の賞は、年に1度、真実の追求に努めたジャーナリストに与えているものだ。

その表彰式が今月4日にソウル市内で行われ、植村氏は、おおむね次のような受賞の弁を述べている。

「賞の受賞は、“負けずに頑張れ”という韓国ジャーナリズム界の大きな励ましだと思います。私を応援してくれる韓国の皆さんに感謝します。この受賞をきっかけに日本と韓国のリベラル勢力の交流が一層深まることを願っております」

光栄に思っています
植村氏はそのスピーチのなかで、

「安倍政権下で河野談話が無力化し、日本の侵略戦争による被害の記憶継承作業に対する攻撃が相次いでいます。こんな危険な風潮を変えていかなければならないと思います」

といった熱い思いも披瀝したのだが、元週刊朝日編集長の川村二郎氏は、

「植村くんの記事については朝日新聞も誤りを認め、謝罪したうえで訂正しています。朝日の慰安婦報道に関する騒動の火付け役になったようなものですから、吉田証言による“慰安婦狩り”記事のように取り消しまではされていないとはいえ16件の取り消し記事と同じ穴のムジナ。賞を受けるなんて恥ずべきことです」

と憤り、

「韓国側にとって都合のいい記事だったから受賞したのでしょうが、記者は本来、イデオロギーに縛られることなく中立の立場で事実を報じるべきです。あれで賞をもらうなんてジャーナリストの風上にも置けません。93万円の賞金まで受け取るなどもってのほかです。まともなジャーナリストであれば賞も賞金も辞退すると思います」

元朝日新聞ソウル特派員でジャーナリストの前川惠司氏は、

「私個人としては、植村さんの記事は朝日新聞が世間の信用を失うきっかけだったのではないかと考えています。朝日OBのなかにすら功名心に逸(はや)って取材を疎かにしてしまった植村さんや記事にかかわった人たちのことをよく思っていない人は一定数いるでしょう」

こうした意見を、当の植村氏はどう受け止めるか。

「私の記事が取り消された事実はなく、元慰安婦の被害の真実を明らかにしたこととその後の闘いが韓国でも認められたことを光栄に思っています」

と、おっしゃるのである。堂々たる無反省ぶりには、もはや怒りを通り越して呆れるほかない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191223-00598945-shincho-soci

植村氏が1991年8月11日に執筆した記事

元朝鮮人従軍慰安婦 戦後半世紀重い口開く
日中戦争や第二次大戦の際、「女子挺(てい)身隊」の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた「朝鮮人従軍慰安婦」のうち、一人がソウル市内に生存していることがわかり、「韓国挺身隊問題対策協議会」(尹貞玉・共同代表、十六団体約三十万人)が聞き取り作業を始めた。同協議会は十日、女性の話を録音したテープを朝日新聞記者に公開した。テープの中で女性は「思い出すと今でも身の毛がよだつ」と語っている。体験をひた隠しにしてきた彼女らの重い口が、戦後半世紀近くたって、やっと開き始めた。

尹代表らによると、この女性は六十八歳で、ソウル市内に一人で住んでいる。(中略)女性の話によると、中国東北部で生まれ、十七歳の時、だまされて慰安婦にされた。二、三百人の部隊がいる中国南部の慰安所に連れて行かれた。慰安所は民家を使っていた。五人の朝鮮人女性がおり、一人に一室が与えられた。女性は「春子」(仮名)と日本名を付けられた。一番年上の女性が日本語を話し、将校の相手をしていた。残りの四人が一般の兵士二、三百人を受け持ち、毎日三、四人の相手をさせられたという。「監禁されて、逃げ出したいという思いしかなかった。相手が来ないように思いつづけた」という。また週に一回は軍医の検診があった。数ヶ月働かされたが、逃げることができ、戦後になってソウルへ戻った。結婚したが夫や子供も亡くなり、現在は生活保護を受けながら、暮らしている
— 植村隆、朝日新聞大阪版27面 1991年8月11日

2014年12月23日、朝日新聞社は上記の植村氏の記事について、『記事の本文はこの女性の話として「だまされて慰安婦にされた」と書いています。この女性が挺身隊の名で戦場に連行された事実はありません。前文の「『女子挺身隊』の名で戦場に連行され」とした部分は誤りとして、おわびして訂正します。』と謝罪記事を掲載している。

誤報に対して表彰をする韓国にも呆れるが、韓国にとっては都合のいい報道で、むしろ、誤報を表彰され「光栄です」と語る植村氏にジャーナリストを語る資格はない。

ネットの反応

・植村には天罰が必ず下る。植村の捏造記事で多くの日本人が傷つけられた。また経済的損失も莫大。到底許される話では無い。

・この人に限らず、朝日の記者って記事は適当でプライドは高い人多いよね。

・「誤報」ではなく、長年にわたり意図的に報道し続けたので「捏造」。それを光栄とは常軌を逸している、これが反日マスコミの正体だ。

・半世紀近く取っていた朝日新聞をやめました。

上っ面をなでるだけの記事、偏る見方。ついていけなくなりました。

不買を煽る気はないですが確実に読者は離れていくでしょうね。

・責任の全てはこいつにある。

・こんな日本人がいるのかと思うと情けなくなる。それにしても、まだ、朝日新聞をとっている人がいることが理解できない。
植村と朝日に天罰を!

・朝日の無自覚はぶりは、左翼メディア全体の凋落が顕著になっている。
その分国民がだまされなくなったのはよかったが、対外関係に大きなマイナスであることは確かである。

・これで完全にジャーナリストではないことが確定してしまいましたね。ネタを売ったのだから。

・マスコミの世論操作は本当に恐ろしい。
今叩いてる山口さんの事も、ものすごく伊藤詩織さん側に偏った報道で違和感を感じる。
この問題が起こる前は山口さんといえばライダイハンをスクープした人としてネットでは知られてたが、その事もなぜそのスクープをTBSは報道許可せず揉み消したのか?
今回の事を多くの時間を使って報道ているが、その山口さんの功績には一切触れない。
報道しない自由発動。

・言論、報道の自由はわかりますが、本当にお金を受け取ったとしたら、国賊ですね。

・全く反省していないのが、よく分かりました。

・この男も彼の国も狂ってるね。
それと、「李泳禧(リヨンヒ)」というように彼の国の人名や地名を漢字で書いて彼の国の読み方を強要するのは辞めて欲しい。彼の国は漢字を捨てたのだからカタカナ表記だけにして欲しい。

・「ちょっと待って。あれは誤報のはずでは……。」

“誤報”ではなくて、“虚報”ですよね。
誤報より罪深いですよ。

・これで「慰安婦問題」捏造が韓国と植村の共同作業だったと
証明されたようなもんですね。
ジャーナリズムへの信用はガタガタです。
読者はいつも記事に対して疑いを持って読まないといけない。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧