• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 韓国・文議長が法案批判に反論 「首脳間の合意や宣言に盛り込むべきだ。韓国の国内法で明文化できない」

韓国・文議長が法案批判に反論 「首脳間の合意や宣言に盛り込むべきだ。韓国の国内法で明文化できない」

韓国の文喜相国会議長は22日、国会に提出した日韓の企業や個人から集めた寄付金をいわゆる元徴用工らに支給する法案をめぐり、元徴用工訴訟の原告側から「被害者への謝罪が義務付けられていない」と批判が出ていることに対し、日本の謝罪は「首脳間の合意や宣言に盛り込むべきだ。韓国の国内法で明文化できない」と反論した。

文議長は自身のホームページに説明を掲載し、法案の狙いを「両国の対話と和解に突破口を開くことだ」と強調。一方で「日本企業の責任が消滅するわけではない」「日本の謝罪を免除しようというものではない」として理解を求めた。

法案に関し韓国大統領府高官も「被告の日本企業が出資しなかった場合、問題解決につながらない可能性がある」と否定的な見解を示しており、法案によって徴用工問題が解決できるかどうかは不透明な状況だ。(共同)

http://www-origin.zakzak.co.jp/soc/news/191223/for1912230002-n1.html

ネットの反応

・明日の日韓首脳会談で、ムンムンに「約束守れ、金融制裁するぞ」って言えばOK。
一番、最高なのは「金融制裁発動したから、よろしく」って言わないかな

・あ~れ?解決済みの話しでしょう。韓国には
1965年。と云う年は、無かったんでしょうかね。不思議ですね。
首脳合意?首脳が代われば、約束を反古にする国と合意しても同じでしょう。だからしません。

・こんな案を出した、じてんで韓国には制裁を与えてもよいでしょう
だって、まずは売春婦の合意破棄をしてるのに、制裁を始めてないのは、何故でしょう
そろそろ、制裁を始めて、韓国から日本を切り離してほしいです。
韓国製品の日本での販売禁止や交流禁止などを含めた案を出すべき。
報復には倍返しが礼儀なのですよ。
だから、合意破棄をした時点で制裁を始めないから、こんな勝手な案を出して進める韓国を許してはいけない。
日本国民が、全て韓国を許さないと言う、ことを日本政府に訴えるべきですよ。

・昔日本に謝罪しろと言って、非難を浴び謝ったのでは。やっぱり謝っていなかったのだよ。朝日新聞、NHKがいい加減なことを報道したと言うことだろう。いわゆる曲解報道ね。

・本当に見苦しいですね~。嘘の上に論理を組み立てるからこうなるのです。そんな姑息な法案を弄り回さないで、最高裁判所の判決があるんだからっ。さっさと70年前の労働債権の現金化をすすめなよっ。そのときあなたたちがどうなるか見物ですぅ。いっとくけどあなたたちは世界中から嫌悪され嘲笑されているよっ。

・こんな おじさん何時まで 見せるの 嫌だから さようなら

・そういえば最近、議連の河村が出てこないが、
こんな案に賛成したのが恥ずかしくて出て来れないのか?

・韓国の国内法には日本は全然関心がないし、何の影響も受けない。
勝手に「あーでもない。こーでもない」と法案をいじくりまわして国内の消耗戦をやっていろ。

・ガマの案に乗ることに反対。
乗れば何某かの譲歩を見せることになり、日韓協定で解決済みとする日本政府の見解に疑義をもたらすことになる。
「徴用工」問題は一歩も譲ってはならない。
解決済みの姿勢を貫くべきだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧