• HOME
  • 記事一覧
  • メディアニュース
  • 中国当局、日中韓首脳会談で産経記者に取材に必要な記者証を発行しなかった⇒菅官房長官「表現の自由や法の支配などは国際社会の普遍的価値であり、いかなる国でも保障されるべき」

中国当局、日中韓首脳会談で産経記者に取材に必要な記者証を発行しなかった⇒菅官房長官「表現の自由や法の支配などは国際社会の普遍的価値であり、いかなる国でも保障されるべき」

中国当局は、産経新聞記者に対し、現場での取材に必要な記者証を発行しなかったという。

中国の四川省成都で24日開かれた日中韓首脳会談を巡り、議長国の中国が産経新聞の北京駐在記者2人に対し、現場での取材に必要な記者証を発行しなかった。日本政府関係者が明らかにした。中国側は理由について「会場の収容能力を超えた」と日本側に説明しているという。

産経新聞によると、記者証は日本外務省を通じて申請した。安倍晋三首相に同行した政治部記者と、ソウル駐在記者の計2人には記者証が発行されたという。日本政府は中国側に適切な対応を申し入れた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191225-00000004-kyodonews-int

菅官房長官は、表現の自由や法の支配などは国際社会の普遍的価値であり、いかなる国でも保障されるべきだという認識を示す。

菅官房長官は、記者会見で、中国で開かれた日中韓3か国の首脳会議で、産経新聞の記者に記者証が発行されなかったことを明らかにしたうえで、表現の自由や法の支配などは国際社会の普遍的価値であり、いかなる国でも保障されるべきだという認識を示しました。

この中で、菅官房長官は24日、中国で開かれた日中韓3か国の首脳会議で、日本政府が事前に記者証の発行を申請した175人のうち、産経新聞の中国総局所属の記者2人には発行されなかったことを明らかにしました。

そのうえで、菅官房長官は「政府としては、表現の自由を含む、自由、基本的人権の尊重、法の支配は国際社会における普遍的な価値であり、いかなる国においてもその保障は重要であるとしっかりと訴えていきたい」と述べました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191225/k10012227851000.html

ネットの反応

・共産主義などの左翼がお得意の言論統制ですね。
逆に言うと中国で取材を認められているメディアは中国に都合が良い報道・捏造しか記事にしないという事です。

・中国は言論統制の国だから日本の保守系の産経を嫌っているのでしょうがやり方が露骨ですね。こんな国のトップを国賓で迎えるなんて日本も落ちぶれたものです。親中派の政財界の人たちのなかには中国で臓器移植受けた人がかなりいるんじゃないかな?。誰か腐り切った日本を救ってください。

・人権蹂躙の政府に拒否されることは、長い目でみれば、産経の株を上げることになるだろう、と推測します。
悪質な者に好かれるより、「苦手」と思われる振る舞いをすることは、人間関係においてトラブルを回避する最も効果的な手段。
簡単に言えば、幸福へ進む人は悪魔には嫌われる。

・来年、天皇陛下がこのような国の代表とお会いになられるのが本当によいのか?

いま一度、考え直す出来事ではないですか。

・産経は中国に忖度してないという証明。
産経の中国に関する報道は、実際、重宝してる。

・ということは、産経が正しくて、取材を認められた他の新聞社が間違っているということだ。

・産経新聞は 日本の新聞社として認められたという事ですね おめでとうございます

朝日などのような売国捏造新聞と異なるメディアと中国政府が認めてくれたんですから

むしろ産経新聞は 誇るべきかと思います

・中国のマスコミの役割は共産党の広報を担うことで、批判したり疑問を問うことなどあり得ない。アカヒはコミンテルンの広報として、自由主義を否定し、独裁を民主と呼び共産主義の普及に邁進して中国や韓国左派の覚えはおめでたいようだね。

・要するに取材を拒否されたメディアだけが
現状信用に値するメディアってことだ。

・つまり…なんていうか…その…極端なんですが…ふふっ…中国政府が嫌うマスコミは少なからず信用できるということか?、考え方が偏っちゃい…ましたら失礼…

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧