中日新聞、1億700万の所得隠し…虚偽の取材先記載・人数水増し ネット「望月記者に追及してもらったらどうでしょう」

 中日新聞社(名古屋市中区)が名古屋国税局の税務調査を受け、今年3月までの4年間で約1億700万円の所得隠しを指摘されていたことがわかった。経理ミスなどを合わせた申告漏れの総額は約1億4300万円で、重加算税と過少申告加算税を含む追徴税額は約7200万円。同社は既に修正申告したという。

同社によると、同社は首都圏での新聞の販売促進業務をセールス業者に委託しているが、実際は販促業務をしていないことを知りながら、セールス業者に費用を支払い、経費として計上していた。また、同社の記者が飲食代の経費請求書に虚偽の取材先を記したり、人数を水増ししたりしていたという。

このほか、中日新聞社健康保険組合が運営する中日病院(同)に支払っていたコンサルタント料について、同国税局は寄付金と判断し、約3100万円の申告漏れを指摘した。

同社経営企画室の武藤正敏室次長は「一部に見解の相違はあったが、指摘を真摯(しんし)に受け止め、適正な経理処理、税務申告に努めます」としている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191226-00050147-yom-soci

ネットの反応

・中日新聞は7年前にも2億8600万円の所得隠しをしていました。

今回も億単位の同様の犯罪です。

これは所得隠しが常態化していると見ても言い過ぎではありません。

外部委託していた新規購読を担うセールス会社に関する架空経費の計上。

一番操作しやすい所の誤魔化し・・・

これはもう確信犯ですね。

今後、中日(東京)新聞が脱税を批判する記事を書いたとしても、その口で言えた義理か?と叩かれるのは必定。

ジャーナリズムの矜持を忘れないで欲しかったです。

ドラゴンズファンの一人として。

・同社によると、同社は首都圏での新聞の販売促進業務をセールス業者に委託しているが、実際は販促業務をしていないことを知りながら、セールス業者に費用を支払い、経費として計上していた。また、同社の記者が飲食代の経費請求書に虚偽の取材先を記したり、人数を水増ししたりしていたという。

やる気満々の脱税犯じゃねえか

・私は数年前に中日新聞の定期購読をやめました。
記者が世論を作る的な紙面に嫌気がさしました。
ここの社風なら、勘違いした社員は、「これが社会正義だ」と言って脱税も平気ですると、私は思います。

・中日新聞は極左で東海地方にフェイクニュースを垂れ流すので、廃刊して欲しい。
山尾しおりみたいな人が当選するのも中日新聞社の責任です。

・中日新聞・東京新聞の記事や社説は、かなり偏ってます。以前、記事のなかに、ネット署名のホームページアドレスが掲載されていたことも。
幅広い視野を習得してほしい子どもには、あまり読ませたくないです。まだ朝日のほうが、中立だと思ったことも。

・朝日新聞にも税務調査を入れて欲しい。
そうすると、どのくらいの押し紙があるのか
判明します。当然、実売数しか消費税を払っていないと思いますから。

・販促については何とも言えないけども、記者の虚偽の請求等については、報道した讀賣も含めどのマスコミも探られたくないんじゃないかなw

・虚偽の取材先記載や人数水増しって見解の相違ですませるレベルじゃないじゃん。都合のいい解釈。報道を語る資格なし。

・違反を知りながら取引するとは確信犯ですね。申告漏れではなく脱税じゃないですか。

・完全に犯罪ですね
今後どのツラ下げて報道に携わっていくのでしょうか?

・望月記者に追及してもらったらどうでしょうか

・これで国政へ批判するのか?
お役所仕事だなぁ中日さん

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧