• HOME
  • 記事一覧
  • 政治ニュース
  • 自衛隊中東派遣 政府、米イラン双方への配慮にじむ ロウハニ師「日本が透明性をもってイランに説明していることを評価する」

自衛隊中東派遣 政府、米イラン双方への配慮にじむ ロウハニ師「日本が透明性をもってイランに説明していることを評価する」

 日本政府は27日に閣議決定した中東海域への海上自衛隊派遣に向けた準備を時間をかけて慎重に進めた。安倍晋三首相は同日のBSテレ東番組収録で、対立する米国とイラン双方と日本が友好関係にあることに関し「仲介は簡単にはできないが、日本にしかできないことをやっていきたい」と強調した。

派遣は日本独自の取り組みだが、形式や内容には米イラン双方への配慮がにじむ。米国は5月以降、ホルムズ海峡付近でタンカー攻撃などが相次いだことを受け、地域で船舶警護を図る有志連合への参加を日本などに打診した。だが、「イラン包囲網」の色彩を帯びた有志連合に加われば、「日本は米国に加担した」とみなしたイランとの関係に亀裂が生じかねない。

一方、有志連合への参加は日米安全保障条約の義務ではないが、米国の要請を拒否し、日本だけ高みの見物を決め込めば対日不信を招き、日米同盟に波風が立ちかねない。そこで自衛隊を独自に派遣することで、地域の安定化に主体的に取り組む姿勢を米国など関係国に示しつつ、活動範囲からホルムズ海峡を除外してイランにも配慮した。

関係国の理解を得るための根回しも進めた。首相は20日、来日したイランのロウハニ大統領と会談し、海自派遣計画を説明。ロウハニ師は「日本が透明性をもってイランに説明していることを評価する」と理解を示した。政府は当初、20日の閣議決定も検討したが、同日来日したロウハニ師にも配慮し、27日とした。

首相は21日にはトランプ米大統領と電話で会談。ロウハニ師との会談結果を伝え、中東地域の緊張緩和と情勢の安定化に向け緊密に連携していくことで一致した。首相は27日、年明けに中東を訪れる意向を表明した。日本政府の不断の外交努力は今後も求められる。(原川貴郎)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00000602-san-pol

ネットの反応

・日本も自国自産のエネルギーがあればええんやけどね。
未だに石油依存してるから派遣は避けられないリスクや。
中国に海峡を防衛されたら、日本は今の5倍近くの金で燃料を購入する時代が来るかもしれん。
自国のエネルギーは自国で守る。金ばかり出しても諸外国は納得いかんよね。ようわかるわ。

・今の日本にとってアメリカとの関係は崩すことは出来ませんが、イランを孤立させることも危険ですね。日本は難しい立場に置かれていますが、これ以上軍事的緊張が高まらないことを願います。

・アメリカに配慮しつつ、顔の見える独自外交を進めるのは大事なこと。

中国もサウジやイランに接近しており、日本も将来を見据えイランを含めた中東諸国と良好な関係を築いて置くのは必要。

結局は石油絡みですがね。

ところで、メタンハイドレートはどうなりました?

とんと近況を聞かなくなりましたが・・・

・アメリカ追従だけじゃなく日本独自の政策、イランを刺激せずアメリカの要求若しくはその周辺に協力するギリギリの選択だったんじゃないでしょうか
自国のシーレーンを自衛隊で護衛するイランだけじゃなくこの海域で影響力を増す中国への一定の牽制も出来るなら何もしないよりずっといい行動ですね
ところで野党は自衛隊の政治利用と言ってたけど旧民主党はどんな具体案があったんでしょうかね?安倍政権批判はいいけどこの件に関して旧民主党はどんな具体案があるのか知りたいです

・対立する両国にそれぞれ配慮するのは当然の事。
お隣さんの蝙蝠外交と決定的に違ってて欲しいのは双方にいい顔したくて嘘を付かない事。
外交は表裏虚実の駆け引きがあって当然だけど、それは一対一の時。同じ案件で二か国以上に相対する時は自身の立場と考え方を誠実に真実の対応をするのが最も良策。反目しあっているA国にもB国にも私はあなたの味方ですと言いながらどちらにも嘘を付いた挙句、お前はどっちの味方だ、と踏み絵を迫られ右往左往しながら土下座外交しまくる、なんてみっともない外交は反面教師にしましょう。

・政治的戦略や配慮を一身に背負い、
任務計画や針路一つ決めるのも神経を使い
任務を遂行するのは並大抵の事ではないのではと想像します。

組織的連携が必須の中で長期に渡る任務は
日頃の訓練の賜物だと思います。

こういった背景を背負って軍でありながら軍隊ではありませんと、政治的解釈によって存在する仕事に命をかけなければならないのは非常に辛いことと思います。

絶対に憲法でしっかり担保して、自衛隊組織のの在り方を改善すべきです。

・イランに配慮した日本の行動をなぜアメリカが見てみぬふりをするかと言えば、
これがアメリカの戦略だからです。
アメリカは常に軍事力などで他国に圧力を加えて強硬に見せますが、
かならずどこかに逃げ道を用意して落としどころを探ります。
今回その落としどころは日本が担っていると言うわけです。
今、世界中でイランが頼りにできるアメリカとコネをもった先進国は日本だけということです。そしてアメリカもそれをわかってて泳がせている。
イランのことも韓国のことも中国とのことも、すべてトランプが日本に来日した時から始まっていることなのです。

・IJPCは日の目を見なかったけれど、日本国の無形の財産にはなったのかな
資源エネルギーのない日本国、国民は政府の苦労を理解しないといけないよね

・ロウハニ師の「日本が透明性をもってイランに説明していることを評価する」という言葉、非常に大切な気がする。つまり日本のような一応「軍事力を持たない」という国にとって外交上敵を作らず、友好国同士が敵対する場合でも、中立的であることを率直に話す、ということが信頼し合える関係を維持する唯一の方法だと思うう。

・米とイランは争いを望んでないけど、サウジアラビアやイスラエルの強硬派を米側が抑えきれないなかったり、イランが支援するイエメンやイラクの組織が偶発的な争いを起こせば大きな紛争になるかも。
派遣された自衛隊員を守るためにも、イランへの丁寧な説明は大切である。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧