玉川徹氏、ヘンリー王子の王室引退で「王室に生まれちゃったってことでしょ。彼には何の責任もない」 羽鳥アナと白熱の議論

10日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、英国のヘンリー王子、メーガン妃夫妻が自身の公式インスタグラムで主要王族の地位から退く意向を明らかにしたことを特集した。

番組では、英大衆紙「デイリー・メール」によると、女王をはじめ、ほかの王族には一切、事前に話がなく、夫妻側が突然発表したことをエリザベス女王はテレビで知ったと報じた記事を紹介した。

これにコメンテーターで同局の玉川徹氏は「家族の問題だから、ファミリーの内部の問題だから、そりゃぁ、おばあちゃん怒るよねっていう話でしょ」と指摘し「悪い事するわけじゃないからヘンリー王子」とコメントしていた。

さらにスタジオで英王室ジャーナリストの多賀幹子氏が王室は英国の制度で英国国民は、その中に入ってふるまって欲しいと願っているなどと解説すると玉川氏は「願いはある種のおしつけであって、ヘンリーさんからすれば、ただこの家に生まれただけの話でしょ。それがずっとかわいそうだと思う」と反論した。

これに司会の羽鳥慎一アナウンサーが「この家に生まれちゃったんです。家族間だから2人で勝手にすればっていうのは分かるけどこの人はヘンリーさんじゃなくてヘンリー王子なんです」と返すと玉川氏は「なぜヘンリー王子かっていえば、王室に生まれちゃったってことでしょ。彼には何の責任もないわけですよ」と反論した。

これに専門家が「特権も入ってくるわけです」とすると「その特権から逃れたいっていうことですよね」と玉川氏は返し「西側諸国の共通の価値ってなんだっていったら自由主義ですよ。つまり個人の自由を最も尊ぶ国の集まりがいわゆる自由主義国ですから」と持論を展開し「王室に生まれたって言うだけの話だから」と続けると羽鳥アナが「生まれた人のお話だからそれを一般人と一緒に…」と返すと「同じ人間だから自由が欲しいのは当たり前じゃないですか」と応じ、スタジオは白熱の議論が続いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-01100081-sph-soci

ネットの反応

・聞いていて呆れた。サラリーマンが、給料は今まで通り貰うけど、仕事は自分の気に入った仕事しかやらない。都会暮らしだけど、実家と行き来するからその交通費も出してね。留守がちになるからセキュリティーが必要になるのでその料金もよろしく。テレ朝社員と言う名前でいろんな事業をやるけど問題ないよね。こんな事が通用すると思っているらしい。さすが京大卒は違うな。

・お金は欲しいけど仕事したくない、そんな感じに思えたわ、ニートにぴったり、スーパーニートになれる、財産権放棄されたら一般人になりたい事は認めてあげたいですね。

・結婚して子供生まれるまではロイヤルを受け入れていたのだと思うのですが。。。
そうなると嫁が影響したのでは?と思ってしまうのは普通の考えではないでしょうか?
生まれ云々は後の話っしょ?

・玉川氏の論調は自由を履き違えていますね。ルールを守ったうえでの自由ですね。ヘンリー王子の論調は、現在の状況の様に既得のルールはいらで自身の判断で決めたい、又、現況の費用は、現状のままでとの論調の様なので、自由ではなく我が儘ですね。自由を履き違えた論調と思慮します。

・いや、特権もブランドも維持したいし税金で警備してもらうけど、もっと自由になる金のために公務は辞めたいってことでしょ。悪用される恐れもあるのに相談もなしになんてあり得ない話ですよ。下手したら詐欺師に利用される。

・状況を深く読めない玉川のおバカ発言が出たが、白熱の議論ではなく、完全に論破されスタジオ内で孤立していた。
先日、玉川の番組に対する発言を目にする機会があった。
「どうやったら現場に残れるかと思った時に、“視聴率さえとっていればいけるんじゃないか”というふうなことで、今まで続けてきた」という発言だ。
普段の捻くれた物の見方も、薄っぺらな表面上の意見も、全てワザと盛り上げるためのコメントであって、深い見識も知識も存在しない理由だったのだ。

・玉川さんはあいかわらずピントのずれた擁護してますね。
ヘンリー王子は王室から離脱するわけじゃなくて、「上位」継承者から退くと言ってるだけで、王族としての権利はまだ使う気満々ですけど?
メーガンさんがあれだけ注目を集められたのはヘンリー王子が上位継承者だからだし、結婚後に高額な王室予算を使えたのも上位だからであって、特権を使うだけ使っておいて気が済んだから引退するね後はヨロシクっていきなり言われても王室メンバーも英国民は納得できないんじゃないですかね?

・でてもいいよ。でも、パパからの援助や、イギリスにある家はほしいというし、警護費は税金でていうのもいいわけなのかな?しかもキャサリン妃の誕生日にわざわざあてて発表するなんて。どんだけ、洗脳されてるのか。

・自由と無責任は紙一重、みんなが自由を行使したら国は成り立たない
立憲君主制の王室に生まれて自由が制限されるのは仕方ない

・世間の常識の逆張りが玉川氏の生き方、役割だから、自分の性格とテレ朝の反自民の性格が一致していて、楽しい人生なのですね。
でも、玉川氏も朝日グループを離れたら、いかに自分と自分の会社が赤ん坊のように安全地帯でダダこねていただけッて自覚できるのですが。

・まあ、一般と違う意見を述べることで存在感キープって戦略なんだろうけど、浅はかすぎるコメント。
王室に生まれちゃって何の責任もないなら、別に引退しなくたって
いいんじゃない? そんなことより、メディアへの賢い対応の仕方でも教えてあげれば?

・玉川さんは何もかも自己中心に地球を回したい、大人になれず、器がちっちゃな、謙虚さのないかたでいつも神経を逆撫でされます。
もう少し広く深い男性になる努力をお願いいたします。
1番大切なのは、別の角度から物事を見て、別の角度から考えてみることをしていただければと願います。
そうやって….人は広く大きな人になっていくのだと思います。

・玉川さんは日本人として誇り・愛国心の礎にもなり得る、日本の象徴である天皇制がダメになって欲しい・・・というのがどこかにあるからイギリスの皇室もこういう感じで「自由」を盾に、体制が崩れ権威が落ちていくのは賛成なのだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧