• HOME
  • 記事一覧
  • 海外ニュース
  • 【台湾は中国の一部ではない】台湾外交部 WHOが中国の「省・地域・都市」の中に「台北」を並べていることを批判。また、テドロス事務局長らが中国の感染症対応を称賛したことに「この人たちは異空間に暮らしているのか」

【台湾は中国の一部ではない】台湾外交部 WHOが中国の「省・地域・都市」の中に「台北」を並べていることを批判。また、テドロス事務局長らが中国の感染症対応を称賛したことに「この人たちは異空間に暮らしているのか」

 【台北=田中靖人】台湾の呉●(=刊の干を金に)燮(ご・しょうしょう)外交部長は2日、緊急の記者会見を開き、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防策でイタリアとベトナムが台湾との航空便停止を発表したのは、世界保健機関(WHO)が台湾を中国の一部とみなしているためだとして「誤った情報に基づく誤った決定だ」と抗議した。

イタリアは1月31日、ベトナムは今月1日に中国との直行便停止を発表。その際、香港・マカオと並び台湾を対象に含めた。ベトナムは台湾からの抗議を受け即日、除外したが、複数便が欠航や途中で引き返すなどの影響を受けた。

呉氏は、WHOが感染者数の内訳の発表方式で、中国の「省・地域・都市」の中に「台北」を並べていることなどを問題視。「台湾は中華人民共和国の一部でなく、重大な誤りだ」とWHOを批判するとともに、抗議後に停止措置を撤回しないイタリアに対しても「極めて遺憾だ」と述べた。

また、WHOのテドロス事務局長らが中国の感染症対応を称賛したことについて「この人たちは異空間に暮らしているのか」と強い不信感を示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-00000516-san-cn

ネットの反応

・台湾は2009年から8年連続でWHO総会にオブザーバー参加が認められていました。その8年間は国民党政権下でのことです。2010年にはH1N1新型インフルエンザのワクチン株およびウイルス株を取得できるなど参加の実益もありました。
しかし、民進党に政権交代した途端、台湾に招待状は届かなくなりました。国民党政権にはWHO招待状を送っておきながら、民進党政権になると対応を変えたWHO事務局長は香港の陳馮富珍氏でした。【訂正】香港行政長官ではありませんでしたのでお詫びして訂正します。
米国、英国、ドイツなどの主要国は台湾のオブザーバー参加を支持しており、日本も一貫して支持する立場です。事実上の大使館機能をもつ日本台湾交流協会が先日改めて参加支持コメントをホームページに掲載しています。新型コロナウイルスの拡大で、中国および世界の国々が台湾とどう向き合うのかが改めて問われています。

・「台湾は、台湾であって、中国の一部ではない」
これに尽きると思う。

・台湾の主張を支持する。
WHOのトップの言行を見ていると、中国に肩入れしすぎ。結果として、各国の防疫体制の強化が遅れた感が否めない。
何らかのウラがありそうな気がする。

・台湾国の外交部長の発言を指示します。
WHOのエチオピア出身の事務局長に対して発言を控えている各国は台湾国を見習ってほしい。
台湾人の心は強いと思う。

・WHOの醜態は世界を笑わせたが、台湾は腹が立つよな…実害を伴うので。やはり中国に汚された国際機関は要らない。

・習近平は、隠していることを悟られまいと、テドロスは、中国を持ち上げるから自国エチオピアに今後も投資をよろしくという気持ちがありありの北京での握手でしたね。
北京でおもてなしを受けて浮ついた気持ちで宣言しているのがバレバレでした。

・台湾の主張には同意します。
政治の運営システムも経済の運営も全然違うし、中国の一分でないと以前から主張しているのだから。
まさかこんなところで中国本土の問題に巻き込まれるなんて台湾がかわいそう。

・あからさまに中国マネーで動いてることがわかるわな
だからもうこの国際機関は信用ならんね
もはや中国のための組織になってしまったな
結局国際機関なんてものは形だけのものだよ
俺は台湾を支持するぞ

・このような非常事態にも関わらずWHOは台湾外しを継続してます。情報制限すべきではない。

・確かに中国の忠犬になり下がったWHOは改革が必要でしょうね。人命より中国共産党を優先した罪はかなり重い。

・WHOは中立で在るべき。ひとつの国に肩入れし過ぎだと思います。どうも事務局長はエチオピアが潤う為に動いているとしか思えません。最早WHOの失態。どう責任を取りますか?

・1月中旬あたりですら「人から人はない」なんて大嘘ぶっこいてた中国政府やWHOの責任は重い

・台湾のヒトたちはとっても良いヒトたちです。
だけど、台湾と中国の問題は、外国がどうのと言うべきではないのです。
はやく台湾と香港が独立国家となることを願っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧