• HOME
  • 記事一覧
  • 海外ニュース
  • 【日本に習え】米厚生長官 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、米国でも「状況によってはあり得る」と述べ、休校実施の可能性を示唆

【日本に習え】米厚生長官 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、米国でも「状況によってはあり得る」と述べ、休校実施の可能性を示唆

アザー米厚生長官は28日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため日本政府が全小中学校などに臨時休校を要請したことにからみ、米国でも「状況によってはあり得る」と述べ、休校実施の可能性を示唆した。

アザー氏は「状況の評価に従ってあらゆる選択肢がテーブルに用意される必要がある」と述べたうえで、市中感染が起きることも想定しているとした。

一方、トランプ大統領はホワイトハウスで記者団に対して、米国での感染者の多くが「回復に向かっている。米国では死者が出ていない」と述べたうえで、入国制限の措置などで感染が急拡大していないとの認識を改めて示した。

米疾病対策センター(CDC)の幹部は28日の電話会見で、米国内のコロナウイルスの感染者が62人となったことを明らかにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200229-00000508-san-n_ame

ネットの反応

・いずれにせよ、模範解答は存在しない。判断の良し悪しは後世に任せるしかない。今はとにかく感染拡大を防ぐだけ。

・やっぱりね。
実は、米国内で公衆衛生は、ひどいもので、武漢ウイルスも広範囲に広まっているのではないだろうか。
ハワイから日本への帰国者が感染したことでもその一端は分かる。
米国CDCは凄いと感染症をテーマとする映画で活躍するイメージだったが、急にインフルエンザ患者に対し、武漢ウイルスの検査をはじめたり、クルーズ船での隔離について最初からCDCがかかわっていたという話がでてきて、がっかりした。
米国は武漢ウイルス対策に緊急に予算案、しかも数千億円規模。相当危機感を議会も持っている。

・安倍首相の一斉休校の要請に対して批判もあるが、
日本以上に広く人口も多い米国でも一斉休校が選択肢になる情報は、
新型肺炎の感染拡大が世界的規模で正に危機的状況にあると言う事だ。
安倍首相の要請は適切だったのかもしれない。

・アメリカでも市中感染は既に起きていると思うよ。自分でもそう思ってるはずだけど、まあ立場上言えないよね。

・蓮舫は「すぐ撤回すべきだ」と、アメリカに対してもわめくのだろうか。

・危機感があれば当たり前の対応です
日本の国民は、マスコミに洗脳されて危機感が足りない

・さすが安倍総理。アメリカより先に緊急事態での要請をよく言ったものだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧