• HOME
  • 記事一覧
  • メディアニュース
  • 米国クルーズ船が全員下船・検査の対応に 玉川徹氏「日本の対応が良くないと思ってるから、日本と違う対応をとるということ」 ネット「先例があればそれを参考にするのは当然だ」「この番組の偏向報道はひどい」

米国クルーズ船が全員下船・検査の対応に 玉川徹氏「日本の対応が良くないと思ってるから、日本と違う対応をとるということ」 ネット「先例があればそれを参考にするのは当然だ」「この番組の偏向報道はひどい」

 9日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、新型コロナウイルスの感染拡大について特集した。

番組では、21人から新型コロナウイルスの陽性反応が確認された米国・カリフォルニア沖のクルーズ船について、乗客・乗員合わせ約3500人を下船させ全員検査を行うことを紹介。

コメンテーターで同局の玉川徹氏(57)は「アメリカがクルーズ船の乗客をすぐに降ろすと決断したわけですよね。日本政府は降ろさなかったという決断が正しかったと言ってるんですけど、アメリカはそう見ていないということですよね。日本の対応が良くないと思ってるからこそ、日本と違う対応をとるということでしょうね、アメリカは」とコメントした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200309-03090068-sph-soci

日本政府はこれまでに例も情報もない中、手探りで対応していたのに対して、アメリカは日本のダイヤモンドプリンセスがいい参考になり、知見を得てやっただけの事です。

それに、国土や施設を見ても、日本にできないことがアメリカには出来る場合もあります。そういったことを考えれば、日本にとってはベストな対応が、アメリカにとってベストとはなり得ないこともあります。

石原は「日本のケースがここに生かされるということなんでしょうけど、ただやっぱり米国の場合、国土も広いし軍事の力もあるし州外の施設に隔離って、じゃあ今度逆に日本が知見を得てやった時に同じことができるかっていうと違う部分もあると思うんですけど、米国の対応は早いなって。それに比べて日本はどうなんだろうと思ってしまう」と話した。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/03/09/kiji/20200309s00041000125000c.html

同じ番組に出演した石原良純氏も、アメリカの対応が日本にできるかといえばそうではないと言っています。

しかし、アメリカでも対応に右往左往していました。

ホワイトハウスで会見したペンス副大統領は、早ければ7日にも、クルーズ船を商用でない港に入港させ、全員の検査を行うとしている。

トランプ大統領「一定期間、乗客らを船内にとどまらせ、船を基地として使えと言いたい。外に出せば、感染者数は増えるだろう」

一方、トランプ大統領は「感染者数が跳ね上がるため、乗客らを船内に隔離すべきだ」と主張し、下船計画に強い懸念を示した。

対応は、ペンス副大統領に任せるとしながらも、政権内で意見の違いがあらわになった形。

https://www.fnn.jp/posts/00433445CX/202003071206_CX_CX

大統領と副大統領の意見が割れているのが実際です。

玉川徹氏は、あれほど批判を受けておいて、まだ正確なことを言おうとしない。

それに、アメリカの対応が正解かどうかはまだわかりません。施設収容後に拡大する恐れも考えられます。今後の拡大がなくて初めて成功だと言えるのではないでしょうか?

どちらにしても、日本のダイヤモンドプリンセスへの対応は、世界へのいい教訓になったと思います。

それなのに、モーニングショーはどうあっても政府批判に結び付けたいのでしょうね。

ネットの反応

・このニュース。自分の知る限りではアメリカ人を先に降ろして、残り1000人(日本人を含む)はしばらく船内に閉じ込めたままだと聞いたけど。それに日本の対応を参考にして対処しようとしてるけど、アメリカも右往左往しているのは間違いないのに、玉川をはじめ、この番組の偏向報道はひどい。

・良くないは言い過ぎでは。例が無い中でのやり方だから良しとしないと、現場の人はかわいそうです。これを教訓にして、さらなる良い方法を取ったと言うところでは?

・政府批判が前提だから、視点が偏っているんでしょうね。日本の先例を見ての対応であって、それを日本の対応が誤ったようにしか伝えられない。
ダイヤモンド・プリンセスと状況は同じではないでしょうか。施設への移動方法等の詳細は分かりませんが、乗船者の感染拡大は今も続いているでしょう。施設収容後も、拡大は続くのではありませんか?

・「アメリカがクルーズ船の乗客をすぐに降ろす」・・・
事実と違います。
沖合での船内隔離に失敗(アメリカの研究機関が発表)したから地上隔離に移すと言ったのです。
それもアメリカには受け入れ先があるからできることです。
事実を捻じ曲げてでも日本を批判するのがマスコミの実情です。
イタリアの失敗は報道しない自由(感染の疑いがあるクルーズ船を下船させて発症拡大)を発揮してスルーし、アメリカの一部分だけ取り上げて批判する。
これが日本のマスコミの実態です。

・米国はすぐに下船させてはいない。感染が確認されてからすでに1週間ほどが経過している。この間どこに寄港させるかで困っていた。こうした事実を無視して日本を貶めるような発言はメデイァの人としては失格です。
そして先例があればそれを参考にするのは当然だ。
そしてこの船の問題は、日本に寄港した船と同じ運行会社のクルーズ船が同じ失敗を繰り返している事が最も問題なのであって、これを指摘せぜ日本政府に矛先を向けるところが偏向番組なのだ。

・結果が出ないと日本のやり方が悪いとは決められないのでは?と思う。
しかもダイプリは日本が善意でやってあげてたのに非難されるという罰ゲームだったし。
ダイプリ含んでも現状イタリアなど欧州勢を見てる限り日本は失敗どころか健闘してる方だと思います。

・降ろして隔離できる施設があるかどうかも、比較対象にしなきゃ。日本は全員下船させて収容する施設があったのか?
やっぱり、米軍基地があるのは大きいよ。
そして、先例があるってこともね。

・オレは日本が船内で閉じ込めたのはあの状況下で正解だったと思ってるけどね
日本は隔離に関してお願いの下行ってるのであって強制的な拘束力がない
いうこと聞かなくても罪にならないし逮捕もできない
ああするのが精一杯だろ突然やってきた感染船なんて
アメリカは強権を振るうことのできる力があるし広い土地も施設もある
日本とは当然違うやり方になるだろうがその国においての正解を選ぶしかない
アメリカのやり方で成功するなら今後大型客船は全部アメリカに寄せればいい
何にせよ国同士の意地の張り合いでもプライドの応戦でもない大事なのはウィルスを拡散させないこと

・日本政府は3000名以上の乗客乗員を一気に下船させて隔離できるような施設がない以上、船内で隔離するのが最善の策だと判断したのでは?
日本と違う対応をとるのは日本政府の判断の良し悪しに基づいているのではなく陸上施設の確保など前提条件が異なっているからでは?

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧