• HOME
  • 記事一覧
  • 海外ニュース
  • 【反中感情】ホワイトハウス「カンフーのインフルエンザ」一般米国人「奴らのせいで世界中がめちゃくちゃになった。それなのに習近平は詫びの一つ言わない。それが中国人だ」

【反中感情】ホワイトハウス「カンフーのインフルエンザ」一般米国人「奴らのせいで世界中がめちゃくちゃになった。それなのに習近平は詫びの一つ言わない。それが中国人だ」

■ ホワイトハウス: これは「カンフーのインフルエンザ」だ

中国・武漢を発生源とする新型コロナウイルスはグローバリゼーションの波に乗って世界中を席巻し、カオス状態に陥れている。

米国のドナルド・トランプ大統領は、「新型ウイルスを中国に持ち込んだのは米軍だ」という新任早々の中国外務省次席スポークスマンの発言に頭にきた。

3月16日、記者団とのやりとりで新型コロナウイルスとは言わずに「中国ウイルス」(Chinese Virus)と呼んだ。

感染の責任を米国に転嫁したこの中国外務省の小童役人の発言に露骨な憤りを示したのだ。

米中関係は良好にいっているというのがトランプ大統領の口癖。今回も当初は習近平国家主席の対応を評価して見せていた。

ところが豹変したのだ。

「発生源は中国だ。(中国ウイルスという呼び方は)実態を反映した非常に的確な名称だ」

「中国政府は米軍がウイルスを中国に持ち込んだというフェイク情報を発信している。実に不愉快だ」

その直後、ホワイトハウスの高官の一人はホワイトハウス詰めの中国系の米国人女性記者(CBSテレビ記者)に「この新型ウイルスは『カンフルー』だ」(Kung flu)と言った。

米国内では中国人と言えばすぐ連想するのがカンフー。それにフルー(感冒)をつけて新型ウイルスの元凶は中国人だ、と面と向かって言ったのだ。

(一般的に言って、米国内では中国系米国人も中国人も見分けがつかないことで中国への怒りは中国系米人にも向けられる。日系人も韓国系米人もその点では一緒だ)

記者団がこの発言を人種差別・蔑視ではないかと問題にすると、トランプ大統領の「懐刀」であるケリーアン・コンウェイ上級顧問は一言こう言ってのけた。

「私はアジア系の男性と結婚してるわ(つまり自分はアジア系に対して偏見などないという意味だろう)」

「(カンフル―という表現は)もちろんよくないと思うわ。でも(ホワイトハウスの)誰がそんなことを言った、言わないで押し問答する気はない。論議したいなら、手を洗って、数フィート離れて話し合おうじゃないですか」

トランプ政権だけではない。今や米国人一般の嫌中感情は最高潮に達している。

筆者の知人で、アジア情勢にも詳しい元高校教師D氏(65)までがこう言っている。

「奴らのせいで世界中がめちゃくちゃになった。それなのに習近平は詫びの一つ言わない。それが中国人だ」

以下略

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200320-00059813-jbpressz-n_ame

ネットの反応

・人種差別や偏見は論外だが、アメリカが中国を正しく理解するようになったということは重要だと思う。第二次大戦で日本の敵国だった中国を民主主義のホープと勘違いして支援し、その後の中国の共産化を招いたり、冷戦後、中国をフロンティアとみなして、資金、技術、マーケットを提供し、無法者を増長させてきたことを思い返せば真っ当なことだ。

・アメリカの軍のせいにしていたな。今のアメリカの状況を見ていたら、あり得ないことだと思うが。どう見ても、中国が発信元だよな。この件に関しては中国以外あり得ない。終息して調べたら分かると思うが、中国は隠蔽して証拠は見つからないだろうな。

・罪を憎んで人を憎まずなんて言葉もあるが、
この件に関しては、ウイルスの終息に向けて全世界で力を惜しまず協力すべきだが、
初動を明らかに誤った中国、及びWHOに関しては徹底的に糾弾していくべき。
何十年かした後にまた起きかねない。
世界経済を停滞させたことはあまりに重い。

・中国人が悪いわけでは無い。コロナは危険と政府に報告した医者も中国人だったわけで
ただ、その情報を隠蔽した中国政府の罪はあまりに重すぎる。中国政府が隠蔽さえしなければ、こここまでの事態にはならなかっただろう
コロナのせいで経済も停滞している。騒動が収まったら、中国政府は世界中が被った損害に対して賠償をすべきだろう

・アメリカへ責任転嫁する中国のやり方は、
一昔前、中国からの冷凍毒入り餃子事件を思いだす。あの時あたかも日本での毒入り混入を主張してたけど、結局犯人は中国人。
そう言えば、韓国船が自衛隊機にレーダー照射した時も、国をあげて日本側が悪いと、訳のわからない主張が始まりました。
自分が悪いとみるや、相手に転嫁する方法が中国、朝鮮の常套手段。
アメリカも身を持って知ると思います。

・共産党独裁国家の本質、表で平和、友好裏で南沙諸島、尖閣への侵略、スパイ活動による技術の盗み。新型ウィルスも昨年11月の時点で情報を公開していたら世界は対策をうてた。
アメリカは史上最低の大統領オバマによる中国に甘い政策で中国の経済力に貢献してきた。トランプ大統領になって中国の本質に危機感を抱いてきたが日本も目を覚ますべきだ。

・中国政府は当初は「これが人工的に作られたウィルスのはずがない」と言っておきながら、いきなり前言を翻して「アメリカのつくったウィルス兵器だ」とのたまう。
幼稚園児の論理か。

・発生源がどこかという事実確認は必要だが、子供様な口喧嘩には意味が無い。
発生源がどこであるにせよ、拡大、拡散の中心となったのは、中国である事は否定出来ない。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧