• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • もはや犯罪!布マスクは効果がないという大誤報を流した朝日新聞の岡崎明子記者は、加計でも「獣医は飽和状態」とデマを流した前科者!なお、日本国民の敵である朝日新聞は布マスクを2枚3300円のぼったくり価格で販売中!!

もはや犯罪!布マスクは効果がないという大誤報を流した朝日新聞の岡崎明子記者は、加計でも「獣医は飽和状態」とデマを流した前科者!なお、日本国民の敵である朝日新聞は布マスクを2枚3300円のぼったくり価格で販売中!!

いまやWHOも米CDCも布マスクの有効性を認め、米国各地の州知事や市長が布マスクを着用している。

しかし、この最中にあって、しかも安倍政権が布マスク配布を発表するまでは、布マスクを持ち上げてきた挙句、発表後に「WHOは布マスクの効果に否定的」というデマを4月2日に流したのが朝日新聞である。本当に慰安婦のことと言い、いつも誤報と言っているが、わざと嘘の情報を流している犯罪組織が朝日新聞だ。

しかも、この記事を書いた岡崎明子記者は過去にも加計学園を「獣医は飽和状態で不要」などとデマで貶めた前科者なのだ。また、さらに許しがたいことに朝日新聞は、布マスク2枚を3300円のぼったくり価格で販売中なのだ。国民のみなさん、これでも民主主義だ自由主義だからと朝日新聞を許せますか?私は許せない!!!!!

「布マスクをWHOは推奨しない」という大誤報を流した朝日新聞、しかし安倍総理の発表直前まで布マスクを推奨していた!!

そもそも、朝日新聞は、3月中は、布マスクを絶賛していた。しかし、安倍政権が、4月1日に、全国民への布マスク配布を発表すると、途端に批判へ転じたのである。本当にクズだ。

3月24日 縫わない、切らない、手間いらず 1分でマスク作った

>新型コロナウイルスの感染拡大で品薄が続くマスクを布とゴムで簡単に作れる方法がある。

>手先が不器用な記者も挑戦してみると、1分足らずで完成した。縫わない、切らないで手軽に作れるその方法とは――。

https://www.asahi.com/articles/ASN3R54GVN3JTIPE031.html

3月25日 布マスク開発加速 脱使い捨てへ1枚3300円でも人気

>マスクも使い捨てから使い回しへ――。新型コロナウイルスの感染拡大で、布製マスクに注目が集まっている。

https://www.asahi.com/articles/ASN3T5FPLN3MPLFA009.html

↓↓↓↓↓↓

4月1日 安倍晋三首相が洗濯して繰り返し使える布マスクを5千万余りある全世帯に2枚ずつ配る方針を表明

↓↓↓↓↓↓

4月02日 布マスクは有効? WHOは「どんな状況でも勧めない」

>布マスクの効用をめぐっては、専門家の間でも懐疑的な見方が多い。

>WHOは、新型コロナ感染拡大期における布マスク使用について「いかなる状況においても勧めない」と助言している。

https://www.asahi.com/articles/ASN424D52N42ULBJ003.html

4月02日 マスク2枚配布「情けない」 国民から与党から疑問次々

>政府が頭を悩ますマスク不足への対策だが、ネット上だけでなく政府・与党内でも賛否が飛び交っている。

https://www.asahi.com/articles/ASN423JF0N42UTFK001.html

引用元 朝日新聞がわずか一週間で主張を180°変えたと暴露される 安倍叩きのためなら手のひらドリルだ

とんでもないご都合主義というほかない。単に反政権なだけで、国民のことは全く念頭にないのだろう。朝日新聞は、布マスクをポンコツ扱いするならば3月までの報道を大誤報として、削除し、お詫びして訂正するべきということになる。

しかも、この布マスクをWHOが否定的だという大誤報をやらかした岡崎明子記者は、筋金入りの「前科者」である。

大誤報の岡崎明子記者、加計でも「獣医は飽和状態」とデマを流した前科者だった!!

4月2日、「布マスクは有効?WHOは「どんな状況でも勧めない」と題する記事を配信した朝日新聞の岡崎明子記者。しかも、植物学者を「生命科学者」という肩書で布マスクを一般論で批判させるという最低の「捏造」までやらかしたのである。これは誤報でなく捏造なので犯罪である。

すでに指摘させていただいたように、この記事の配信時点で、WHOは方針転換を果たし布マスク米CDCも方針転換を検討中だった。(参考

そして、今や、米CDCも布マスク配布へと方針を完全に転換した。(参考

しかし、岡崎記者はいまだに謝罪も訂正もしていない。

しかも、この岡崎記者は加計学園に対しても「獣医は飽和状態」とデマを流した過去をお持ちだ。2017年6月11日、岡崎記者は「獣医師の数は飽和状態なのに…? 獣医学部を認可、揺らぐ根拠」と題する記事を朝日新聞で配信した。単なる嘘つきでジャーナリストの風上にもおけない人間だ。

この記事では、「獣医師全体でみれば、その数はむしろ飽和気味だ。獣医師免許を持つ人は14年末時点で約3万9千人。高齢になっても働き続ける獣医師が多く、10年前から約8千人増えた。」と珍説を主張する。

しかし、ペット専門の都市部の獣医は飽和傾向にあるのに対して、畜産専門の地方の産業系獣医が多く不足していることを無視した記事なのだ。大事な要素を欠落させて、結論ありきで記事を捏造しているとしか思えない手腕は今回と同じだ。

そもそも、獣医の数が飽和しているから獣医学部を作っていけないのであれば、卒業生のほとんどが作家になれない文学部、哲学者になれない哲学科、歴史学者も飽和状態の史学部、歯医者も飽和状態の歯学部も作ってはいけないことになる。

要するに岡崎記者と朝日新聞とは、こういう連中なのだ。

なお、朝日新聞は布マスクを2枚3300円のぼったくり価格で販売中!!

しかも、朝日新聞の罪深さはこれだけではない。なんと布マスクを自社の通販サイトで2枚3300円のぼったくり価格で販売しているのだ。

4月1日以降の朝日新聞の主張によれば、布マスクはまったく意味がないそうだが、朝日新聞は全く効果がないと自覚している代物を一枚1650円もの高額で販売していることになる。まさに詐欺師集団というほかない。

国民のみなさん、これでも民主主義だ自由主義だからと朝日新聞を許せますか?私は許せない!!!!!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧