• HOME
  • 記事一覧
  • メディアニュース
  • メディアが誤報連発!TBS「緊急事態宣言は半年!北海道も候補!」 → 実際は1ヶ月の上に北海道は対象外!記事削除して逃亡! 東京都の4月6日の感染者数「共同50人前後!NHK100人程度!」 → 実際は83人!

メディアが誤報連発!TBS「緊急事態宣言は半年!北海道も候補!」 → 実際は1ヶ月の上に北海道は対象外!記事削除して逃亡! 東京都の4月6日の感染者数「共同50人前後!NHK100人程度!」 → 実際は83人!

コロナウイルスが蔓延して以降、メディアの誤報やデマが大量に増えている。メディアもパニックになっているとしか思えない有様だ。

特に昨日はひどく、TBSが「緊急事態宣言の期間は半年!北海道も対象」と大変な誤報を流した。実際は一ヶ月予定で北海道は対象外だ。しかし、TBSは訂正もせずに、記事を削除しただけで逃亡した。

また、昨日の東京都内の感染者数については、共同通信は50人前後、NHKは100人程度と報道したが、実際は83人と大外れだった。しかも、こちらのデマ記事は現在もそのままだ。

TBS「緊急事態宣言は半年!北海道も対象!」 → 実際は1ヶ月の上に北海道は対象外!記事削除して逃亡!

4月6日、TBSは以下のニュースをテレビとウェブページで「独自」だとして得意げに報道した。

新型コロナウイルスの感染拡大にともなう「緊急事態宣言」について、政府が宣言の期間を「6か月間」とする方向で検討していることが、関係者への取材で新たに分かりました。

(中略)

関係者への取材で、政府が、「緊急事態宣言」の期間を「6か月間」とする方向で検討していることが新たに分かりました。

対象区域は感染者数などを元に、首都圏の東京、千葉、埼玉、神奈川、それに大阪の5つの都府県を想定し、場合によっては兵庫を加えることも検討しているということです。北海道は、一時、対象区域の候補にあがっていましたが、現段階では外れているということです。

引用元 【独自】「緊急事態宣言」期間は「6か月間」を検討、対象区域は5都府県を想定

どこから突っ込んでいいかわからないが、まず予定している期限は一ヶ月だ。

半年だと信じてパニックになって極端な買い占めに走った家庭も多かろうに、いったいTBSは責任をどうとるのか。為替だって変動しただろう。まさに犯罪だ。

そもそも、北海道は候補にすら上がっておらず、風評被害だ。この点は北海道知事の鈴木直道氏がTBSに直接抗議し、削除することになった。(参考

しかも、TBSは削除しただけで、トップページに訂正もお詫びすらもない。どう考えても、トップページにお詫びと訂正、ニュースでも繰り返し訂正と謝罪が最低限必要であるにもかかわらずだ。

松本サリン事件や坂本弁護士事件からまったく反省していない、さすが、立憲民主党の杉尾秀哉参議院議員の後輩たちだけある。

東京都の4月6日の感染者数「共同50人前後!NHK100人程度!」 → 実際は83人!

また、共同通信やNHKも大混乱が見られた。

4月6日の東京都が発表した、都内の感染者数は83人であった。(参考

しかし、共同通信の正式発表前の報道では、50人前後としていた。

同じく、NHKの正式発表前の報道では、以下のように100人程度であった。

前後とか程度で片付けられない誤差なわけだが、両者ともに現在もこの大誤報をHPから消していない。

とんだ不安と混乱をあおるだけの大誤報だ。


このように、メディアは完全に新型コロナウイルスに対し、パニック状態で、冷静な判断力を喪失している。

残念だが、これでは報道管制も真剣に政府は検討するべきだろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧