山尾&倉持のイメージ回復「不倫ネタNG」も身内から批判続出。〈山尾氏の今年の運勢がなんと!!!〉

山尾志桜里議員のイメージ回復作戦の「不倫ネタNG」がどうやら身内にえらい不評らしいです。

『保育園落ちた日本死ね!!!』と一般人が題したブログを国会で取り上げ、自身も待機児童問題などを政策に掲げて一躍脚光を浴びた山尾氏だけに、妻子ある倉持氏との不倫問題はダメージが大きく、内定していた民進党幹事長も取りやめとなってしまった。
国民が説明責任を求めるなかで、離党会見や自身のブログでは「男女の関係はなかった」「公私のラインを引く」と国民感情を逆なでするようなコメントをあげ。ネットやテレビなどでバッシングされ続けています。
薄氷ながら当選を果たし、当選後はイメージの回復をはかるため『不倫ネタNG』「公私のラインを引く」と徹底したスタイルを貫いてメディアにけっこう露出していた山尾氏であるが、不倫相手とされる倉持弁護士を政策顧問にしたり、週刊誌の対談で二人の蜜月ぶりを世間にアピールしている。まるで「私たちは潔白だから何の問題もないのよ」とでも訴えているような三文芝居を堂々と演じている。
実際、TVで女性タレントが「大好きだから一緒にいたいんだよ」と同じ女性の心情を訴えるコメントをして、周囲も深くうなずき賛同していました。
【慕情】山尾志桜里×倉持麟太郎どんなに批判されても、私が倉持さんを選ぶ理由
山尾氏は過去に自民党の宮崎謙介が不倫騒動を引き起こした際にはテレビ番組で批判しており(宮崎は後に議員辞職)、また、相手の倉持弁護士の妻が脳梗塞を患って療養中の中での不倫報道、おまけに待機児童問題を政策にあげながら「自分の子供と相手の子供を不幸にしている」と国民から猛バッシングされる始末である。倉持氏は離婚まで発展して子供の親権は母親が脳梗塞の兆候があり働ける状態ではないので倉持氏が親権を持つ結果となった。どんな形であろうが家庭崩壊のきっかけを作ってしまったのでこの批判は当然だろう。
倉持氏の元妻にしてみれば、脳梗塞の病・夫の不倫報道・親権とトリプルパンチというとてつもない痛手を負う事となる。
山尾氏は昨年12月26日、立憲民主党への入党を表明し認められた。(現在はまだ入党していなく、衆院会派の「立憲民主党・市民クラブ」入りし、衆議院憲法審査会などで活動をともにしている。)
実は、この身内からの批判が相次いでいるのだ。

「山尾さんは、枝野幸男代表(53)や、菅直人最高顧問(71)といった党の重鎮からの評価が高く、会派入りも将来の入党を見据えてのこと。しかし若手や中堅議員の一部からは、スキャンダルイメージがつきまとう厄介者として不要論が噴出しているんです。最近、青山雅幸衆院議員(55)が秘書へのセクハラ行為で党員資格を失っており、『不祥事に対する処分の一貫性がないと世論は納得しないし、再発も防げない』という声もあります」(立憲民主党関係者)

不倫報道のほかにもガソリン問題など、数々の”爆弾”を背負った山尾氏に関係者もヒヤヒヤしているのが現状である。

山尾氏の今年の運勢

このように、党関係者から心配や批判の声が上がっている山尾氏ですが、今年の運勢を占った記事があったので紹介します。

鑑定は、これまで10万人以上の対面鑑定実績があり、「原宿の母」と呼ばれる菅野鈴子氏に依頼。生年月日を元に判断するホロスコープ西洋占星術が用いられた。

まず注目なのが、弁護士とのW不倫疑惑が報じられて民進党を離党後、無所属で衆院選に当選、昨年末には立憲民主党入りした山尾氏(1974年7月24日生まれ)。

菅野氏は「情の厚さを示す『蟹座』の星と、プライドの高さを表す『獅子座』の星が、仕事運とプライベート運にそれぞれ1つずつあるが、獅子座に勢いがあるようだ。変化しないといけない時期で、いろんな人と出会うことになる」と分析。こんな気になることも付け加えた。

「誕生日の7月から19年初めにかけて、パートナーとの関係を解消するとみられる」

衆院選当選後に、男性弁護士を政策顧問に起用して驚かせた山尾氏。2人は「男女の関係」を否定しているが、憲法の解釈などで重大な相違が生じたりするのだろうか。https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180109/soc1801090008-n1.html

パートナーの解消とありますが、蜜月ぶりをアピールしている政策顧問でしょうか、それとも「絶対に別れない、あいつらの好きにさせてたまるか」ともはや意地になっている夫であろうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧