Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 【歴史・文化捏造】抹茶=マルチャ「日本ではなく韓国で作られた緑茶製造方法です」

【歴史・文化捏造】抹茶=マルチャ「日本ではなく韓国で作られた緑茶製造方法です」

【文化】 「マルチャ(抹茶)が日本のもの?いいえ、韓国で作られた緑茶製造方法です。」

5ちゃんねる

1: LingLing ★ 2018/01/11(木) 00:14:08.39 ID:CAP_USER

[道沿い味に寄り]歳月の上に耽る…軋む古い旅館、スローフードマルチャ(抹茶)
太白山脈の背景…伝統粉末緑茶の抹茶・全羅道の正式の味わい、「宝城(ポソン)・筏橋(ポルギョ)旅行」

(宝城=聨合ニュース)ソン・ヨンジェ記者=「マルチャ(抹茶)が日本のものだって?いいえ、韓国で作られた緑茶製造方法です。」

日本の自動販売機で飲んだ緑茶、我が国の味と違ったという感じ。これを知ってみると、抹茶という。

蒸した茶葉を日陰干しした後、臼で細かく擦って粉末状にして飲む茶だ。

緑茶を加工する別の方法として考案された。

http://imgnews.naver.net/image/001/2018/01/06/AKR20180105067000800_08_i_20180106070134092.jpg
▲早朝、宝城茶園の中で最も代表的な大韓茶園を訪問した人々が茶畑道を歩いている

抹茶を作る緑茶は栽培から、やや異なる工程を進む。

収穫を控えて10~15日ほど天日を遮って茶の葉がやわらかくなる。

抹茶を飲むのも少し複雑だ。

泡によって茶の味と香りが異なることもあるので均等に泡が起こるようにソル(※茶筅のこと)でかき混ぜなければならない。

抹茶は日本でだけで発達した茶?

違う。抹茶は、朝鮮初期まで先祖がよく飲んでいた緑茶の一種類だった。

http://imgnews.naver.net/image/001/2018/01/06/AKR20180105067000800_06_i_20180106070134101.jpg
▲抹茶は微細な緑茶の粉末を泡立てて飲む

加工工程をより多く必要としたので、韓国ではこの後、死藏されただけだ。

抹茶は緑茶からすると、ファーストフードではなく、スローフードだったわけだ。

非常に速さが重要な時代だった。

今は少し遅くなっても、ゆっくりとその味を嗜むことができる様式が重要な時代に戻ってきたと言えば大げさだろうか?

高麗時代までには、我々の祖先たちは、抹茶で茶を飲んだという。

最近、緑茶の地方・宝城で抹茶が復元され、飲み物の茶として量産されるという。

やはり緑茶の地方らしい動きだ。(後略)

http://imgnews.naver.net/image/001/2018/01/06/AKR20180105067000800_05_i_20180106070134107.jpg
▲大韓茶園の日の出

http://imgnews.naver.net/image/001/2018/01/06/AKR20180105067000800_01_i_20180106070134130.jpg
http://imgnews.naver.net/image/001/2018/01/06/AKR20180105067000800_07_i_20180106070134137.jpg
▲小説太白山脈の背景になった宝城旅館

ソース 聨合ニュース(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=001&aid=0009794352

>>1
また日本文化を盗みにきたな。

 

>>1
あら、やだ、また嘘ついてる

 

>>1

日本における茶葉の産地を見ればわかることだが、静岡や九州四国など、温暖な地域ばかりなわけだ。
そしてそれらの地域は、朝鮮半島の南端よりさらに南に位置する。
つまり茶葉の品種改良が未発達だった中世以前において朝鮮半島で茶葉の生産が発達していたはずはなく、朝鮮においては茶葉は「輸入品」だったはずなのだ。
これはモンゴルなど騎馬民族における「煉瓦茶」を喫茶していたということを意味するわけで、抹茶など飲めるはずがないのだ。

 

>>1
だったとしても、お前らはそれを後代まできちんと継承しないじゃないか!
いい加減にせーよ!

 

>>194
>だったとしても

嘘つき朝鮮人に妥協や譲歩は禁物です
「百歩譲って」というレトリックもやめた方がいいです

 

>>1
抹茶を復元と言うことは一旦抹茶文化が途絶えたんだな
けどたまに韓国茶道なんてみるけど、あれは煎茶なのかな?

 

>>1
>日本の自動販売機で飲んだ緑茶、我が国の味と違ったという感じ。これを知ってみると、抹茶という。

通常、緑茶の味が違う理由だが

1、茶葉の種類が違うの
(但し、日本の品種を違法で栽培している可能性もある)
2、煎茶の場合、製法が違う。日本の熱処理は煎るのではなく蒸す
(但し、これもウリナラが教えたやったニダ!と真似ている可能性も…)
3、水の硬度の違い。日本は軟水なので茶葉の甘さが引き出される
(煎茶を入れる際に、日本式を真似て湯冷ましを使っているが甘さが出ているかは疑問)

こういう違いではなく、抹茶だからニダ!か…
味が云々より先に見た目が既に違うだろうw

 

>>294
もう向こうのサイトでは消えてるけど

済州島の茶畑の話なんかだと
やぶきたを植えてるけど日本とは違うニダとかいう記事を
見た事があるw

思わずうわーって思ったw
なお済州島の水は硬水

 

>>301

キチンとその風土や文化に見合った
味や飲み方を発展さえればよかったのに

全て「日本にあるのはウリナラが教えてやったもの」
という認識でマネをするから
素っ頓狂な物に仕上がってしまう…

 

>>322
まあ、それでも徐々に修正はかけてきてるからねえ

ただ、韓国の茶栽培自体斜陽なんで
半島での茶自体は普及は難しいかも…

もっとも彼らの事だから、ウリ達の茶は特別ニダで
また謎のプレミアムをつけて売ろうとするんだろうなあ
茶を詳しく知らない、欧米辺りを騙して

 

>>1
水車も作れなかったのに抹茶作る石臼とか作れるはずもない

 

>>1
何度読み直しても記者名以外の人名が出て来ないんだけど韓国では歴史家の評論も無しに心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくった物でも記事に出来るのか?

 

>>1みたいな記事を読んでると、軽蔑の念が湧くのを禁じ得ないな。

 

11: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/01/11(木) 00:17:31.90 ID:j9bERMUV
米作すらできなかった環境でどうやってお茶の木を栽培できたんだよw

 

17: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/01/11(木) 00:19:42.25 ID:TwnyefPL
源何とかという公家が二日酔いで薬として処方されたのが中国由来の抹茶だったと
NHKで見ました!
なお、韓国のことは一言も言ってませんでした

 

26: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/01/11(木) 00:21:47.18 ID:5Db1/PfT
韓国の伝統的なお茶ってゆず茶があるやん
というかあれしか独自路線切り開けないやろ
こんなこそ泥みたいな真似せんでもゆず茶、果実茶系で韓国らしさ出せると思うで
あれじゃあかんの?

 

>>26
韓国ならではの伝統は尊重されず、他国特に日本の伝統が韓国の物だと言うのが特徴。
まぁ劣等感の現れだね。

 

31: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/01/11(木) 00:24:18.10 ID:HGMyQ2Pg

こいつら死なんと治らないな

抹茶は古代中国(宋代だったと思う)で原型が成立、日本に伝わり現代まで保存され、
大陸では廃れて消滅した。現在、大陸や台湾では、釜で炒って発酵を止める製法で、
発酵度を調整して、緑茶やウーロン(青茶)などにしていて、茶葉の香りを楽しむこと
に重点を置いている。
朝鮮半島は茶葉の文化はあまり発達せず、煎茶みたいなのがちょっとあるだけで、茶葉
を使わない、柑橘などを用いたレモネードみたいな奴を茶としているのが主流。

 

52: 韓日の愛(日本は韓国の妻) 2018/01/11(木) 00:30:30.88 ID:unPat6Ov

抹茶は確かに韓国で飲んだのが旨かったな

日本の抹茶は薄いし

 

>>52
おいおい、力の差ってもんを過去から現在を通して今だに分からねぇのか?
お前ら朝鮮人は万年奴隷だったろ?

 

>>52
ちょいと教えてくれ、俺も韓国で抹茶を飲んだんだが何で砂糖が入ってるんだ?

 

>>52
いわゆるみんなが知ってるお抹茶は薄茶で飲むんだから薄くて当たり前
茶道には濃茶もあるだろうが

 

>>52
まずその韓国で飲んだ抹茶の出所を教えるんだw

つうか今現在の韓国の茶って
抹茶は需要がなかったような

海外売りも、抹茶じゃないのが多いし

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧