• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 陸自隊員の伊沢隆行さんに心から哀悼の意を表します。災害の前線で命を懸ける自衛隊をこれでも「違法」というか?

陸自隊員の伊沢隆行さんに心から哀悼の意を表します。災害の前線で命を懸ける自衛隊をこれでも「違法」というか?

部下かばい…背中に噴石 亡くなった陸自隊員の伊沢隆行さん 知人ら「情熱に溢れた人」「自衛官として立派」

 噴火で亡くなった陸上自衛隊第12旅団第12ヘリコプター隊の伊沢隆行さんは、部下の隊員をかばって上に覆いかぶさった際に噴石の直撃を受けていたことが25日、関係者への取材で分かった。防衛省が伊沢さんの氏名を公表した25日、関係者からは改めてその死を悼む声が上がった。

陸自によると、伊沢さんは23日午前、スキーの上級者グループの一員として、重軽傷を負った他の隊員7人とともに草津国際スキー場で行われた訓練に参加。山頂付近から滑り始めて数分後に噴火が発生し、コース脇の雑木林に避難したが、そこにも噴石が降り続いたという。伊沢さんは噴石から部下の隊員をかばおうと上に覆いかぶさったところ、背中に噴石が直撃した。その後、軽傷の2人が全員の意識があることを確認し、麓にいた隊員に報告。伊沢さんは搬送中に心肺停止状態になり、病院で死亡が確認された。

「どうか嘘であってくれと願ったが…。自衛官として職務を全うした彼は立派だと思う。素晴らしい方だった」。こう語るのは、平成25年7月から約5カ月間、仙台市で伊沢さんに整体を教えた今昭宏さん(61)。「青森から車で通学していて、非常に勉強熱心で真面目な生徒だった」と振り返る。http://www.sankei.com/affairs/news/180125/afr1801250053-n1.html

心から哀悼の意を表します。
私は常々災害の最前線に立つ自衛隊の皆様には頭が下がります。そのたびに自衛隊の存在が違法などという輩を思い出すたびに怒りがこみ上げてきます。
自衛隊という言葉が相応しくないという人もいるが、『自衛』という言葉は暴力・侵略から守るだけでなく、こういった災害から守るのも自衛という言葉は当てはまると思います。むしろ災害から被災者を救う姿こそが本来の自衛隊の姿であり職務であると感じています。
伊沢さんが人生の目標を問われると「世界中の人を笑顔にすること」言葉尻だけとらえて「違憲だ!」とわめき散らす連中に聞かせてやりたい言葉です。
あらためてお悔やみ申し上げます。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧