• HOME
  • 記事一覧
  • 海外ニュース
  • 中国共産党機関紙・人民日報、EU27カ国の中国大使による共同寄稿から「中国で始まった」記述を削除 ネット「これをプロパガンダというのでは」「なぜそこの部分を削除したのかについては中国からの説明が必要だ」

中国共産党機関紙・人民日報、EU27カ国の中国大使による共同寄稿から「中国で始まった」記述を削除 ネット「これをプロパガンダというのでは」「なぜそこの部分を削除したのかについては中国からの説明が必要だ」




 【パリ=三井美奈】中国共産党の機関紙、人民日報が、欧州連合(EU)27カ国の中国大使による共同寄稿から、新型コロナウイルス感染は「中国で始まった」とする記述を削除して掲載したことが分かった。EU側は6日、寄稿の原文を発表し、不満を表明した。

寄稿はEUと中国の関係樹立から45年にあわせ、コロナ対策や環境問題、経済復興で、双方の協力の重要性を訴える内容。原文は、EUとドイツ、フランス、イタリアの3カ国の在中国大使館が、ウェブサイトを通じて発表した。感染は「中国で始まり、3カ月間のうちに、世界の他地域でも続いて広がった」と記されていたが、同紙が掲載した寄稿では消えている。削除要求は、ウイルス起源をめぐる米中対立への配慮とみられている。

EU報道官は、事前に削除の連絡があったことを認め、「完全な形で掲載されなかったのは遺憾。中国外務省に懸念を伝えた。EUのメッセージを伝えることを優先し、最終的には(原文と異なる文章の)掲載を受け入れた」と述べた。

ウイルス起源をめぐっては、米国が中国・武漢の研究所が感染源ではないかと主張するのに対し、中国が反発。解明に向けて、メルケル独首相が中国側に透明性の確保を求めるなど、欧州でも対中圧力が強まっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200507-00000597-san-hlth







ネットの反応
記述を削除したところで、今の御時世中国発祥のウイルスだと言うのは周知の事実だよ。
インターネットもテレビもラジオも無かった時代なら揉み消すことも出来ただろうし捏造も出来ただろう。
だけど今の時代では揉み消すことも捏造も今更手遅れだよ
中国は、欧米諸国が要求している第3国による「武漢研究所の査察」を認めるべきである。

今、一番大切なことは「中国側の情報開示」!

なぜそこの部分を削除したのかについては中国からの説明が必要だ。
世界中誰もが、今回のコロナが武漢発だと知っているではないか。中途半端に妥協したEUの姿勢には失望する。米中対立に対する配慮なのかもしれんが、これはヨーロッパにおける中国不信感をますます強めることになった。
これをプロパガンダというのでは。
事実の完全なる否定、どころか抹消。
ここに事実、真実などない。
全ては勝手な自己正当性主張のみだが、これを真実とする中華圏。
確かに中国どころか、武漢で封鎖だったよな。忘れたとは言わせない。
それをいけしゃあしゃあと嘘に塗り替える。
これぞ中華。跪く小中華も同じ貉。
中国で発生した世紀の災難を、逆に取引の材料として優位に立とうとする姑息さ。
火事場商売。
恫喝して正当性を喚く姿に真のここを見た。
やはりこことは適当な関係程度でいい。
おー恐い恐い。
こんな国とマトモに経済活動なんか出来る気がしないね。
日本を叩く時によく使っていた「歴史修正主義」という言葉をそっくりそのままお返しするよ。
一帯一路で提携していたイタリアやフランスでパンデミックが発生していたのも皮肉な話だ。
自由主義・民主主義に危機が訪れている。
人類の記憶遺産的な目的も加味して”武漢ウイルス”など発祥地名を入れた名称で統一すべきではないでしょうか。
出来れば価値観の共有できる国家同士でそうしてほしいです。

中国共産党は隠ぺいするだけでは無く、いずれは「他国で発生したウイルス」とプロバガンダする事でしょう。

ウイルスの発生源が武漢の研究所なのか、海鮮市場なのかわかりません。

ただ中国で始まった事実は間違いなく、世界中がこのウィルスに苦しめられています。これだけは揺るがない事実。
このウイルスに対する損害賠償など全世界に対して出来るわけもなく、
期待もしていませんが記述の削除など絶対に許さない。
この事実だけは認めて、謝罪するべきです。

現状を観れば、中国側がこのくだりを削除するよう要求したことは理解できる。問題は、それに易々と応じたEUの腰抜けぶりである。そんな検閲をするのなら掲載しないと、最初から要求を突っぱねればいいのに、あとから中国に言われて云々と言ったところで、負け犬の遠吠えに過ぎない。中国の隠蔽行為が原因でウィルスが欧州にも広がり、経済はドン底に突き落とされ、多くの市民が死に追いやられても、EUの中国に媚びる体質は変わらないようだ。日本にとっては、EUは頼りになる友邦からは程遠い存在のようだ。
やむなくって・・・中国への配慮?(笑)
EU諸国の国民は納得できるのか? 元々書き記してあったものを削除したとなったら不満爆発するんじゃないのか?

この記事自体が本当なら、諸国の国民は暴徒と化すように思えるが。

中国は中国から発生したものではないと根拠ある事実を明確に示せなければ、EUで大騒動になると思うぞ。

天安門事件みたいに揉み消せないよ?
当時はインターネット等余り発達していなかったので有る程度の機関弾圧と検閲で何とか中国内は
「無かった事」に持ち込んだが、今はインターネット経由で一気に拡がり情報のコピーは指数的に
増える。
中共はどうやって揉み消すつもりかな?
全世界が被害に遭って注視されている中で?
WHOの権威はもう堕ちているから権威有る機関のお墨付きは役に立たない。




この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧