Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【民進党】「このままの名前では難しい」と党名変更を検討。「中身が変わらなければ同じ」とネットの冷ややかな声

民進党は今まで事あるごとに分裂合流を繰り返し、党名を変更してきました。そのたびに心機一転生まれ変わると言いながらも何も変わらない。それどころかどんどん質が悪くなっている。
そのたびに内部のまとまりのなさが露見されて支持を失ってきているのだが、今回もまた同じことを繰り返そうとしている。

大塚耕平代表、党名変更も検討 「『このままの名前では難しい』と思っている方もいる」

 民進党の大塚耕平代表は4日午後の定期党大会後の記者会見で、「民進党」の党名変更の可否を検討する姿勢を示した。「衆院選に候補者を立てなかったという大きな出来事を経てしまったので、『このままの名前では難しい』と思っている方もいる。(党名変更の可否を)検討することも必要になるかもしれない」と語った。http://www.sankei.com/politics/news/180204/plt1802040013-n1.html

党名なんかは二の次で、実が伴ってないことになぜ気が付かないのでしょう。
お家騒動の内部分裂、自民憎しのあまり的外れな国会での質疑。
党名を変えても中身が変わってなければ同じこと。
野党統一も自分の党がバラバラなのにまとまるはずがない。
やることなすこと裏目に出てるのだから、なにかをやろうなどと考えず、野党の本筋をまじめにコツコツとするしかないでしょう。
それが出来ないのならいっそのこと解党してしまうしかないだろう。

ネットの反応

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧