【変わる沖縄】オール沖縄の敗北、基地反対の意見に流されなかった若者たち。市政を優先するのを「争点ずらし」とは片腹痛い

投票率は76・92%で、前回(76・71%)を0・21ポイント上回った名護市長選は4日、投開票され、無所属新人で元市議の渡具知武豊氏(自民、公明、維新推薦)が、3期目を目指した無所属現職の稲嶺進氏(民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦、立民支持)を破り、初当選を決めた。
名護市辺野古移設問題が最大の争点と言われ、秋の県知事選の前哨戦といわれる今回の選挙で、メディアも現職の優位を報道してきました。しかし、実際は基地問題ばかりに固執する現県政への不満と偏向思考の報道に対する市民の真実の声が反映された結果であると思います。
当然この結果に納得のいかない現職サイドと一部のメディアは「争点ずらし」と批判の声をあげている。
中には基地問題を争点にあげていれば勝ったのは稲峰氏だと負け惜しみの声も聞こえるが、渡久地氏がもともと移設容認派だったことと自民が推薦に立つことでそんな事は周知のはずである。
この結果はオール沖縄に対して、教育・雇用など生活に真剣に取り組んで欲しいという市民の声である。


年齢別の投票傾向


画像を見ると50代から60代で明暗がくっきりと分かれています。
60代以降は戦中戦後世代でこの世代はアメリカによる支配を受けてきた年代です。どうしても先の大戦の呪縛から抜けられない人たちです。
それに比べ戦争を経験していない現在の沖縄を支える世代では圧倒的に渡久地氏に票が集まっています。
特に社会の風潮に流されやすい10代20代の若者が、オール沖縄などの基地反対派の意見やメディアに流されることなく渡久地候補に投票したのはこれからの沖縄の流れに大きな変化を与えるでしょう。


SNSの反応

ピックアップ記事

  1. 2018-4-22

    なかなかメディアでは取り上げられないが麻生太郎議員は凄い人だった!

    世間では今財務省元職員たちの不祥事が目立ち、麻生議員への任命責任を問う声が大きく広がっている。 野…
  2. 2018-4-21

    自ら提出した法案すら倒閣のためなら審議拒否、セクハラに便乗した内閣崩し、国会議員なら場外乱闘でなく国会で戦うべき

    事務次官のセクハラ疑惑問題で麻生大臣の辞任要求をしていた野党各党ですが、それが通らなかったことに反発…
  3. 2018-4-21

    北朝鮮「核実験とミサイル開発は必要なくなった、実験場も使命を終えた」しかし、非核化には言及せず核は保有したまま

    北朝鮮は20日の朝鮮労働党中央委員会総会で、核兵器開発が実現したとして21日から核実験や弾道ミサイル…
  4. 2018-4-20

    一連の騒動でやたらと総理や大臣の辞任を迫る野党。国会審議を拒むのであれば国民の為にならないので報酬カットでお願いします

    事務次官のセクハラ発言や、森友の文書改竄問題で麻生大臣の辞任をせまったり、自衛官の発言で小野寺大臣に…
  5. 2018-4-19

    【米山隆一新潟県知事女性問題で辞任】援助交際・買春では辞任も当然。米山氏は過去にも複数の女性と関係。SNSでも多数の政治家と揉めてた問題児

    女性問題で辞職願を提出した新潟県の米山隆一知事ですが、当初は女性問題とはどんな問題だろうと思っていま…
  6. 2018-4-19

    小西洋之議員「国民の敵」と自衛官に罵倒され怒り心頭だが、自身の15年の発言はお忘れですか?ネットでは大炎上です

    朝日新聞が社説で「自衛官の暴言 文民統制からの逸脱だ 」という記事をあげました。 朝日社説全文 …
  7. 2018-4-18

    安倍総理、トランプ大統領との会談で米朝首脳会談で拉致問題を取り上げることを確約。ネットでは多数の支持といち早い解決を望む声

    安倍総理、訪米でトランプ大統領と北朝鮮問題について会談し、拉致問題を取り上げることを確約する …
  8. 2018-4-18

    【福田事務次官のセクハラ疑惑】捏造が否定できない状況の中では麻生大臣の「福田には人権がないのですか?」は当然

    「名乗り出やすいように、女性の弁護士も入れて対応する」と強調。その上で「こちら(福田)側も(セクハラ…
  9. 2018-4-16

    【首相訪米】日米、危うい結束!?不透明感が漂う・・・

    安倍晋三首相とトランプ米大統領は17、18両日、米南部フロリダ州で会談する。 米朝首脳会談を前に北…
  10. 2018-4-16

    山尾志桜里議員のW不倫疑惑に動きが、倉持氏元妻に代理人を立て交渉。謝罪の内容によっては不倫の事実を認めることになるが

    W不倫疑惑の山尾志桜里議員と倉持氏が山尾氏の夫の債権者に訴訟を起こされ、もう一方の倉持氏の元妻からは…
ページ上部へ戻る