Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

異例な北朝鮮に対する韓国の対応 万景峰への燃料や滞在費の負担に入国ノーチェック 工作員の大量入国の可能性も大

明日開会式が開催される平昌冬季オリンピックですが、韓国の北朝鮮に対するすり寄りがあまりに酷くチェック体制もザルとなっていて、経済支援では?ともとれるような対応も行われています。

北朝鮮が韓国に万景峰への燃料提供を要請

平昌冬季五輪に派遣される北朝鮮の応援団や北朝鮮オリンピック委員会委員長を兼ねる金日国・体育相ら計280人が7日、朝鮮半島西側で南北を連絡する京義線道路を通り、韓国に入った。
北朝鮮は、芸術公演を行う「三池淵管弦楽団」の団員らを乗せ6日に韓国東部、東海市に入港した貨客船「万景峰92」への燃料提供を韓国に要請した。

韓国統一省は対応を検討中としているが、応じる公算が大きい。国連安全保障理事会は昨年12月に採択した決議で、北朝鮮制裁の一環として石油精製品の供給を年間50万バレル未満に抑えることを決めた。韓国は、これを上回らない量の供給は可能と判断しているもようだ。

韓国には6日までに、楽団関係者や選手団、万景峰92の船員ら280人以上が入っており、7日到着組と合わせて560人以上が複数の場所に分散して滞在する。(共同)http://www.sankei.com/pyeongchang2018/news/180207/pye1802070015-n1.html

異例な北朝鮮に対する韓国の対応

・韓国は韓国海軍哨戒艦沈没事件を受けた対北朝鮮制裁措置の一環として、本来は北朝鮮船舶の韓国領海の航行や入港を認めていないが、今回は例外措置としている。

・経済政策を受ける北朝鮮の万景峰号の燃料費や滞在費(食料諸々)など20億ウォン(2億円)を韓国が負担している(実際は29億ウォン)

・本来選手・関係者意外(家族もダメ)立ち入り禁止の選手村に美女応援団の入村を許可している。

・万景峰号にのって韓国に来た乗客の身元をノーチェックで入国させている。

この中で非常に恐ろしいのは選手村に美女応援団を入れていることと、なにより身元を調べずに韓国にいれていることですね。
北朝鮮に詳しい人物によると「北朝鮮人が外国で3人集まれば1人は工作員と思っていい」と語っています。
そう考えると560人の北朝鮮人が韓国に入国するから150人以上の工作員が紛れている可能性があります。
これだけチェックがザルだと選手以外の大多数が工作員でも不思議ありません。
そして、なにが怖いって、各国の要人が集まるオリンピックの開会式です。
拉致も十分考えられます、なにより暗殺が一番怖いです。これが北朝鮮以外の国が対象国なら「考えすぎ」といえますが、なにより実の兄を暗殺している国であり、日本も朝鮮活動家に首相を暗殺されている過去がありますので考えられないことはありません。
あまりにも韓国の北朝鮮にすりよる姿勢に韓国国民から不満の声が上がっていますが、北との融和をはかる文大統領には届いてないのでしょうか。
あくまでも可能性の話しですので何事もなく無事に開催されて欲しいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。