Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

文大統領 南北首脳会談「実現させるべき」対日会談では不快感を示し、対米会談には温度差で深まる北に対する融和姿勢

北朝鮮、韓国大統領を平壌に招待 南北首脳会談呼びかけ

北朝鮮の最高指導者、金正恩・朝鮮労働委員長が韓国の文在寅大統領を平壌に招き、南北首脳会談の実施を呼びかけた。正恩氏の妹、金与正氏が、正恩氏の手書きの親書を文大統領に渡したという。韓国大統領府が10日、発表した。

韓国大統領府ではこの日、平昌五輪の開会式に合わせて訪韓した北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長や、与正氏ら北朝鮮代表団が文氏と会談した。

文大統領と金正恩氏の会談が実現すれば、2007年10月以来の南北首脳会談となる。

文大統領は、南北首脳会談を「実現させるべき」と述べ、北朝鮮に米国との交渉を再開するよう促した。

党序列第2位の金永南氏や、金与正氏を含む北朝鮮側は、朝鮮戦争以降の訪韓代表団として最も高位。両国の代表たちはキムチやソジュ(焼酎)を共にしながら、約3時間にわたり会談したという。

韓国大統領府によると、与正氏は文大統領に、「できるだけ早い時期」の訪朝を促した。

冬季五輪を機に北朝鮮が融和姿勢を重ねて示していることについて、米トランプ政権は強い警戒感を示している。

前日のレセプションや開会式で、マイク・ペンス米副大統領は北朝鮮代表団と言葉を交わすのを避けた。また、韓国と北朝鮮の選手たちが統一旗を掲

げて「コリア」として合同入場した際、ペンス氏は座ったままだった。

文大統領は昨年5月、北朝鮮への融和路線を掲げて当選した。ただし、実際に対話を再開し、首脳会談を実施するようなことになれば、主要同盟国・米国の不興を買うことは必至で、大統領は難しい立場に立たされている。http://ironna.jp/article/8907

金正恩、文大統領に「都合の良い時に訪北を」招請


一方では安倍晋三首相との9日の日韓首脳会談の際、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に政策を変更させるため、米国とも連携して「圧力を最大限まで高めていく」方針を確認したが、安倍首相が米韓合同軍事演習を延期すべきではないと主張したのに対し、文在寅大統領が「わが国の主権の問題だ」と不快感を示していた。
散々日本の主張の問題に干渉してきて都合のいい事だ。
また日韓合意に対しては
安倍首相「日韓合意は国と国との約束であり、政権が代わっても約束を守ることは国際的かつ普遍的に認められた原則だ。日本はすでに約束を全て実施している。韓国も日韓合意で最終的かつ不可逆的な解決を確認した以上、約束を全て実行してほしい。未来志向の日韓関係を築いていきたい。そのためにも、日韓合意や徴用工問題について適切に対応をお願いしたい。」
文大統領「日韓合意について再交渉を求めない。」
本当に信じていいものか疑わしいものだが、文大統領にこの発言をさせたことは大きい。欲を言えば慰安婦像撤去などの「日韓合意を実行する」までの言葉を引き出して欲しかった。
では、今までが韓国の日本と北朝鮮の会談の模様だが、肝心のアメリカとはどうであったのだろう。

文大統領ペンス氏と会談 対北朝鮮で温度差

平昌(ピョンチャン)冬季五輪開会式出席のため訪韓中のペンス米副大統領は8日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と青瓦台(大統領府)で会談した。青瓦台によると、両氏は最大限の制裁と圧迫を通じ、北朝鮮を非核化に導く原則を再確認。ただ、文氏は五輪を契機にした南北対話を米朝対話につなげたい姿勢も改めて示し、温度差が浮き彫りになった。

 会談冒頭、文氏は「我々はこの機会を最大限活用し、北朝鮮を非核化と朝鮮半島の平和定着のための対話に引っ張り出すよう努力しようと思う」と述べ、南北対話を北朝鮮の核・ミサイル問題解決につなげたい意向を強調した。また「何より重要なのは韓米間の隙(すき)のない協調だ」と主張した。

 これに対しペンス氏は「米国は、北朝鮮が核兵器だけではなく弾道ミサイル計画を放棄する日まで最大限の圧迫を続け、韓国と肩を並べ努力する」と述べた。https://mainichi.jp/articles/20180209/k00/00m/030/140000c

両氏は会談後の夕食も共にして米韓同盟の結束をアピールしたが、対話重視の韓国の姿勢に対し、圧力重視のアメリカで、両国の対北朝鮮の姿勢にはやはり温度差が感じられる。
また、文大統領は冬季五輪事前歓迎レセプションにてペンス副大統領と金永南常任委員長が顔を合わせることで今後の米朝対話に結び付けようと画策したが、ペンス副大統領の異例の欠席で逆に米朝対話構想が困難な事を思い知らされることとなった。
ペンス副大統領の欠席は外交上異例な事であるが、これにはアメリカの強い信念が感じられた。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。