Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

朴槿恵被告に懲役30年と罰金118億円と重すぎる求刑の裏には慰安婦合意の腹いせが?この国の司法レベルって…

朴槿恵被告に懲役30年と罰金118億円を求刑

友人女性と共謀し、企業から多額の賄賂を受け取ったとして、収賄や職権乱用罪などに問われた韓国前大統領の朴槿恵(パククネ)被告(66)の論告求刑公判が27日、ソウル中央地裁であった。検察は懲役30年と罰金1185億ウォン(約118億円)を求刑し、結審した。判決は4月6日に言い渡される。

朴被告は、出廷を拒否した。検察側は「国政に一度も関与したことのない友人に権限を与え、国家危機を招いた」と指摘し「国民から委託された大統領権限を私物化した。事件の頂点にいる最終責任者だった」と求刑理由を説明した。

朴被告は親友の崔順実(チェスンシル)被告(61)と共謀し、財閥サムスングループから多額の現金を受け取ったとして収賄容疑などで昨年3月に逮捕された。今回の裁判では計18件の罪に問われ、未遂なども含めた収賄総額は592億ウォン(約59億円)に上る。http://www.yomiuri.co.jp/world/20180227-OYT1T50069.html

チョット日本では考えられない、いや世界の先進国では考えられない求刑ですね。
朴槿恵前大統領は、これまで一貫して無罪を主張し、去年10月以降は裁判の内容を不服として出廷しておらず、27日の裁判も欠席しました。
韓国の裁判所は、共謀関係にあったとされるチェ被告に有罪判決を言い渡していて、朴前大統領も有罪となるのは確実でした。
朴前大統領の無罪の主張と出廷していない態度が印象を悪くしたのでしょうか。
現地の韓国でも同様に報道されています。

検察, ‘国政ろう断’ 朴槿恵に懲役 30年求刑…”憲政史に汚点”

国政ろう断の他の主犯と同時に民間人である催純実に懲役 25年を求刑しただけ朴前大統領にはもっと重い責任を問わなければならないというのが検察の判断だ.
検察は 27日ソウル中央地方法院刑事合意22部(ギムセユン部長判事) 心理で開かれた朴前大統領の結審公判で “国民から委任受けた大統領権限を私物化して国政をろう断して憲法価値を毀損した”とこのように求刑した.
去年 10月法院の拘束期間延長に反撥して裁判を ‘ボイコット’一朴前大統領は決心公判にも結局姿を現わさなかった.http://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?mid=hot&sid1=100&cid=1060622&iid=49729574&oid=001&aid=0009926523

国民に挫折感と剥奪感を与えた罪で30年求刑?韓国は法治国家ではないのでしょうか?
基準がまるでわからない判決にさすがの韓国国民も「当然だ」という意見のほかに「この国の司法レベルって…」「死刑宣告と一緒」などの意見もあった。

これはきっと日韓合意の責任が上乗せされたのかな?

と思ってしまいましたが、さすがにそれはないだろうと思いたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。